空気入れ 通販

空気圧を確認しながら調節できるゲージ付きポンプや持ち運びに便利な携帯用ポンプ、出先でのパンクの時に役立つCO2インフレーターなど品揃え豊富にご用意。 商品別のランキングもご紹介。(日本全国配達料金無料)「空気入れ」の商品を全て見る
ブラックバーン エアスティック エニーバルブ
【バルブの種類】

自転車のバルブには「英式・仏式・米式」の3種類があります。空気入れを選ぶときは対応するバルブの形状をチェックしましょう。

一般的な自転車の空気入れの形のイメージはこの形になります。バルブの中には、「バルブコア(虫ゴム)」といわれるものが入っており、1年程度で破れてきます。これが破れると、空気が漏れてしまいます。定期的に交換しましょう。 キャップが無いと虫ゴムが空気に触れるため、劣化が早まりますので、キャップは必ずつけましょう。

スポーツ自転車用のバルブがこのタイプになります。ロードバイクはほぼこのタイプがついています。高い空気圧に耐えることが出来、空気を入れた後も空気圧の微調整が可能でき、測ることも可能です。

マウンテンバイクの一部や、BMXに使用され, 太くて頑丈なタイプです。バイクや、車と同じタイプなので、空気入れがない場合はガソリンスタンドや車屋さんの空気入れを貸してもらうことで、空気を入れることが出来ます。構造がカンタンで、空気漏れも少ないタイプです。空気を入れた後も空気圧の微調整が可能です。

【空気圧の調整】
タイヤの空気圧はそのタイヤごとに定められています。適正空気圧がタイヤのサイド部分に必ず記載がありますのでチェックしてみましょう。

【CO2インフレーターとは?】

CO2インフレーター

CO2インフレーターとは、 携帯用の自転車用空気入れのひとつで、あらかじめ圧縮した炭酸ガス(CO2)をタイヤチューブに充填することで、瞬時にタイヤの空気圧を適正にする空気入れです。一般的な空気入れと違い、手動などの労力を必要とせず、数秒足らずで適正空気圧にすることが可能です。また、サイズも小さめで、携帯しやすくなっています。一方で、炭酸ガスはゴムに対する透過率が高く、チューブから抜けやすいという難点もあります。