Dyson Supersonic(スーパーソニック)ヘアードライヤー特集

これまでになかったヘアードライヤーがダイソンから誕生。20世紀初頭に欧米で製品化されたハンディ型のヘアードライヤー。そこから現在に至るまで、サイズや機能は変化してもヘッドの後方にモーターが配置された構造自体が変化することはありませんでした。Dyson Supersonicヘアードライヤーは、モーターと吸気口をハンドル部分に配置することでボディの軽量・コンパクト化に成功。パワフルで髪本来の美しさを引き出す機能が凝縮されています。

軽量・コンパクトながらパワフルな風で素早く、美しく仕上がる
インテリジェント・ヒートコントロール
ガラス球サーミスター(温度センサー)は、風温を毎秒20回測定。このデータをもとにマイクロプロセッサーが常に発熱体をコントロールして、過度の熱によるダメージを防ぎ、髪本来のツヤを守ります。
温度設定は4段階で調節が可能。温風から冷風に切り替えるときに対応が早いのも特長です。
ダイソン デジタルモーター V9
新開発のダイソン デジタルモーター V9は500円硬貨程のサイズの極小モーター。13枚の羽根を持つインペラーは、毎分最大110,000回転し、3.5キロパスカルの風圧を生み出します。
バランスを重視した設計
一般的なドライヤーは、モーターがヘッド部分に搭載されています。モーターやその他の主要パーツがヘッド部分に集中しているため、バランスが悪くなります。
Dyson Supersonicヘアードライヤーは、モーターがハンドル部分に搭載された、ただひとつのドライヤーです。これにより使用中も手が疲れにくく快適にブローやセットが行えます。
Air Multiplier(エアマルチプライアー) テクノロジー
吸い込む空気の量を3倍に増幅して、高圧・高速の気流を生み出します。「羽根のない扇風機」にも使われているダイソン独自の技術が生かされています。高圧・高速の風を生み出し、直線的な気流で送出します。風量は3段階で調節か可能です。

豊富なアタッチメントで思い通りにスタイリング
【ダイソン スムージングノズル】
髪を乾かすとき、ブラシを使わず、手ぐしで乾かしても、ラフな仕上がりになることはありません。ダイソン スムージングノズルは、髪をやさしく乾かしながら髪を整えることができます。

【ダイソン スタイリングコンセントレーター】
ブローしたい箇所に、風を的確にあてることができます。ブラシを使ったブローに。まわりの髪を乱すことなく、ブローしたい箇所だけに集風し、風圧の高い風を送ります。

【ダイソン ディフューザー】
自然に乾かしたような効果を短時間で。カールやパーマのかかった髪に。風を均一に分散させることで、縮れやすいカールやウェーブを崩さず、やさしい風でふんわりとブローします。