SAEC サエク SPC-650 [スピーカーケーブル 巻きケーブル 切り売り 1m単位]
    店頭でのみ販売しています
    お近くの店舗でお求めください
    • 店頭でのみ販売しています
      お近くの店舗でお求めください

    SAEC サエク
    SPC-650 [スピーカーケーブル 巻きケーブル 切り売り 1m単位]

    商品満足度

    4.5

    購入の決め手(9)

    • 素材4
    • ブランドイメージ2
    • PC-Triple Cの劇的な音の向上2
    • 音作り(ジェントルな感じ)1

    次も買いますか(3)

    • また買いたい67%
    • 買わないだろう0%
    • まだわからない33%
    • --0%
    1人のうち1人が参考になったと言っています
      • 約4カ月前にヨドバシカメラで購入しました
      • 購入の決め手:素材、PC-Triple Cの劇的な音の向上
    昨年の10月に、同価格帯のサエクの650とゾノトーンの2200を比較試聴を行いゾノトーンの2200の項目にレビューしたが、昨年8月に購入したシステム SACDプレーヤー デノンの1600 アンプ マランツの8006 スピーカー エラック デビューB5.2というオーディオシステム全体のエージングが進み、10月レビューの時の音調がシステム全体で変化してきた。中低域・低域の量感が豊かになり、オーケストラの低音楽器の音階やJ-popのベースラインが飽和してマスクされるようになってきた。また、高域の表現力も高まってきた。

    昨年10月時点で使用していたゾノトーンの2200から、サエクの650にスピーカーケーブルを交換してみた。低域の飽和状態から小音量時はもとより、音量を上げた時も解像度の高いすっきり明瞭な透明感のある音調に変化した。

    ゾノトーンの2200は、中低域が厚く、オーソドックスな音質が基軸となり、やや華やかでありながら高域が伸びている音調である。音場再現性が優れていて、楽器の定位が見事である。一方、サエクの650は、ほぼ帯域バランスがフラットの性質、解像度が高くスピードがあるレスポンスで切れが良く、引き締まる表現力を身につけている。

    ゾノトーンの2200は、グラマラスな体で薄化粧したキャリアガールの美魔女タイプ、サエクの650は手足がよく伸び、勉強もよくできる優等生美少女タイプである。今、私は年甲斐もなく美少女のサエクの650に恋している。
      • 約4カ月前にヨドバシカメラで購入しました
      • 購入の決め手:素材、ブランドイメージ
    透明感のある落ち着いたサウンド、といった印象です。
      • 約1年前にヨドバシカメラで購入しました
    リピート買いです。コストパフォーマンスが良く、音質も素晴らしい(クリアでも厚みを損なわない)です。
    デノンのアンプとダリのスピーカーに接続しているが繊細できれいな音を出してくれ満足している。
    アナログオーディオフェアーでSAECのPC-Triple C 電源コードの音を聞かされ、高域のベールが1枚はがされた様な、すっきりした音で、ケーブルで音が劇的に変わる等、評論家のコメントでは良くあるが、私の経験ではラインケーブルでもSPケーブルでも感じたことは無かったので、その時は何かインチキで音源を取り替えたのでは無いかと疑いました。
    しかし、あの音が忘れられず、パワーAMPがMONO×2台なので電源ケーブルを2本購入すると20万円超となるので、安いSPC-650を購入し、試しにメインSPとスーパーTWの間のケーブルをアクロティックの6N単線と交換したところ、信じられない位、音が向上しました。メインのSPケーブルもSPC-850にしようと思います。また、分電盤からPC-Triple Cを引きオーディオルームに専用コンセントを増設しようとも計画しています。(電気工事士資格有り)
    以前からのSAEC製品の音作りとは、若干違った感じの印象を受けました。
    従来のSAEC製品の音作りイメージとは、若干違いました。
      • 約5年前にヨドバシカメラで購入しました
      • 購入の決め手:素材
    PC-Triple Cが気になり購入してみました。
    癖が少なく綺麗でスッキリした音だと思いました。
    ただ、芯がありものの全体的に音が細く感じました。
    ヴィヴァルディ等の室内楽を聴くとよくわかりますが、
    特にヴァイオリンが上から下まで細すぎます。
    価格の安いSUPRA Classic2.5やナノテック79special・79SRより
    スッキリはしてますが音があきらかに細いです。
    1日で使用をやめましたので、エージング前のレビューと言うことでご了承ください。
      • 購入の決め手:音作り(ジェントルな感じ)、ブランドイメージ
    率直に、今までのSAEC製品の音作り(今までのイメージ)とは違いました。音的には、シャープな感じだと思っていましたが、とても大人っぽい(ジェントル)音作りをされていたので少しイメージが違ったというのが第一印象です。しかし、音的にはとても透明感(視野が広くなった的な感じ)があり一音一音が大変丁寧な感じに描写されています。これから、ケーブルのエージングに取り掛かるところのファーストインプレッションです。(あくまでも、私的な感覚になりますが・・・・?)