ITロードマップ〈2017年版〉情報通信技術は5年後こう変わる! [単行本]
    • ITロードマップ〈2017年版〉情報通信技術は5年後こう変わる! [単行本]

    • ¥2,70081ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2017年11月21日火曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002748083

ITロードマップ〈2017年版〉情報通信技術は5年後こう変わる! [単行本]

価格:¥2,700(税込)
ポイント:81ポイント(3%還元)(¥81相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2017年11月21日火曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東洋経済新報社
販売開始日:2017/03/11
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 108324位

ITロードマップ〈2017年版〉情報通信技術は5年後こう変わる! の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人工知能(AI)、チャットボット、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)、マルウェア対策、DevSecOps…ビジネス・社会・経済のしくみを変えるITの近未来!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 ITロードマップとは(『ITロードマップ』とは
    『ITロードマップ2016年版』の要約
    2030年のIT)
    第2章 5年後の重要技術(人工知能(AI)―ディープラーニングによる人工知能の進化
    チャットボット―顧客との新たな接点として注目されるチャットボット
    VR(仮想現実)・AR(拡張現実)
    ペイメント2.0
    APIエコノミー2.0)
    第3章 複合的なITの活用による新サービスの可能性(FinTech―国内FinTechはキャズムを超えられるか
    デジタルマネーマネジメント―従来の金融サービスを変革する新たなキーワード
    デジタル・ロジスティクス
    プログラマティック・マーケティング)
    第4章 重要になるセキュリティ技術(マルウェア対策の現状と課題
    DevSecOps―セキュリティを確保しつつビジネス対応スピードを高めるシステム開発スタイル)
  • 出版社からのコメント

    IT(情報技術)の最新動向がこれ1冊でわかる。「これから何をやるべきか」を考えるビジネスパーソン必読の年度版ロングセラー本
  • 内容紹介

    人工知能(AI)、チャットボット、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)、マルウェア対策、DevSecOps・・・・・

    ビジネス・社会・経済のしくみを変える IT(情報技術)の近未来がこれ1冊でわかる!

    2016年は、人工知能(AI)やロボット、IoT(Internet of Things)、FinTechといった技術が注目を集めた。
    また、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)への関心も高まった。

    一方、こうしたデジタル化の進展の陰では、サイバー攻撃の脅威も年々、高まっている。

    本書は、ITビジネスを活用する企業の経営者や企画部門の方、実際にITの開発や運用に携わる方々に対して、
    2017年以降のIT利活用のナビゲーションとなるべく、以下のような構成としている。

    ■第1章 「ITロードマップとは」
    ITロードマップの概要を紹介するとともに、前年版の簡単なサマリーを記している。
    また、「2030年のIT」として、2030年に向けての技術動向および企業に対する影響についても解説している。

    ■第2章 「5年後の重要技術」
    5年先までの間にビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられるITとして「人工知能(AI)」「チャットボット」「VR(仮想現実・AR(拡張現実)」「APIエコノミー」等の技術トレンドについて紹介している。
    また、技術トピックスとして「機械学習プラットフォーム」「IoT」をコラムで取り上げている。

    ■第3章 「複合的なITの活用による新サービスの可能性」
    技術の観点からの切り口ではなく、特定業界と関係が深いテーマを扱っている。
    具体的には、金融業界と関係の深い「FinTech」「デジタルマネーマネジメント」、ロジスティクス業界と関係の深い「デジタル・ロジスティクス」、広告・マーケティング業界と関係の深い「プログラマティック・マーケティング」の各動向について、解説している。
    また、FinTechと関連の深い「InsuranceTech」についてもコラムで取り上げている。

    ■第4章 「重要になるセキュリティ技術」
    重要性が高まっているセキュリティ技術の中から、「マルウェア対策」に加え、「DevSecOps」を取り上げた。
    DevSecOpsは、開発と運用の密な連携によって、開発期間を短縮し、リリース頻度を高める開発スタイル「DevOps」のスピードを生かしつつも、セキュリティを確保する新たなシステム開発・運用スタイルである。
  • 著者について

    野村総合研究所 デジタルビジネス開発部 (ノムラソウゴウケンキュウショ デジタルビジネスカイハツブ)
    野村総合研究所 デジタルビジネス開発部(ノムラソウゴウケンキュウショ デジタルビジネスカイハツブ)
    進展著しい情報技術の動向を把握、分析、予測するITアナリスト集団。
    情報技術の変化を敏感に捉え、顧客企業やNRIグループが適切なIT投資や研究開発を行うための戦略立案機能のほか、顧客によるデジタルビジネスの推進を加速するオープンイノベーション機能を持つ。

ITロードマップ〈2017年版〉情報通信技術は5年後こう変わる! の商品スペック

商品仕様
出版社名:東洋経済新報社
著者名:野村総合研究所デジタルビジネス開発部(著)
発行年月日:2017/03/23
ISBN-10:4492581103
ISBN-13:9784492581100
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:283ページ
縦:21cm

    東洋経済新報社 ITロードマップ〈2017年版〉情報通信技術は5年後こう変わる! [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!