新海誠監督 特集


緻密で美しい風景描写と独特な世界観で多くの人を魅了する新海誠監督。
空前の大ヒットを記録した最新作「君の名は。」も好評販売中です。

ヨドバシ・ドット・コムでは、初の劇場公開作品となる「ほしのこえ」や根強い人気を誇る名作「秒速5センチメートル」など、“新海ワールド”が詰まったアニメ作品を多数お取り扱い中。これまでの作品を、DVD・ブルーレイでぜひご覧ください。

空前の大ヒットを記録した「君の名は。」好評販売中



  “この奇跡の物語に、世界中が恋をした”
邦画史に残る金字塔を打ち立てた話題作が、Blu-ray&DVDでついに登場

【ストーリー】
千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしてた。
町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気なる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。
「来世は東京のイケメン男子にしてくださ―――い!!!」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見覚えのない部屋、知らぬ友人、目前に広がるのは東京の街並み。念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。

繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている記憶と時間。二人は気付く。
「私/俺たち、入れ替わってる!?」

いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑ながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽みながら状況を乗り切っていく。
しかし、気持ちが打解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。入れ替わりながら、同時に自分たち特別に繋っていたことに気づいた瀧は、三葉に会いに行こうと決心する。

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」
辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた…。

出会うことのない二人の出逢い。運命の歯車が、いま動き出す。

>「君の名は。」のご注文はこちら



注目の最新アイテムをご紹介


君の名は。の“カタワレ時”を自宅で再現

セガトイズより、「HOMESTAR 君の名は。」が新登場。
家庭でプラネタリウムが楽しめる「HOMESTAR(ホームスター)」と、新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」がコラボレーションが実現。
瀧と三葉ふたりが初めて出会う「カタワレ時」の奇跡が、主題歌とともにあなたのお部屋に甦ります。

> HOMESTAR 君の名は。

これまでの監督作品を発表順に一挙ご紹介!


『彼女と彼女の猫』

アニメーション監督・新海誠の原点がここに

新海誠監督が自主制作時代に発表した5分弱の短編アニメーション作品。
一人暮らしの女性の日常生活を、彼女に拾われた猫の視点を通して描いた本作は、映像クオリティーの高さと詩情豊かな演出によって大きな話題を呼び、自主制作CGアニメを対象とした国内で最も伝統のあるコンテスト、「DoGA CGアニメコンテスト」にて第12回グランプリを受賞。
時を経ても観た者の心に残り続ける、記念碑的な作品です。

> 彼女と彼女の猫 - Everything Flows - 完全版
『ほしのこえ』

驚異のクオリティで迫る、話題の個人制作アニメ

『ほしのこえ』は、監督・脚本・演出・原画・動画・背景美術、さらには声の出演もしており、新海誠監督がほぼ1人で制作をしたことで話題を集めたSFロボットアニメ作品。個人制作でありながらもクオリティの高いフルデジタルアニメーションです。

当時普及し始めていた携帯メールをモチーフに、宇宙と地上に引き裂かれた少年と少女の爽やかな、しかし絶望的なまでの「超長距離恋愛」を描いた物語は、観るものの心に深く残ります。

> ほしのこえ
『雲のむこう、約束の場所』

初の長編アニメーション映画

『ほしのこえ』で一躍脚光を浴びた新海誠監督による初の長編アニメ作品。
戦後北海道が分断統治された架空の世界を舞台に、眠り続ける謎の病にかかってしまったヒロインと憧れの彼女を救おうと奮闘する2人の少年を描いた物語です。

> 雲のむこう、約束の場所
『秒速5センチメートル』

ひとりの少年を軸にして描かれる、連作短編アニメーション

第1話「桜花抄」第2話「コスモナウト」第3話「秒速5センチメートル」の3本構成。ひかれあっていた男女の時間と距離による変化を全3話の短編で描いた名作です。
他の多くの監督作品に見られるようなSFやファンタジーなどの架空の要素は登場せず、「現実」を舞台にしていることで、より感情移入しやすい作品になっています。
リアルな街並みや美しい風景描写も必見です。

> 秒速5センチメートル
『星を追う子ども』

これまでとはひと味違う、ファンタジー要素の強い意欲作

淡い想いをよせていた少年を失ってしまった少女アスナと、亡き妻を10年間想い続けてきた男モリサキが、死者の復活のために伝説の地下世界アガルタに旅に出るというジュブナイル・ファンタジー。
「現実」を描いた前作『秒速5センチメートル』から一転、ファンタジー色の強い世界観で観るものを魅了します。

> 星を追う子ども
『言の葉の庭』

“デジタル時代の映像文学”で世界を魅了する

梅雨の季節に日本庭園で出会った、靴職人を目指す少年と歩き方を忘れた女性。
現代の東京を舞台に“孤悲〈こい〉”の物語を描く。

地雨、夕立、天気雨、豪雨…本作では心の変化や揺れそのもののような、さまざまな雨を丁寧にアニメーションで表現。新海作品の特徴でもある美しい景色はもちろんのこと、本作で出色なのが、その景色の色味や明暗を人物の陰影にまで反映させた色彩。映像から想いが、言葉から情景があふれ出す作品になっています。

> 言の葉の庭