テーブルフォト・物撮り特集

身の回りの小物や貴金属、料理などをキレイに撮影するためのアイテムが勢揃い。ワンランク上の美しさで、ブログやオークションなどの写真に差がつきます。

■ミニスタジオ撮影の基本セット

1.カメラ・レンズ テーブルフォト・物撮りではマクロレンズが力を発揮します。また、予め機材を揃えておけば、最短撮影距離の短い広角レンズやコンパクトカメラ、スマートフォンでもハイレベルな写真が撮影できます。

●マクロレンズの特徴
・被写界深度(ピントの合う奥行)が浅く、前後のボケを活かしたアーティスティックな写真が撮影できる。
・絞り込んでもあまり深い被写体深度は得られないため、全体を鮮明に写すには少し被写体から離す必要がある。

●広角レンズ・コンパクトカメラなどの特徴
・被写体のすぐ近くまで寄せて撮影でき、被写界深度が深いため全体をくっきり写すことが可能。
・画面の端側やカメラの角度によって歪みが出やすく、被写体の配置には注意が必要。

2.スタジオ・撮影台

照明を拡散させることで被写体全体を明るくし、影を緩和させます。照明の数や配置、背景の色を変えることで写真のイメージを大きく変えることができます。

3.照明

部屋の照明では被写体に十分な光が届かないため、被写体の至近距離から照らす必要があります。光源の色温度が違うとホワイトバランスの調整が難しくなるため、2灯以上を使用する場合は同じものを複数用意するといいでしょう。

4.三脚・スタンド

遠景と比べて近接撮影ではわずかなブレでも非常に目立ちます。手ブレを防ぎ、細部まで鮮明に撮影するためには、三脚が不可欠です。また撮影時にはリモコンやセルフタイマーを使用して、シャッターボタンを押す瞬間のブレも防ぐようにしましょう。


ミニスタジオ・撮影台

ミニスタジオ ■ミニスタジオ

ボックスあるいはドーム型の撮影ブース。照明の光が柔らかく拡散され、自然な明るさで撮影できます。趣味の記録から商品の撮影まで幅広い用途に使えます。
ミニスタジオ ■撮影台

サイドや天面のスクリーンがないので、比較的大きな被写体やスタジオ照明を用いた撮影が可能。大型の撮影台は下から光を当てて影を消すこともでき、パソコンでの画像加工などが行いやすくなっています。

 被写体をさらに引き立たせるには、背景の色も重要ポイントです
――グレー:明るさやホワイトバランスが調整しやすく、さまざまな被写体に合うシンプルな色です。
――黒:撮影物だけを引き立たせる効果があります。革製品や男物の装飾品、プラモデルなどに最適です。
――青:クールなイメージで撮影でき、清潔感や透明感を出したい撮影物に有効です。
――黄色:明るく清潔感のある色なので、食品や化粧品、花などにおすすめです。
――ピンク:可愛らしさを演出したい場合に。女性向けのアイテムやスイーツなどの撮影に向いています。

照明・ライティング

■イメージ通りに撮影するには光源の位置が重要です

上から照らす

被写体全体に均一に光が行きわたり、ディティールをくっきりと写し出します。メニュー表の作成、商品やオークションに出品する品物の撮影に最適です。
横から照らす

被写体に落ちる影をコントロールし、立体感を引き立たせます。スケールモデル・フィギュアにおすすめ。左右に光源を用意すると、より光量を調整しやすくなります。
前+後ろ・下から照らす

ガラスやアクセサリなど、光が透き通ることでより魅力が増す被写体に。カーテン越しの窓の光を利用するのも有効です。前や上からも光を当てるのを忘れずに。


■照明の数による撮影イメージの違い

●1灯
一方からしか光が当たらないため、光の届かない部分や背景には濃い影が落ちてしまいます。
意図して極端な陰影を付けたい場合以外はおすすめしません。


●2灯
2方向からの光で影の出方をコントロールできるので、立体感を持たせたまま全体を明るくすることができます。


●3灯
被写体の隅々まで光を行きわたらせることができます。
良くも悪くもフラットな写りになりがちなので、光量を調整してメリハリを持たせると良いでしょう。

三脚

ぐっと近づけて、あるいは真上からといった構図が思いのまま。マルチアングル三脚