Gradle徹底入門―次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築 [単行本]
    • Gradle徹底入門―次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築 [単行本]

    • ¥4,104124ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2017年11月22日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002207403

Gradle徹底入門―次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築 [単行本]

価格:¥4,104(税込)
ポイント:124ポイント(3%還元)(¥124相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2017年11月22日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日:2014/11/06
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 167816位

Gradle徹底入門―次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書はOSSのビルドツール「Gradle(グレイドル)」についての解説書です。GradleのインストールからJavaアプリケーションのビルドやテスト、依存関係の管理、ビルド成果物の公開などのGradleの主要な機能の解説に加え、詳細なスクリプトファイルの記述方法からCIツールやIDEとの連携といった実業務で必要となる範囲までをカバーしています。
  • 目次

    第1部[入門編]
    第1章 Gradle の世界
    第2章 インストールと設定
    第3章 スタートアップGradle

    第2部[基礎編]
    第4章 Java プロジェクトのビルド
    第5章 Gradle の基礎
    第6章 スクリプトファイルの記述
    第7章 依存関係の管理

    第3部[実践編]
    第8章 Gradle でのテスト
    第9章 Android プロジェクトでの適用
    第10章 統合開発環境(IDE)との連携

    第4部発展編
    第11章 Jenkins との連携
    第12章 アーカイブの作成とファイルの公開
    第13章 エキスパートへの道
    第14章 ほかのビルドツールからの移行

    付録 Gradleリファレンス
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    綿引 琢磨(ワタビキ タクマ)
    独立系システム開発会社2社、フリーランスを経て、2007年に株式会社デライトテクノロジーズを設立。Java/Groovy開連技術のコンサルタントやアーキテクトとして開発案件に参画する傍ら、日本Grails/Groovyユーザーグループ運営委員や、東北デベロッパーズコミュニティとの技術者交流イベント「レッツゴーデベロッパー」の企画などのコミュニティ活動を行っている

    須江 信洋(スエ ノブヒロ)
    外資系ソフトウェアベンダーなど数社で勤務後、2014年よりフリーランスとして活動。長らくエンタープライズJavaやモバイルソリューションに携わってきた。最近はIoT(Internet of Things)関連の基盤構築を手がけており、Apache Sparkによりリアルタイムビッグデータ処理などを担当している

    林 政利(ハヤシ マサトシ)
    ソフトウェアエンジニア。フリーランスとして数年活動したあと、2014年より株式会社ドワンゴに勤務。オープンソース活動に興味があり、特にGradle、Grailsについては数年前からプラグインの開発や普及活動に取り組んでいる

    今井 勝信(イマイ マサノブ)
    日本ユニシス株式会社に勤務。客先担当のシステムエンジニアとして勤める。IDEAをきっかけにJenkinsやGroovyなどに興味を持つ
  • 出版社からのコメント

    Javaの世界に新風!従来の開発を大幅に柔軟化する気鋭の新ビルドツール。Googleも採用したGradleの解説書登場。
  • 内容紹介

    日本語初のGradle解説書、ついに刊行!
    Groovyベースのビルドツール「Gradle」は、SpringやHibernateなどの著名なOSSで利用されているほか、Androidの公式ビルドツールとして採用されており、これからの開発者やビルド職人には無視することのできないツールのひとつと言えるでしょう。
    本書は、GradleのインストールからJavaアプリケーションのビルドやテスト、依存関係の管理、ビルド成果物の公開などのGradleの主要な機能の解説に加え、詳細なスクリプトファイルの記述方法からCIツールやIDEとの連携といった実業務で必要となる範囲までをカバーした日本語初のGradleの解説書となります。
    有識者によるGradle 2.0ベース(1.x系ベースの章や2.1のトピックなどもあります)で書き下ろされた500ページを超える本書は「徹底入門」の名に恥じない内容で、これだけ充実したGradle解説書は、日本語ではもちろん英語でも類を見ません。
    これからGradleを始める人、Gradleをもっと使いこなしたい人、GradleとJenkinsでCIをやりたい人、AntやMavenからの移行を考えている人…などなど、多くの開発者やビルド職人にお勧めできる一冊です。

Gradle徹底入門―次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築 の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:綿引 琢磨(著)/須江 信洋(著)/林 政利(著)/今井 勝信(著)
発行年月日:2014/11/04
ISBN-10:4798136433
ISBN-13:9784798136431
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:575ページ
縦:23cm
横:19cm

    翔泳社 Gradle徹底入門―次世代ビルドツールによる自動化基盤の構築 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!