マルミ光機 MARUMI ウォータープルーフコート C-PL 67mm
  • ¥4,130
販売を終了しました
  • ¥4,130
  • 販売を終了しました

マルミ光機 MARUMI
ウォータープルーフコート C-PL 67mm

購入の決め手(7)

  • 価格、メーカー3
  • 効果の分かりたすさ 回しやすさ 付属のケース2
  • 機能2

次も買いますか(23)

  • また買いたい34%
  • 買わないだろう0%
  • まだわからない4%
  • --62%
ネイチャーフォトにPLは必需品。ほぼすべてのレンズにこのフィルターを付けています。水滴が付きにくく雨の日には重宝しています。
今まで使っていた偏光フィルターが古くなってきたので買い替え。
マルミ製の偏光フィルターは初めてでしたが、特に問題ないです。
こればかりです
水辺で撮るとき用に購入。
コスパ重視で選ぶならおすすめ。
いつもマルミ使っているので。
PLは消耗品なので他社製より若干安価で購入できるmarumi製がよかったです。
価格
安価でも良いですよ。
買って良かった。
偏光リングの回し易さで選びました。
露出係数は何倍ですか。 続きを見る
    • 約3年前にヨドバシカメラで購入しました
偏光フィルターは減光フィルター(NDフィルター)とは異なり、下記の効果を求めるものですから、露出係数を変更するものでありません。構造は減光フィルターを2枚重ねたような構造で光の反射を調整するのが目的のものですから、減光しますがその係数は公表されてません。当然の事、このフィルターを使用すれば減光になります。使用目的が異なるので係数は表されていないことになります。このフィルターは経年劣化しますので、減光が効きにくくなったら交換することになります。

百科事典では・・・
人造偏光板でつくった写真撮影用フィルター。軸方向に直角に振動する直線偏光を通さない。水面,ガラス面から反射した光,青空からの光は部分偏光になっているので,これらの光を制限または遮断(しゃだん)するのに使われる。
空の色や河川などを撮影するときの必需品です。
鮮やかにクッキリとした写りになります。
marumi社製のフィルターを愛用しています。kenkoやhakubaにはなぜか手を出さないでいます。使い勝手は大して変わらないと思うので、プライスで決まるのでしょうか。トップモデルはどれも高価なので、手頃なタイプを購入しています。
特に、PLは消耗品みたいなものですから、どうしても価格が気になってしまいます。
標準ズームで77mmを購入し、薄く使いやすいので、望遠ズーム用で同仕様の67mmを購入しました。
やはりPLフィルターを使用することによりコントラストが向上し反射も取ることが出来、大変良いのですが深いフードを装着すると回転させるのが大変辛い。
皆さんどのようにお使いになっているのかな。
価格
    • 約2年前にヨドバシカメラで購入しました
    • 購入の決め手:枠が厚いことと価格が安いこと、価格
主に山と花の写真を撮影しており、最初は枠が厚ければ岩との接触時にも回転部の変形が少ないだろうとの考えから購入しました。タムロンのf1.8単焦点レンズとほぼ同時に購入しました。雲台が前に倒れ、レンズの先端が三脚に当たっても気にならずに撮影が続けられます。これからはレンズとペアで購入する予定です。
タムロン16-300mmに使用します。
コスパが良いので購入しました。
価格
機能コスパとも不満はないです。