最小二乗法・交互最小二乗法(統計学One Point〈3〉) [全集叢書]
    • 最小二乗法・交互最小二乗法(統計学One Point〈3〉) [全集叢書]

    • ¥2,37672ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2017年9月27日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002838783

最小二乗法・交互最小二乗法(統計学One Point〈3〉) [全集叢書]

価格:¥2,376(税込)
ポイント:72ポイント(3%還元)(¥72相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2017年9月27日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:共立出版
販売開始日:2017/09/12
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 25642位

最小二乗法・交互最小二乗法(統計学One Point〈3〉) の 商品概要

  • 目次

    第1章 最小二乗法
    1.1 原理
      1.1.1 二乗基準で最小化するとは
      1.1.2 もっともらしい値を求める
    1.2 統計手法への利用
      1.2.1 平均値
      1.2.2 回帰直線
      1.2.3 直交回帰直線
    1.3 最小二乗問題の計算と性質
      1.3.1 最小二乗問題における最小解
      1.3.2 最小二乗推定量の性質
      1.3.3 一般化最小二乗法
    1.4 最小二乗法の計算におけるその他の話題
      1.4.1 制約条件がある場合:ラグランジュの未定乗数法の利用
      1.4.2 最小二乗法と最尤法

    第2章 交互最小二乗法
    2.1 原理
      2.1.1 最小二乗基準の最小化の交互反復
      2.1.2 一般的定式化
    2.2 交互最小二乗法の代表例
      2.2.1 多変量カテゴリカルデータの分析
      2.2.2 非計量主成分分析の骨子
      2.2.3 最適尺度法
      2.2.4 非計量主成分分析の適用例
    2.3 交互最小二乗法にできることとその評価法
      2.3.1 最小二乗基準の凸性と大域・局所解
      2.3.2 多重スタート法とシミュレーション
    2.4 統計解析法への応用
      2.4.1 k 平均クラスタリング
      2.4.2 同時プロクラステス分析
      2.4.3 行列因子分析とスパース制約

    第3章 関連する研究と計算環境
    3.1 交互最小二乗法における計算の加速化
      3.1.1 非計量主成分分析の非計量ALS法
      3.1.2 非計量ALS法の加速の考え方
      3.1.3 vector εアルゴリズム
      3.1.4 vector εアルゴリズムによる非計量ALS法の加速
      3.1.5 加速性能の評価
    3.2 非計量主成分分析の計算:Rパッケージhomals
      3.2.1 Rパッケージhomalsの主要な関数
      3.2.2 homalsによる実行結果

    参考文献

    索  引
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    森 裕一(モリ ユウイチ)
    1995年岡山大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了。現在、岡山理科大学経営学部教授。博士(学術)。専門、計算機統計学

    黒田 正博(クロダ マサヒロ)
    2000年東京理科大学大学院工学研究科博士後期課程修了。現在、岡山理科大学経営学部教授。博士(工学)。専門、計算機統計学

    足立 浩平(アダチ コウヘイ)
    1982年京都大学文学部卒業。現在、大阪大学大学院人間科学研究科教授。博士(文学)。専門、多変量データ解析法
  • 内容紹介

     本書は,最小二乗法と交互最小二乗法およびその計算に関連する話題を取り上げたものである。
     最小二乗法は,現代統計学において,推定値を求めるときに最もよく利用されるが,意外と原理や考え方の基本に立ち戻って説明されることは少ない。また,質的データの最適変換や複数の制約条件から推定値を求める同時推定などに利用される交互最小二乗法も,最小二乗基準の立場から個別手法の解説を行っているものは多くない。そこで,最小二乗基準を核として,最小二乗法と交互最小二乗法のそれぞれについて,理論,性質,計算へと説明を進め,両手法の深い理解を図ろうとするのが本書である。特に,それぞれの導入部分では,わかりやすい例を用いて原理の説明を行う工夫をし,交互最小二乗法では,それが利用される推定法として,非計量主成分分析のみならず,最近の手法(k平均クラスタリング,同時プロクラステス分析,スパース行列因子分析)についても触れている。さらに,効率的な計算として取り上げた交互最小二乗法の計算の加速化は,他では多く取り上げられていない話題である。
     ツールとして使っているが,意外と正確なところを知らない最小二乗法と交互最小二乗法の原理を理解し,積極的に問題解決に応用してもらうことを意図した解説書が本書である。

最小二乗法・交互最小二乗法(統計学One Point〈3〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:共立出版
著者名:森 裕一(著)/黒田 正博(著)/足立 浩平(著)
発行年月日:2017/09/15
ISBN-10:4320112547
ISBN-13:9784320112544
判型:A5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:数学
言語:日本語
ページ数:109ページ
縦:21cm

    共立出版 最小二乗法・交互最小二乗法(統計学One Point〈3〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!