SIMカードの選び方




今話題の「お得スマホ」や「SIMカード」
興味はあるけど、なぜ安くなるの?どれを買えばいいの?そんな疑問・質問にお応えします。

最近よく聞くお得な「SIMカード」ってなに?

お得なSIMカードは、自社で回線を持たない、MVNO<仮想移動体通信事業者>と呼ばれる事業者が、docomoやauから回線を借りて、低価格帯で提供しているSIMカードのことです。スマホに挿しこむことで、大手携帯電話会社よりもお得にスマートフォンを使うことができます。

疑問・質問 答え
SIMカードってなに? SIMカードとは、スマートフォンやタブレット、携帯電話、モバイルルーターなどで、電話回線(3GやLTE回線)を使って通話・通信する際に必要になる、端末本体内蔵型の小型ICカードです。各キャリア(docomo、au)などの携帯電話・スマートフォンにも契約時に取り付けられています。
SIMカードの役割って? SIMカードには、固有の番号が割り振られています。その番号と契約時の個人情報、キャリアの情報などを結びつけることで、内蔵した端末を識別しています。逆にSIMカードを挿さないと通話・通信(Wi-Fi接続を除く)をすることができません。
お得なSIMはなぜ安くサービスを提供できるの? 大手キャリア(docomo、au、softbankなど)の場合は、スマートフォンの購入時に大幅な割引を行ったり、付加サービスを充実させたり、安定的な通信環境を提供する必要があります。一方MVNOは、回線を維持したりエリアを拡大する必要はなく、また端末本体との同時購入が必須ではないため、そういった経費がかからず、提供するサービスの料金を安く抑えることができます。
SIMカードはサイズ違いで3種類あります。

SIMサイズ
SIMカードには、標準SIM、マイクロSIM、ナノSIMの3つのタイプがあります。
サイズが異なる以外、役割としては同じですが、スマートフォンによって対応サイズが異なります
必ずお使いになるスマートフォンの対応SIMサイズを事前に確認してからSIMカードを選びましょう。

SIMカードのサイズは、スマートフォンの説明書やメーカーサイトで確認できます。

実際にどのぐらい料金が安くなるの?



お得なスマホに乗り換えるにあたり、一番気になるのは今使っている携帯電話料金よりどのぐらい安くなるのかということではないでしょうか。
表は、大手携帯電話会社の月額料金体系と、お得なSIMである「ワイヤレスゲート 音声プラン 3GB」の料金を比較したものになります。
大手携帯電話会社は、「通話し放題定額」なのに対し、ワイヤレスゲートSIMは通話料金を含まないため、単純に比較はできませんが、
仮に電話を全くかけない場合には、月額料金で5,000円以上の差が生まれています。

お得なSIMの場合には、通話30秒/21.6円の料金設定となる場合が多く、長時間通話をする場合には料金が大幅に上がってしまうことになるため注意が必要です。

※ユニバーサル料金やSMSなどのサービス料金、割引サービス等は含まない比較になります。
お得なSIMカードと相性の良いスマートフォンはどれ?

表は、お得なSIMカードとスマートフォンの組み合わせを表したものです。お得なSIMカードは、docomoやauから回線をまとめて借りて、エンドユーザーに再分配するサービスです。使うスマートフォンによっては、使えないものや機能制限がありますので、事前確認が大切となります。
基本的にお得なSIMカードで利用できる端末は、ドコモかauのスマートフォンおよびSIMフリースマートフォンに限られます。

利用端末

お得なSIMとの相性 テザリング キャリアメール キャリアアプリ おサイフアプリ LINE
ドコモ ◎ ※1 × ※5 × × ※6 ※7
au ○ ※2 × × ※6 ※7
softbank ○ ※3 - - - - -
SIMフリースマホ ◎ ※4 × - △ ※6 ◎ ※7

