パナソニック PANASONIC DMC-G7-K [LUMIX(ルミックス) デジタル一眼カメラ ボディ]
  • ¥50,0005,000ポイント(10%還元)
販売を終了しました
画像にマウスを合わせると上部に表示
販売を終了しました

パナソニック PANASONIC
DMC-G7-K [LUMIX(ルミックス) デジタル一眼カメラ ボディ]

定価: オープンプライス
販売終了時の価格: ¥50,000(税込)
メーカー:パナソニック
販売開始日:2015/06/25(販売終了商品)
カテゴリランキング
この商品にはおすすめの後継モデルがあります
パナソニック PANASONIC DMC-G7-K の 商品概要
  • 動きの速い被写体の撮影に適した、機動性に優れたデジタル一眼カメラ

    秒間30コマ連写で高精細な写真を撮影する「4K PHOTO」をさらに使いやすくしたデジタルカメラ「LUMIX DMC-G7」。「4K PHOTO」は連続した秒間30コマで連写する撮影方法で、子供の懸命な表情や一瞬の躍動感、動き回るペットの予測できない仕草、野球・サッカーなどのスポーツの一瞬の動きなど、これまで撮影が難しかったシャッターチャンスを高精細な写真で残すことができます。本製品はこの「4K フォト」モードを新たに3つのモードから撮影シーンに合わせて選べるようにしました。また、空間認識AFとレスポンスの速いOLEDファインダーの搭載により、被写体が速く動く場面や動きの激しいシーンでも、シャッターチャンスを逃さず、被写体にピントの合った写真が撮れます。画質面では、16M LiveMOSセンサーとヴィーナスエンジンにより自然で見たままの描写を実現しています。
  • 秒間30コマ連写で高精細な「4K フォト」に3つのモードを搭載、撮影シーンに合わせより使いやすく便利に

    連続した秒間30コマ連写で撮影し、撮影後にお好みのコマを選び出す撮影スタイル「4K PHOTO」で撮影できる「4K フォト」モードを搭載。スポーツシーンでの決定的瞬間、劇的な自然現象など、難度の高い一瞬のシャッターチャンスを高精細な写真で残せます。以下の3種類の「4K フォト」から用途に合わせて選べるようになったので、より便利に撮影できます。

    また、「4K フォト」モードの設定が素早くできるドライブモードダイヤルを天面に設けました。これにより、通常の連写と同様に、モードダイヤルのP/A/S/Mと組み合わせて「4K フォト」モードで撮影ができるようになりました。ダイヤルを見ながらの操作で確実に設定できるので、スピーディーに意図が反映できます。

    さらに、写真を選び出す再生画面もリニューアルし、スライドフォトセレクトで写真を1枚1枚確認しながらタッチ操作で快適に選ぶことができるようになりました。
  • 素早く被写体をとらえる空間認識AF、応答速度に優れた約236万ドットOLEDファインダー

    パナソニック独自の空間認識技術(DFD〈Depth From Defocus〉テクノロジー)と精度の高いコントラストAFによる「空間認識AF」を搭載。AF合焦速度は0.07秒(※)の高速で、一瞬のシャッターチャンスを逃すことなく、快適な写真撮影を楽しめます。
    ※CIPA基準。AFS、H-FS14140使用時

    ファインダーには高精細に進化した約236万ドット有機EL(OLED)を採用。応答速度が速いので動きの速い被写体もしっかりとらえ、コントラストが高いのでハイライトからシャドーまではっきりと確認できます。ファインダー倍率は約0.7倍(35mm判換算)、視野率は約100%なので、すみずみまで確認しながら、ピント位置をしっかりチェックできます。

    天面のダイヤル部分も進化しました。前後2ダイヤルを搭載することにより、ダイレクトな操作が可能となり、さらに後ダイヤルの中心にあるボタンを押すと、一時的に前後ダイヤルの割り当てを変更することもできます。例えば、前後ダイヤルをホワイトバランスとISO感度にそれぞれ割り当てれば、ファインダーから目を離さずに割り当てた設定を変えることもできます。

