建築ものづくり論(東京大学ものづくり経営研究シリーズ) [単行本]
    • 建築ものづくり論(東京大学ものづくり経営研究シリーズ) [単行本]

    • ¥4,428133ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002392456

建築ものづくり論(東京大学ものづくり経営研究シリーズ) [単行本]

価格:¥4,428(税込)
ポイント:133ポイント(3%還元)(¥133相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日:2015/07/09
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 386892位

建築ものづくり論(東京大学ものづくり経営研究シリーズ) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    特殊と見られがちな建設業を、製造業と同じ「ものづくり論」「ものづくり産業」として分析。経営学、建築学の研究者が、新しい知見を求め、幾重にも議論を重ねて実現した。日本の建設業の強みと弱みを示し、一品一様の特注生産を行う産業にも示唆に富む。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    建築の「ものづくり分析」を行う意味
    第1部 ものづくり経営学から見た建築(建築物と「広義のものづくり」分析
    日本型建築生産システムの成立とその強み・弱み―ゼネコンを中心とした擦り合わせ型アーキテクチャの形成と課題
    建築における価値創造―建築設計、建築施工において求められる「機能」の実現
    プロダクトからサービスへ)
    第2部 建築ものづくりの特徴(建築の特徴のとらえ方―これまでのつくり手の視点から使い手の視点へ
    「アーキテクチャ」から見た日本の建築ものづくり
    建築におけるアーキテクチャの位置取り戦略)
    第3部 建築ものづくりにおける課題と展望(建築の顧客―建築は誰が評価するのか
    建築物の価格設定―建築物の価格はなぜ決まりにくいのか
    建築産業の契約に関する分析―ゲーム理論と情報の経済学の応用
    建築の組織論―どのような組織、どのようなマネジャーが必要か)
    建築産業のものづくりのあり方
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    藤本 隆宏(フジモト タカヒロ)
    1955年生まれ。現在、東京大学大学院経済学研究科教授

    野城 智也(ヤシロ トモナリ)
    1957年生まれ。現在、東京大学生産技術研究所教授

    安藤 正雄(アンドウ マサオ)
    1948年生まれ。現在、千葉大学名誉教授

    吉田 敏(ヨシダ サトシ)
    1963年生まれ。現在、産業技術大学院大学産業技術研究科教授

建築ものづくり論(東京大学ものづくり経営研究シリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:藤本 隆宏(編)/野城 智也(編)/安藤 正雄(編)/吉田 敏(編)
発行年月日:2015/07/10
ISBN-10:4641164142
ISBN-13:9784641164147
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
ページ数:495ページ
縦:22cm

    有斐閣 建築ものづくり論(東京大学ものづくり経営研究シリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!