2017年04月21日

ソニー フルサイズミラーレス一眼αシリーズのフラッグシップモデル「α9」 好評販売中


 



ソニーより、新たな撮影表現の可能性を広げる フルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」が発表されました。

「α9」は、世界初※1メモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSイメージセンサーを搭載し、新次元の高速性能を持つレンズ交換式デジタル一眼カメラです。AF/AE※2追従20コマ/秒※3のブラックアウトフリー連続撮影※4をはじめとする高速性能の実現と、高い信頼性・操作性を求めるスポーツや報道のプロフェッショナルの使用を想定されています。


「α9」は、積層化による回路部の拡張とメモリーの内蔵により、センサー内の読み出し速度を従来機(α7 II)比20倍以上に高速化した新開発の有効約2420万画素フルサイズ積層型CMOSイメージセンサーExmor RSと、進化した画像処理エンジンBIONZ Xとの組み合わせにより、革新的な高速画像処理システムを実現。
今回実現したシステムは、新開発のセンサーと画像処理エンジンの組み合わせに加えて、ミラーレス構造のカメラに無音・無振動で最高1/32000秒※5の電子式アンチディストーションシャッターを搭載することで、ミラーとメカニカルシャッターを駆動した際に起こる光の遮断が一切ありません。これにより常にイメージセンサーに光が届き続けるため、従来の一眼レフカメラの性能を上回るこれまでにない高速性能を発揮します。


さらに、従来機(α7 II)比約2.2倍の容量を実現した新開発の大容量バッテリー、撮影者の意思を即座に反映する操作性、SDカードスロット(UHS-II対応)とSD/MSカードスロットの2つのメディアスロット、撮影現場から安定した通信環境でFTP転送が可能な有線LAN端子を採用することで、プロフェッショナルの撮影現場で求められる高い信頼性に応えます。


フルサイズ対応でありながら、今まで捉えきれなかった瞬間を高速連写で捉え、かつサイレント撮影※6により場所やシーンを選ばずに撮影でき、プロフェッショナルの撮影領域と表現の可能性を大幅に拡大する一眼カメラ「α9」は、2017年4月27日(木)10時より予約受付開始です。


◎新次元のハイスピードミラーレス
ソニー SONY
ILCE-9 [α9(アルファ9) ボディ 35mmフルサイズ]
ヨドバシ特価538,790円(税込) さらに10%ポイント還元

※1:2017年4月21日時点。
※2:AF:オートフォーカス、AE:自動露出制御。
※3:連続撮影モード「Hi」時。
※4:電子シャッター使用時に有効。
※5:MとSモード設定時のみ1/32000秒まで選択可能。それ以外の撮影モードでは最高1/16000秒。
※6:シャッター方式「電子シャッター」、電子音「切」設定時に有効です。

ソニー ミラーレス一眼「α9」のニュースリリースはこちらをご覧ください。



また、焦点距離400mmまでをカバーする初のEマウントレンズ Gマスター超望遠ズーム「SEL100400GM」も発表。


「SEL100400GM」は、35mmフルサイズ対応のαレンズ(E マウント)として初めて、焦点距離400mmまでをカバーするGマスター 超望遠ズームレンズです。ズーム全域での高い描写性能と高速・高精度なAF(オートフォーカス)性能に加えて高い機動力も併せ持ち、静止画・動画を問わず、幅広いシーンにおいてプロの高いレベルの要望にも応えるレンズ。アクティブなスポーツ、俊敏な動きの野生動物、疾走する列車、刻々と表情を変える自然風景など、超望遠で動きの速い被写体や一瞬の表情を切り取り、美しい描写でその瞬間を捉えます。

ソニー Gマスター超望遠ズーム「SEL100400GM」のニュースリリースはこちらをご覧ください。