※1 現状お得なSIMサービスの大半がドコモの回線を使っています。ドコモの端末ならSIMロック等を解除せず使えます。
※2 auの端末に対応したサービスは、「mineo」と「UQmobile」の2社のみとなります。
※3 今まで発売されたsoftbankの端末は大半がSIMロックがされています。
※4 SIMフリースマホは、元々キャリアによるロックがされていないため、SIMを選びませんが、キャリアが提供する周波数帯にあった端末である必要があります。
※5 ドコモの端末は、SPモード以外ではテザリングできない仕様となっているため、お得なSIMではテザリング機能は使えません。
※6 suicaや楽天edyなどキャリアに依存しないおサイフアプリは動作しますが、ID(docomo)などキャリア提供のアプリは動作しません。
※7 LINEはどの回線でも利用することができます。なお、登録時の認証にSMSを使うため、SMS対応のSIMをおすすめいたします。
SIMカードの購入から実際に使うまでの流れ

【データ通信専用SIMカード】音声通話が出来ないタイプSIMカード。電話機としてではなく、ネット端末専用として使うならこちらのカード

ご利用ガイド
ステップ1 自分にあったSIMカードを決めて購入。
ステップ2 商品がお手元に届いたら、商品説明にしたがってインターネットなどから契約手続きを済ませる。(支払い方法などを設定)
ステップ3 同梱のSIMカードを利用する端末にセットする。
ステップ4 端末の画面で、APN(アクセスポイントネーム)情報をSIMカードに合わせて設定する。(APN情報は各社により異なります)


【音声+データ通信専用SIMカード】普通のスマホと同じように音声通話もできて、ネットもできるプラン。

ご利用ガイド
ステップ1 自分にあったSIMカードを決めて購入。
ステップ2 商品がお手元に届いたら、同梱されている申込用紙に記入してSIMカード提供会社に申請、手続き。
ステップ3 後日SIMカードが郵送されてくるので、端末にセットする。
ステップ4 端末の画面で、APN(アクセスポイントネーム)情報をSIMカードに合わせて設定する。(APN情報は各社により異なります)
豊富なプランから自分の使い方にあったSIMカードを選びましょう


SIMカード 種類 データ通信専用通話+データ通信用


SIMカードは大きく分けて2タイプ。使い方に合わせてお選びください。

【通話+データ通信用】
・今使っている携帯電話、スマートフォンから乗り換えたい
はじめて契約する携帯電話はSIMフリースマートフォンにしたい。



【データ通信専用】
携帯電話と2台持ちするのでスマートフォンはデータ通信のみ使いたい。
通話はしないが、ネットを見たり、今流行のスマホゲームを楽しみたい。
・家にある古いスマートフォンをサブ機として使いたい。
・購入したタブレットを外に持ち出して使いたい。



よくある疑問・質問


疑問・質問 答え
サービスエリアは? ・docomo系のお得なSIMの場合は、NTTドコモの「Xi」(クロッシィ)エリア、FOMAハイスピードエリア、FOMAエリアで利用できます。
・au系のお得なSIMの場合は、auの4G LTE エリアで利用できます。
docomo系SIMはドコモ回線が使えるエリアをほぼカバー。auはLTEエリアのみですが、広くカバーしているため人口密度が極端に低いエリア以外は問題なく繋がります。
SMSオプションって? SMS(ショートメッセージサービス)は、LINEなどのアプリで新規アカウント取得に用いられており対応していると便利です。また一部のスマートフォンでは、SMSに対応していないとアンテナピクトが立たなかったり、バッテリーの消耗が早まったりすることがあります。
iPhoneでお得なSIMは使えるの? アップルが販売するSIMフリーiPhoneであれば特別制限なく利用できます。またdocomoのiPhoneやauのiPhoneであれば、それぞれの回線を利用したお得なSIMを使うことができます。なお、au系列(mineoなど)のお得なSIMには制限があり、「iOS 8」以降を搭載したモデルでは利用できません。