クライナ KRYNA M1/3 [マグネシウムインシュレーター 受け皿 3個]
  • ¥3,040
販売を終了しました
  • ¥3,040
  • 販売を終了しました

クライナ KRYNA
M1/3 [マグネシウムインシュレーター 受け皿 3個]

商品満足度

4.2

購入の決め手(2)

  • 価格2

次も買いますか(4)

  • また買いたい25%
  • 買わないだろう0%
  • まだわからない25%
  • --50%
ちょっと変わった使い方として、電源ボックスや電源・信号ケーブルの下に敷く方法があり、意外やこれがよく効きます。高域の暴れを抑えて静けさとS/N感が増しますが、場合によっては生気の失せた音になってしまう劇薬でもあります。
スパイクを使用すると、マグネシウムにすぐ傷がつきます。なかなかくぼみのセンターに合わせるのが難しいので、
私は少々苦戦しましたので、4点ではなく、3点バランスをお勧めいたします。効果のほどは、低域がより出るように
なった印象をまず受けました。高域は大きな変化は感じられませんでしたが、これはもともとの音質を気に入っていたので
変化がなくて逆によかったです。インシュレーターの交換は初ですが、効果はあったと考えられます。
効果の程はよく分からないが効いているのだろうと判断
オーディオラックのスパイク受けに使用しました。

少し音に暖かみが加わりました。
オーディオラックの脚がスパイクになっているので、

受けを変えてみようと購入しました。

ラックに敷く前にスピーカーのインシュレーターとして使ってみようと思いつきました。

オーテクのAT6099で3点支持にしていましたが、

TiGLONは4つしかないので

左右のスピーカーとも前の2つだけをTiGLONに変えてみました。

明らかに解像度が向上し、家内もびっくりしていました。

AT6099と違い、ゴム系の素材は使っていませんが

意外にもウォーム調に変化しました。

スピーカーがホントのパフォーマンスを発揮しはじめた!!

と思うくらいの変化でした。

追加購入し、3点支持の後ろと、

ラックの脚にも敷きました。

ラックのスパイク受けも実は1度社外製品に変えてあったので

変化は僅かでしたが、

付属の受けからの交換でしたらかなりの変化量だったと思います。

こういうアクセサリー(特にインシュレーター)は欲しくても買って試してみるまで

どういう変化をするのかわからないので

出せる金額もこれくらいまでですね。


インシュレーターで音は変わりますが、決して価格が高い=良い音ではありません。
価格が手頃だったので導入しましたが、当方の環境では付帯音が減少し、音の輪郭がハッキリするようになりました。音の癖も少ないようです。
コストパフォーマンスの高い商品だと思います。
値段の割に効果があると思います。
良いですね。自然な音です。
音のしまりが出た感がある
付属のステンレス?スパイク受けよりも音のエッジが取れ、自然な感じに。
音場の拡がり、音像定位とも十分に良い。

値段の割りに高性能で、これ以上の必要性を感じません。
スパイク傷がつき易いのが玉に瑕。(マグネシウムの特性上仕方ありませんが)
1本15kgのブックシェルフ型SPを3点支持で使用。
クライナ・プロブランド製品を扱っていたクライナ・プロ(株)は、2010年5月にティグロン(株)に社名変更している。
従ってヨドバシのこのインシュレーター購入者にはティグロン製造販売商品として配送されてくるので、届いてから違う商品ではないか、と驚かれないよう冒頭に書かせていただくとともに、ヨドバシさんもクライナの名をティグロン名に変更されるようお願いする。
 さてこの商品は、サブスピーカーのPIEGA/TP-3に履かせていた古い自作「沢村式インシュレーター(改)」の代替品として購入した。
履かせ替え初日は差は分からず、早々と2日目にして、SN比が上がり、高域が澄み、低域が程よく厚くウォームになった。
これは鉛+ブチルゴム+銅板の「沢村式インシュレーター」とマグネシウムの振動吸収能力の明らかな差と思う。
PIEGA/TP-3のようなアルミ削りだしエンクロージャーの、どこを叩いてもコチコチのスピーカーでも如実に出たのだから、
一般の木製エンクロージャーのスピーカーならもっと如実に出る差だと思う。
但し、それが好みの音になるか否かは別問題ではありますけれどもね・・