    これらの進化により、快適なファインダー撮影を実現しました。
  • 自然な見たままの描写を実現する16M Live MOSセンサー&ヴィーナスエンジン

    解像度と感度性能を両立して向上させた16M Live MOSセンサーを採用しました。最先端の半導体微細化プロセスを導入することで、フォトダイオードの受光面積を拡大。これにより、広いダイナミックレンジを実現させるだけでなく、高ISO感度時でも低ノイズの高精細な画像を実現しました。

    ヴィーナスエンジンは、解像感・質感を維持しながらノイズを抑える「マルチプロセスNR」、モアレを抑圧しながら自然な立体感を忠実に写し出す「広帯域輪郭強調(アパーチャー)フィルター」を採用しています。また3次元色コントロールにより、微妙な肌の色合いを忠実に再現。さらに、絞り値を大きくしたときに回折現象により発生する画像の小絞りボケ(点像のにじみ)を、新たに搭載した回折補正機能により、絞り値に応じた処理で復元します。
  • 上記以外の主な特長

    高精細4K30p動画、なめらかなFHD60p動画を撮影可能
    連写継続枚数がアップするSDXC/SDHC UHS-II(Ultra High Speed II)対応
    被写体の動きを予測する機能を加え、追従性能が従来機G6比で約200%に向上した「追尾AF」
    月明かり、ろうそく下でも合焦できる「ローライトAF」
    微小な光源を検出し、夜空の星までピントを合わせる「星空AF」
    パスワード入力を省略し、さらに接続・設定が簡単になった「Wi-Fi」対応
    より広い範囲を撮影できる「パノラマ(ワイド)」
    P/A/S/Mやパノラマなど、どの撮影モードからもフィルター効果をかけられる「フィルター設定(22種類)」
    AFS 8コマ/秒、AFC 6コマ/秒のフル画素連写(16M時)
    動画撮影をアシストする充実の機能(シネライクガンマ、ゼブラパターン、センターマーカー)
    従来機G6比輝度レベル50%以上アップにより、屋外での視認性が向上した高精細104万ドットモニター
見て納得。写真で解説。
【高速化と高い追従性を実現】

画面に写るすべての被写体との距離を瞬時に算出する空間認識技術(DFDテクノロジー)を採用しました。
従来から高精度に定評のあったコントラストAFがさらなる高速性を獲得し、AFの高速化と追従性能の向上を実現。
G7では、パナソニック社製以外のマイクロフォーサーズレンズ使用時にも、
DFDテクノロジーの一部を活用することにより、AF性能向上を可能にしました。
パナソニック PANASONIC DMC-G7-K の商品スペック
連写機能
連続撮影速度
40コマ/秒 ※超高速(電子シャッター時)
最低撮影感度
100 
最高撮影感度
25600 
内蔵ストロボ
HDMI端子
HDMIマイクロ端子(タイプD)
言語表示
日本語のみ
電源
バッテリーパック(付属、7.2V)
キットタイプ
ボディのみ
124.9mm
高さ
86.2mm
奥行き
77.4mm
タッチパネル
対応
マウント
マイクロフォーサーズ
ファインダー視野率
100%
ファインダー倍率
1.4倍
Wi-Fi
対応
動画撮影機能
4K画質
可動式液晶
バリアングル
撮像素子サイズ
4/3 ※Live MOS センサー
有効画素数
1600万画素
液晶サイズ
3型
ファインダー
対応メディア(メモリーカード)
SDカード
SDHCカード
SDXCカード
手ブレ補正機能
確認中
顔認識
重量
360g ※本体のみ
ライブビュー機能
シャッタースピード
1/4000~60秒
マニュアルフォーカス
防塵機能
対応
その他
付属ソフト:
PHOTOfunSTUDIO 9.7 PE
SILKYPIX Developer Studio 4.3 SE(RAW現像ソフト)
付属品:
バッテリーパック(7.2V)、バッテリーチャージャー、ホットシューカバー、ボディキャップ、USB接続ケーブル、CD-ROM、ショルダーストラップ
  • パナソニック PANASONIC DMC-G7-K [LUMIX(ルミックス) デジタル一眼カメラ ボディ] のコミュニティ
購入者のみなさまのご意見やご感想をお待ちしています!
商品の気になることを質問しましょう!
購入者のみなさまのご意見やご感想をお待ちしています!