2020年、人工知能は車を運転するのか 自動運転の現在・過去・未来 [単行本]
    • 2020年、人工知能は車を運転するのか 自動運転の現在・過去・未来 [単行本]

    • ¥1,59848ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002739959

2020年、人工知能は車を運転するのか 自動運転の現在・過去・未来 [単行本]

価格:¥1,598(税込)
ポイント:48ポイント(3%還元)(¥48相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:インプレス
販売開始日:2017/02/24
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 67363位

2020年、人工知能は車を運転するのか 自動運転の現在・過去・未来 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年をひとつの節目に、人と車との関わりかたが大きく変わろうとしている。本書では、手動運転→協調運転→自動運転への進化と、この進化を加速させる人工知能との連携について、政府の戦略、自動車メーカーやヘルスケアメーカーの取り組み、海外事例など、あらゆる角度から最新動向に迫る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 自動運転を取り巻く世界と日本の動き(自動運転に必要となる「人/車/道路」の三位一体)
    第2章 車の自動化の歴史と自動運転の基礎となるACC
    第3章 自動運転の技術はどこまできているのか(『FUN TO DRIVE』と自動運転を融合させるトヨタ
    日産による運転支援技術の集大成「プロパイロット」
    「人間の研究」が支えるホンダの自動運転技術
    人馬一体を実現するマツダの「GVC」
    進化を続けるスバル「アイサイト」
    メルセデス・ベンツの考える人と車が融合した未来)
    第4章 人工知能が自動運転の発展を加速させる(オムロンの人を理解する「ドライバー運転集中度センシング技術」
    スイス・シオンの自律自動運転シャトルバス)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西村 直人(ニシムラ ナオト)
    1972年1月11日東京生まれ。交通コメンテーター。クルマとバイク、ふたつの社会の架け橋となることを目指す。大学を卒業後、自動車雑誌の編集部に勤務し、その後、独立。得意分野は先進安全技術とパーソナルモビリティだが、広い視野をもつためにWRカーやF1、さらには2輪界のF1と言われるMotoGPマシンの試乗も積極的にこなしつつ、4&2輪の草レースにも精力的に参戦中。また、大型トラックやバス、トレーラーの公道試乗も積極的に行うほか、ハイブリッド路線バスやハイブリッド電車など、物流や環境に関する取材を多数担当。2002年5月より有限会社ナック(創業1980年5月)代表取締役

2020年、人工知能は車を運転するのか 自動運転の現在・過去・未来 の商品スペック

商品仕様
出版社名:インプレス
著者名:西村 直人(著)
発行年月日:2017/03/01
ISBN-10:4295000779
ISBN-13:9784295000778
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:工学・工業総記
ページ数:285ページ
縦:19cm

    インプレス 2020年、人工知能は車を運転するのか 自動運転の現在・過去・未来 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!