シグマ SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM [Contemporaryライン 18-200mm/F3.5-6.3 ニコンFマウント APS-Cサイズ用レンズ]
  • ¥39,8903,989ポイント(10%還元)
  • 在庫残少 ご注文はお早めに!16時間以内に発送可能日本全国配達料金無料
ショッピングカートに入れる
  • ¥39,8903,989ポイント(10%還元)
  • 在庫残少 ご注文はお早めに!16時間以内に発送可能日本全国配達料金無料
  • ¥64,800¥39,890
  • 3,989ポイント(10%還元)
  • 在庫残少 ご注文はお早めに!
  • 16時間以内に発送可能
ショッピングカートに入れる

シグマ SIGMA
18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM [Contemporaryライン 18-200mm/F3.5-6.3 ニコンFマウント APS-Cサイズ用レンズ]

商品満足度

4.4

購入の決め手(34)

  • 価格11
  • シグマ製6
  • 軽さ6
  • 画角5
  • 小型化された事2

次も買いますか(18)

  • また買いたい27%
  • 買わないだろう0%
  • まだわからない46%
  • --27%
CANON 80Dのキットレンズからの買い換えです。カメラかじってるおじさんとしてはあまり詳しくはないので店頭で悩んでいたところ店員さんに声をかけてもらい、いろいろ話を聞いた結果、値段、製品の発売順、マクロ側の距離の三点が決め手になり購入しました。早速使って見たのですが私には十分過ぎるくらい良いものでした。ありがとう、さいたま新都心の親切な店員さん!
安くて使いやすい。
万能レンズ18-200mmで最も小型軽量。
しかも、描写はニコン純正以上。
これは明らか。
色味もニコン純正のように黄色っぽくなく、人物を撮るにも最適。
また、シャープなので風景にも向く。
まさに最高峰のスナップレンズ、旅行用レンズ。



1人のうち1人が参考になったと言っています
D5300ボディにて検証。

【操作性】
ズームリングの回転方向がニコンと逆なのが、購入検討時に一番懸念した点だが、このレンズでは前のシグマ18-200mm(赤ラインの先代レンズ)よりも気にならなかった。
何故かは判らないが不思議。

最近のズームレンズ(特に高倍率ズーム)は、どのメーカーも鏡筒の自重落下を防ぐ為かズームリングの操作が重くなっている。
このレンズもズーミングは軽いとは言えない。
左手でレンズを下から支えてのズーミングはかなり重く感じる。
よって、左手をレンズ上部に被せるようにしてズーミングをしたほうが楽だが、操作がぎこちなくなる。

本来なら高倍率ズームは、キットレンズクラスと同様に「気楽に撮る」為のレンズなので、操作性(特にズーミング)も軽いのが理想。
単に自重落下を防ぐ為に操作性を重くしているとしたら、それはメーカーの手抜き設計とも言える。
ズーミングは軽く、かつ自重落下をしない設計をちゃんと考えて欲しい。

自重落下、自重落下とやたらとユーザーや、それに迎合したカメラ誌などが騒ぐので、メーカーもそうしたのだとは思うが、明らかに撮影時の操作性が犠牲になっているのは問題だ。

また、最近のシグマやタムロンレンズは、デザイン優先の為に鏡筒がツルツルになっている。
個人的には良いデザインとは全く思わないが、デザイン優先でレンズが支えにくくなったり、滑って落としやすくなったり、必要な印刷文字が消えたりしては本末転倒。

雑誌やネットの提灯記事ではほとんど、このデザインを「スタイリッシュ」などと気持ち悪いくらい一様に褒めているが、実物を見て言っているのか?とも思う。
少なくとも実用性については、どこのメディアも評していない。

個人的には、この今の流れの「ツルツルデザイン」は、汗や手垢も付きやすく厄介で、数年使用でボロボロになるとも判っているので大嫌い。
メーカーは、「数年もてば良い」と考えたような小手先デザインをヤメ、もっと真面目に「実用」に振った良いデザインを考えて欲しい。
(そう考えれば、トキナーなどはとても良いデザインと言える。)

【表現力】
これは、とても良い。
仕事の人物スナップで、純正のVR18-300mmF6.3を使い倒しているが、こちらのシグマのほうが断然色味が良くてシャープ。
これは想像以上。

一日数千枚のjpg人物スナップを撮る日もあるが、ニコン純正だと後処理(シャドーの持ち上げ、明るさ調整、色味の補正など)がほとんどのカットで必須であるのに対し、このレンズで撮ったカットはそれがほとんど必要無い。
jpg撮って出しでここまで手の掛からない、この描写には正直驚いた。
作業的にとても助かると共に、「純正の高倍率ズームは何なんだ?」とさえ思った。

