虚弱王女と口下手な薬師―告白が日課ですが、何か。(コバルト文庫) [文庫]
  • ¥63720ポイント(3%還元)
  • 在庫あり2017年3月29日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

虚弱王女と口下手な薬師―告白が日課ですが、何か。(コバルト文庫) [文庫]

価格:¥637(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2017年3月29日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日:2017/02/01
ご確認事項:返品不可
カテゴリランキング
虚弱王女と口下手な薬師―告白が日課ですが、何か。(コバルト文庫) の 商品概要
  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    生まれつき病弱なルルディ国の王女アティナ。療養の地であるフィニカの町の領主として、気さくな領民たちと明るく暮らしている。そして、亡き父が自分のためにアレサンドリ神国から呼んだ薬師ルイスへの恋心を自覚してからは、いつ死んでも悔いが残らぬよう、日々告白しては玉砕をくり返していた。そんな中、食糧危機を発端に国を揺るがす事件が起こり…?健気な七転八倒ラブロマンス!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    秋杜 フユ(アキト フユ)
    三重県出身。『幻領主の鳥篭』で2013年度ノベル大賞受賞
  • 内容紹介

    町の領主を務める病弱な王女アティナは、亡き父がアレキサンドリ神国から招いた薬師ルイスに恋をし、いつ死んでも後悔のないよう、日々告白しては玉砕中。そんな中、国が食糧危機に陥って……?

虚弱王女と口下手な薬師―告白が日課ですが、何か。(コバルト文庫) の商品スペック
商品仕様
出版社名:集英社
著者名:秋杜 フユ(著)
発行年月日:2017/02/10
ISBN-10:4086080273
ISBN-13:9784086080279
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:236ページ
縦:15cm
    • 虚弱王女と口下手な薬師―告白が日課ですが、何か。(コバルト文庫) [文庫] のコミュニティ
    購入者のみなさまのご意見やご感想をお待ちしています!
    商品の気になることを質問しましょう!
    購入者のみなさまのご意見やご感想をお待ちしています!