病気はどこで生まれるのか―進化医学でさぐる病気のしくみ(知りたい!サイエンス) [単行本]
    • 病気はどこで生まれるのか―進化医学でさぐる病気のしくみ(知りたい!サイエンス) [単行本]

    • ¥1,70652ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001104128

病気はどこで生まれるのか―進化医学でさぐる病気のしくみ(知りたい!サイエンス) [単行本]

価格:¥1,706(税込)
ポイント:52ポイント(3%還元)(¥52相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日:2012/09/24
ご確認事項:返品不可

病気はどこで生まれるのか―進化医学でさぐる病気のしくみ(知りたい!サイエンス) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1万年前の人類と比べて、現在の人類の遺伝子構造は、それほど変化していない。しかしながら1万年前と現代とでは、生活構造は大きく変化している。ヒトの遺伝子は、現在の生活に合わせて設計されてはいないのである。そこに生じる歪みに、多くの病気が生まれる原因があり、その歪みこそが、研究テーマ。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 進化医学という考え方(進化医学とはどんなもの?
    生命とはなにか ほか)
    第2章 ゲノム解析でここまでわかる「病のきた道」(高血圧はどこで生まれたのか
    アフリカから始まる塩と人類の関係 ほか)
    第3章 遺伝子は病気のためにあるのではない(進化からさぐる男と女のちがい
    遺伝子は人の体質・行動に影響を与える ほか)
    第4章 進化医学からのぞきみる未来像(未来はずっと先なのだろうか
    メガネをかけた現代人 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    井ノ上 逸朗(イノウエ イツロウ)
    国立遺伝学研究所人類遺伝研究部門教授。1988年鹿児島大学院医学研究科博士課程卒業。大学院での専門は生化学。1989年から1998年まで米国ユタ大学に留学。そこで人類遺伝学を学び、高血圧研究を進める。1998年から2000年に群馬大学生体調節研究所で糖尿病研究に従事。2000年から東京大学医科学研究所の助教授として、common diseaseの遺伝学に従事。2006年から東海大学医学部教授、そして2010年から現職

病気はどこで生まれるのか―進化医学でさぐる病気のしくみ(知りたい!サイエンス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:井ノ上 逸朗(著)
発行年月日:2012/10/25
ISBN-10:4774153184
ISBN-13:9784774153186
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:生物学
ページ数:223ページ
縦:19cm

    技術評論社 病気はどこで生まれるのか―進化医学でさぐる病気のしくみ(知りたい!サイエンス) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!