ニコン NIKON AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR [24-70mm f/2.8 ニコンFマウント FXフォーマット]
  • ¥284,57028,457ポイント(10%還元)
  • お取り寄せ日本全国配達料金無料
ショッピングカートに入れる
  • ¥284,570
  • 28,457ポイント(10%還元)
  • お取り寄せ
ショッピングカートに入れる

ニコン NIKON
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR [24-70mm f/2.8 ニコンFマウント FXフォーマット]

購入の決め手(150)

  • 現行モデルにVRがついたため38
  • オートフォーカスの速さ、手ぶれ補正。35
  • 画質33
  • 旧タイプからの買換え11
  • 新大三元のひとつとして興味があったため。9

次も買いますか(97)

  • また買いたい48%
  • 買わないだろう11%
  • まだわからない24%
  • --17%
純正レンズでf5.6・200-500でこの価格は申し分なしのコスパですね。

もちろん開放値の明るいものと比べたら劣りますが
上を見たらキリないですしww

長時間使っていても問題なく取り回しできる範囲ですが、
女性やパワー不足な方には長時間の手持ちはキツイでしょうね。

価格変動で16万台前半なら即買いでOKだと思いますよ。
先程到着しました、このF1.8シリーズはそこそこの値段で写りが良いので常用しています。
いまさらFXフォーマットですが、じっくり構える風景写真にはそれほど差がないので
あえてマウント変更もどうかなと思いそのまま使っています。
やはり高解像度のモニターで確認するとズームレンズとは解像感が違いすね、遠くまできっちり解像しています。
軽くて写りの良いレンズだと思います。
D800およびZ6IIで使用しています。
絞り解放での近距離撮影では描写が甘いのと背景ボケがあまり美しくないですが、絞り込んでいったときの解像感は素晴らしいです。AF速度もかなり速いので、その点はストレス無く使えます。
大きく重いのと、望遠端70mmでは足りない場合も多々あり、被写体を選びます。目的地まで車で行く場合以外(飛行機や電車で)の旅行には、「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」を持って行きます。
純正品なので
望遠欲しかったので購入
木の間に隠れている鳥や遠くのものをもっと大きく撮りたくて購入しました。
やはり、カメラメーカーのレンズとあってテレ側でもきれいに撮れます。
難点はちょっと重い…。ほんとそれくらいしか思いつかないレンズです。
三脚が必須かなと思います。
月のクレーターまで、綺麗に撮れます。(素人ですが)
金額的には、悩んだけど 買ってよかったです
1人のうち1人が参考になったと言っています
写真生活40年、所有レンズの上限はずっと200mmでしたが、ニコンからスペックに対して安価で写りの良いこの200-500mmが出たら買うしかないでしょう(笑)。消費税が8%から10%になる前日に買いました!
この価格でこの性能なら満足です!! ただ重いので、レンズ自体にストラップ取り付け金具が欲しかったです。
そして付属のケースは巾着袋のような簡単なモノなので、お店で探してロープロのLP37309-PKK [レンズケース 13×32cm]を買いました。このレンズのために作られたの?というくらいピッタリで、クッションは厚め。オススメです。
このレンズを買ってからは以前は挑戦しなかった被写体にチャレンジしています。都内有名タワーと月とか、有名テーマパークの某城と太陽とか、千葉房総からのパール富士とか。傑作を狙います!!
こちらを購入する前は、広角、標準の単焦点レンズをいくつも持ち歩いて、頻繁に付け替えをしていましたが、こちらを購入してからは、その必要が全くなくなりなくなりました。
速攻でシャッターを切ることができるのは、全くストレスがなく本当にありがたいです。もちろん画質も最高です。
スナップにも、室内ポートレートにも重宝しています。実のところ、キットレンズと比べると結構大きいので、購入するまで凄く迷いました。ただ、いざ使ってみると、大きさも重さも気にならなかったです。勿論、写りも非常に綺麗です。
5.6通しで便利
D780購入にあわせて、購入。
ニコンの交換レンズはいくつか所有しているが、FXフォーマット対応のレンズは所有していないので購入。
主にスナップ撮影に使用。
AFの速さに満足しています。
野鳥撮影に使っていますが、手持ち撮影には少々重め。
10年前のサンニッパが宝の持ち腐れで出番が少なくなりズームに買い替え
タムロンやシグマと迷いましたがやはり純正です
標準ズームが欲しかったため購入。
性格上、『f/2.8を購入しておけば良かった…』と思いそうなため、少し高いですが購入しました。
 購入後、とりえず、何も考えずに撮りましたが、『あれ?写真が上手くなった??』と思う写りでした。大口径レンズ恩恵ですね。

 重量に関しては慣れと持つ位置だと思います。
少し重くかさばりますが、画角も広くポートレートの標準レンズとしては万能ではないでしょうか。何本も購入するよりはこちらの1本かと。ただ見ての通り焦点距離が少し長いので、接写には向いてないかもしれません。
1人のうち1人が参考になったと言っています
マップカメラで、年度末ということもあり、新品価格が底値近く(139,800円)で破格でしたので、ヨドバシではなく今回はそちらで購入しました。
東京ドームでアイドルさんの始球式を撮影する予定で、100-400mm(150-600mm)のSIGMA・TAMRON、そして「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR」も所有しているので×2テレコンとも悩みました。
望遠端のF値が6.3で暗く、いくら高性能なカメラでISOを上げたところで、F5.6との差は埋まらないと思います。
やはり、撮影をしていて楽しい、純正の所有欲を満たしてくれる、70-200 F2.8E+テレコン使用はどれだけ最新の組み合わせでも吐き出される解像感はやはりマスターレンズ1本よりも劣ってしまう、そして何より望遠端のF値が5.6という事が決めてになりました。
YouTubeで200-500とサードパーティー製の比較レビューをNPS(ニコンのプロカメラマン)の方が行われていましたが、絞り、開放、ワイド端、望遠端、逆光耐性、フレアゴースト等、どの場面においても純正が圧倒的でした。

純正よりも出費が抑えられて安く購入出来るから、とSIGMA・TAMRONを購入される方も多いと思います。
ですが、買い替える時を考えれば、純正の6〜7割の買取額に対して半値以下になるサードパーティー製レンズは、純正よりも資産価値が低く、結局は損をしてしまいます。
合焦速度や写りの良さは定評通りだと思います。
1人のうち0人が参考になったと言っています
手持ちでは少し重たいので、一脚や三脚を使用するとブレ防止ですね。
AFが若干遅いですが、猛禽類なら飛びものもOK です。
1人のうち0人が参考になったと言っています
購入してから一年余り経ちました。フルサイズでは軽量なD600で使用していますが、それでも総重量は三脚座込みで3kg超えとなります。しかし、海外にも二度持参するなど、ここぞと言うときに使っています。
当初は微妙にピントが甘いと感じましたが、AF微修正をしたところ、かなり改善しました。
VRは強烈と言うほどではありませんが、動作が自然で使い易く、効果も十分実感できるレベルにあります。
ズームリングの回転角が大きめなのと、AFスピードがイマイチではありますが、価格を考えれば十分満足しています。