地域ブランディングの論理―食文化資源を活用した地域多様性の創出 [単行本]
    • 地域ブランディングの論理―食文化資源を活用した地域多様性の創出 [単行本]

    • ¥4,536137ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2017年8月23日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002716101

地域ブランディングの論理―食文化資源を活用した地域多様性の創出 [単行本]

価格:¥4,536(税込)
ポイント:137ポイント(3%還元)(¥137相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2017年8月23日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日:2016/12/22
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 109296位

地域ブランディングの論理―食文化資源を活用した地域多様性の創出 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「地域」のブランディングのために何が必要か。地域活性化策として注目を集める地域ブランディングについて、ビジネス・ブランディングとの相互関係を明らかにしつつ、その固有な手法・考え方を解き明かす。実務者にとっても示唆に富む、食文化資源を活用した多数の事例も紹介。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 理論編(ブランドの意味と役割―ブランドの基礎知識1
    ブランドのマネジメント―ブランドの基礎知識2
    地域ブランドの分析視角―地域ブランディングの統合モデル)
    第2部 事例編(地域ブランドの付与条件―事例:あきたこまち
    地域ブランドの製品選択―事例:仙台牛たん焼き
    地域ブランドの市場選択―事例:関あじ・関さば
    地域ブランドのダイナミズム―事例:大阪産(もん)
    地域ブランド資源としての地域産品―事例:富士宮やきそば学会
    地域ブランドのマネジメント―事例:食の都・大阪推進会議
    地域ブランドの競争と共創―事例:B-1グランプリ
    地域ブランディングの論理―その固有性とビジネス・ブランディングへの示唆)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小林 哲(コバヤシ テツ)
    1984年、明治学院大学経済学部卒業。1989年、慶應義塾大学商学研究科博士課程単位取得退学。現在、大阪市立大学大学院経営学研究科准教授。専門は、地域ブランド論、アグリブランド論、流通システム論

地域ブランディングの論理―食文化資源を活用した地域多様性の創出 の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:小林 哲(著)
発行年月日:2016/12/25
ISBN-10:4641164800
ISBN-13:9784641164802
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
ページ数:378ページ
縦:22cm

    有斐閣 地域ブランディングの論理―食文化資源を活用した地域多様性の創出 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!