フォステクス FOSTEX P802-S [スピーカーシステム ペア]
  • ¥11,0001,100ポイント(10%還元)
  • 在庫残少 ご注文はお早めに!16時間以内に発送可能日本全国配達料金無料
ショッピングカートに入れる
  • ¥11,0001,100ポイント(10%還元)
  • 在庫残少 ご注文はお早めに!16時間以内に発送可能日本全国配達料金無料
  • ¥12,100¥11,000
  • 1,100ポイント(10%還元)
  • 在庫残少 ご注文はお早めに!
  • 16時間以内に発送可能
ショッピングカートに入れる

フォステクス FOSTEX
P802-S [スピーカーシステム ペア]

商品満足度

4.3

購入の決め手(15)

  • サイズ6
  • 価格3
  • ハイレゾ対応3
  • 大きさ2
  • メーカー、価格、ハイレゾ対応1

次も買いますか(2)

  • また買いたい0%
  • 買わないだろう0%
  • まだわからない50%
  • --50%
価格を考慮すれば星5。あまりワイドレンジでない曲であれば、見た目以上の音が出る。ハイレゾを聞いてもハイレゾらしい違いが分かるので立派なもんだ。
小型のスピーカーを購入したくて選定していたのですが、最終的に一度も購入したことがないフォステクスの音を聴いてみたくて購入しました。価格なりの音質だと感じますが、やはりこのサイズでは低域は弱いです。
KENWOOD LCA-5MD (2003年製)のスピーカーをP802-Sへ替えてみました。
とても良い音が出ていると思うので買って正解。
高音が高すぎるでもなく、低音が不足しているでもなく、音像がしっかりしていると思います。
元のスピーカーがプラスチックボディで箱鳴りしてダメダメでした。
ライン入力に自作セレクタで切り替えてネットラジオとウォークマンが聞けるようにして楽しんでいます。
ホームオーディオでもネットラジオを聞き流して楽しんでいますが、こちらも「小音量オーディオ」という空間を心地よく聞き流ししています。
とても古いラジカセとミニコンポの中間に位置するようなコンポがまだしばらく使えそうです。
決めては値段でしたが、予想以上に良い音がしていました。
このスピーカーから初めて、グレードアップしていけばいいと思います。
自分の早とちりなのですが、かんすぴシリーズからたどって見つけた製品なので自分で組み立てる物だと思い込んでいたら完成品でした。オーディオケーブルを繋ぐだけでオーケーです。とりあえずやや大きめの音を出し続けていますが音割れはありません。さすがに極端な高低音域は無理があるかなといった感じです(エージング次第?)。3セット使って小規模のホームシアターシステムに使えないかなー?と思いました。
他のフォステ製品同様にコストパフォーマンスに優れている。
半年ほど使用したが、故障等のトラブルは発生していない。
このスピーカーユニットを使用するキットは多数発売されているが、
どれと比較しても最も低音を強調しないタイプがこれである。
小型ゆえに低音の量感は乏しいものの、ボンつくこともなくあいまいにならない。
またツイーターがギラギラする音色の方向ではないため、
ハイあがり傾向ではあるがキンキラしたような派手さはまったくない。
ネットワークコンデンサ等の特徴が出ているのかもしれない。
ディスクトップ等耳元で使う際に、「煩い」風にならないようにしているのだろうか。

同社のダブルバスレフタイプP2080-Eとの比較なら、そちらの方が低音感は出ており、
全体的にもクオリティで負けている。スペースに余裕があるならP2080-Eをお勧めするが、
解像度ではいくぶんこちらが勝る。もっとも解像度が欲しいならFE83等使えば良いのだが。

AP15dとのセットで購入し、PCのデスクトップスピーカーとして使用しています。
音質はかなりハイ上がりです。
高音は非常に良く伸びる反面、低音は出ません。
サブウーファーを追加すればバランスが良くなりそうですが、それではこのサイズのスピーカーを買った意味がなくなってしまいます。
仕事部屋用に購入。PCからUSB-DACを経由して自作デジタルアンプにて音を鳴らしています。設置スペースが限定されていたので大きさ優先で選びましたがhi-res音源対応なので結構気に入っています。でかい音で鳴らすよりも小音量~中音量で聞くにいい音が出ていると思います。色合いも良く落ち着きのある感じです。
長年愛用していたAT-DSP300のコーンを破損させてしまい、買い換えました。
RCA入力のPM-SUBminiを併用しているので、パソコン再生・RCA出力・机上における大きさという条件で検討。CAS-1は値段とRCA出力無しのため却下、PM-0.4とは最後まで悩みましたが、ハイレゾ対応ということで高音再生能力に期待し(視聴しにくい地域居住です)、AP05との組み合わせで決定しました。
MacBookPro→アナログステレオmini-RCA→PM-SUBmini→RCA-ステレオmini→AP05→本器と接続しています。
以下はPM-SUBminiと併せて再生したレビューです。
耳障りに感じる寸前の高コントラスト感溢れるAT-DSP300と比較すると高音再生能力はわずかに及びませんが、イコライザ調整で満足いくものとなりました。何より中音の艶やかさが素晴らしく、AT-DSP300と異なり音量を上げても音が割れません(径と箱の大きさから当たり前ですが)。
机上での使用を考えるとこれ以上の大きさは考えにくく、費用対効果から大々満足の結果となりました。