また、ニコン純正ストロボとのTTL調光の相性だが、これもニコン純正以上に良かったのは不思議。
ニコン純正レンズと純正ストロボでのTTL調光は、他社(特にCanon)と比べたら「ハズレ」る事も少なく優秀だが、正直、人物スナップなどでは暗めの調光になる事が多く、暗部の持ち上げなどの後処理も必要な事も多い。
それが、このシグマでは「ちょうど良い明る目の調光」になっていて、後処理での補正がほとんど要らない。
逆にCanonのように、ドオーバーで白くすっ飛ぶ事も無い。

これらの表現力には、本当に感心した。

【携帯性】
巷で言われている「コンパクトさ」や軽さは、それほど感じない。
確かに既存の高倍率ズームよりは小さくて少し軽いが、それほどまでに体感的な違いは無い。
個人的には、純正18-300mmF6.3の大きさ重さが気にならないので、そう感じるのかも。

【機能性】
シグマのニコン用レンズでは「残念仕様」の部分は多々ある。
プレビュー画面の拡大や、拡大部分の移動時のボタン連打仕様が最も残念なところ。
シグマの最新c18-300mmではこの「残念仕様」は解消されているそうなので、このc18-200mmもファームアップで何とかして欲しい。
そこまでやって責任あるメーカーと言えるだろう。

【総評】
ニコン純正に対して、「ズーミングが逆回転」「歪曲補正が利かない」「プレビュー時の残念仕様」など、なかなか解消しない「問題」もシグマレンズにはあるが、上述の純正を明らかに上回る描写「色味の良さとシャープさ」(ゆえの使い勝手の良さ)、これだけでも使う価値が大いにある。

今後、全シグマレンズでこのくらいの描写が出て、シグマレンズ特有の「問題」が全て解決すれば、純正レンズは一部を除いて使わなくなるかも知れない。
ハイキングや家族と一緒に出掛けた時などに重宝しています。
逆光時に四隅のいづれかに白いフレア(逆ケラレ?)が気になりますが、許容範囲です。
軽量・高倍率の中では質感、作りなど十分満足感を得られました。
私が購入したのはソニーAマウント用ではなくNikonのFマウント用です。
(なぜソニー用購入と表記されるのかはわかりません)
さすがシグマと呼ばれるようなクリアな写り方です。
愛用のD7200につけっぱなしが多いです。
Nikon、SIGMA、タムロンの計6機種で迷いましたが試写を重ね本機に決定。
散々言われている通りズームリングの回転が逆方向なのは欠点ですが、慣れで解決できる範囲です。
純正よりも非常に軽く、フルタイムマニュアルフォーカスは使えないもののAFは非常に静かで正確に合います。
画質に関しても特別問題はなくシャープに写りNikon純正との価格差を感じさせない完成度だと思います。
ニコンD5500用に購入。
純正は高くて重い。
リングの回転方向が逆だが慣れれば問題なし。
eoskissX6i用に購入。以前も同様なモデルを使用していて満足していましたが、ズームリングやフォーカスの動きに難が出始めておりアップデートする形でこれを選びました。他により長い領域までカバーするモデル、他メーカーもありましたが、用途では200mmで足りる事、設計の新らしさで最後は絞り込みました。
Nikon D5500に装着しています。広角から望遠までこれ1本で済むお手軽ズーム。
yodobashi.comで販売しているこの商品はD5300のトラブル対応済みでしょうか?http:... 続きを見る
はい。
対応済みでした。
D7200用に購入。
なかなかキレの良い写りを映し出すのでいつもD7200に付けっぱなしの組み合わせになってます。

D5500、18~55mmのレンズキットを購入。
追加購入を検討、純正は高く重くて嵩張るのでこちらを購入。
使いがってもよく一番多用している。
一本である程度撮れるレンズが欲しく購入。
ズームリングが逆なのでニコンユーザーは最初戸惑うかもしれません。
持ち歩きレンズにverygood
シグマの写りはやっぱりいいです
このレンズのマウントはEなのでしょうか?ソニーとだけ書かれているので、悩んでしまいます。 続きを見る
このレンズにはソニーEマウント用はありません。
なお、このレンズはソニーαシリーズ用がありますが、ソニー、ペンタックス用には手ぶれ防止のOS機能はありません。

ソニーEマウント用でしたらラインナップはDNシリーズとなります。
カメラ本体を持参してマウントを確認されてもよいのではないかと思われます。
  • inoriが「いいね!」と言っています
    軽くて使いやすいです。
    持ち運びに便利だと感じます。
    画質がどうこうと言われてしまいますが旅行などに1本あればとても便利です。
    記念写真の延長で考えれば悪いレンズではないと思います。
    やはりシグマといえる画質です。
    カミソリのようなキレの良い画が撮れそうです。