センス・オブ・プログラミング!―抽象的に考えること・データ構造を理解すること [単行本]
    • センス・オブ・プログラミング!―抽象的に考えること・データ構造を理解すること [単行本]

    • ¥2,13865ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2017年9月26日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009000279817

センス・オブ・プログラミング!―抽象的に考えること・データ構造を理解すること [単行本]

価格:¥2,138(税込)
ポイント:65ポイント(3%還元)(¥65相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2017年9月26日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日:2007/10/16
ご確認事項:返品不可、プレゼント包装不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 245281位

センス・オブ・プログラミング!―抽象的に考えること・データ構造を理解すること の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    それなりの規模のプログラムをきちんと動かすためには、文法の詳細などではない、別の技術、言うなれば「センス」が必要だといえる。そのセンスのひとつが「抽象的なレベルで考える」こと。プログラムを具体的にどう書くのかという「How」から、何をやりたいのかという「What」への発想の転換ができること、という言い方もできるでしょう。そしてもうひとつが「データ構造の重要性を認識する」こと。データ構造はプログラム全体に影響をあたえる重要なものだからである。本書では、これらの「センス」を身につけるための考え方を具体的な事例を通して解説している。また、プログラムが具体的にどのようにして動くのかといった「低レベル」の話や、ちょっとしたプログラミングの「コツ」の話も興味深い。現場できたえたプロならではの視点と絶妙な語り口が魅力の著者による初心者脱却のための実践的読み物。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第0章 はじめに―本書のねらいと構成
    第1章 プログラムの基礎
    第2章 プログラムが動作する仕組み
    第3章 きれいなプログラムを書くために
    第4章 データ構造―基礎編
    第5章 モジュール分割
    第6章 データ構造―応用編
    第7章 X‐Word―ワープロのプログラムを作る
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    前橋 和弥(マエバシ カズヤ)
    1969年、愛知県生まれ。名古屋市内の某ソフト会社で俸禄を食んでいるプログラマー

センス・オブ・プログラミング!―抽象的に考えること・データ構造を理解すること の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:前橋 和弥(著)
発行年月日:2004/12/01
ISBN-10:4774121738
ISBN-13:9784774121734
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
ページ数:300ページ
縦:21cm

技術評論社 センス・オブ・プログラミング!―抽象的に考えること・データ構造を理解すること [単行本] に関するレビューとQ&A

商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!