プロフォト Profoto 901202 [A1 AirTTL-N (Nikon用)]
  • ¥74,580
販売を終了しました
  • ¥74,580
  • 販売を終了しました

プロフォト Profoto
901202 [A1 AirTTL-N (Nikon用)]

購入の決め手(18)

  • 機能性5
  • 使用感3
  • 信頼感3
  • 丸い発光部のデザイン3
  • 基本性能の高さ2

次も買いますか(6)

  • また買いたい51%
  • 買わないだろう16%
  • まだわからない0%
  • --33%
小型としては発光色温の安定感が高く、チャージスピードも迅速で現場対応は確実を期す。一方、初代としての完成度の低さも垣間見える。具体的には、表示IF、BT、アップデート機能、バッテリー、等。改善ポイントは多く、価格差を考慮しても現在であればA1XorA10を推奨したい。
使いやすい
1人のうち1人が参考になったと言っています
    • 購入の決め手:機能性、信頼感、丸い発光部のデザイン
Profoto A1はコスパが非常によくなっていたので購入。TTLも可能で、光もやわらかく純正にひけをとりません。加えて便利なのは、付属のアタッチメント。マグネットですぐに取り付けられるので、光のちょっとした調節に重宝します。プロでも中華ストロボを奨める謎の方たちがいますが、中華ストロボでは、ありえない満足感が得られます。
A1購入動機は、ヨドバシにプロフォト写真家を呼んでのセミナーを受講して購入。
リモート送信機(マスター)が高いのが難点。2万円程だと購入するが。今は他社の送信機をつかい、対応の受信機の上に乗せてオフカメラにしている。
純正品やamazonで購入できるクリップオンにはない高性能なストロボです。
確かに値段は張りますが、より高次元での撮影を望むのであればオススメできます。
ただし、バッテリーはそんなにもちませんので、最低2個は必要です。
    • 購入の決め手:丸い発光部のデザイン、信頼感、基本性能の高さ
今までで一番使いやすいクリップオンストロボでした。
大きなダイヤルを回すだけで2.0〜10の間で光量を調節できます。

秒間5コマ以上のシャッタースピードでも光が綺麗で安定しています。
色温度もほぼ5500Kです。

初期ロットに比べて、今のロットの方がスイッチが硬めに作られていました。
発光部のズームリングも固く簡単に回らないようになっています。

バッテリーの持ちは単3電池式のストロボよりは持ちますが、Airを使っていると少し持つ程度です。
フル発光の光量はCactus RF60X>Profoto A1>SB-910

※注意※
メーカーで2018年12月31日までバッテリー追加キャンペーンを行っていますが
今回購入したものにはバッテリーがついていませんでした。

6,000円ほど安くなっているバッテリー+1の商品が掲載されているの見つけてショックでした。
これから買う人はこちらの商品ではなく、901202-BATTERYJP A1 [AirTTL-N JP + 1x Batteryとなっている商品を購入したほうがお得です。
ストロボとしての基本機能が優れていると思います。
発光後のReady(充電完了)になるまでの時間が早くて助かります。
リチウム電池ならではと思います。(予備電池を持つことをおすすめします)
ヘッド(発光部)の首振りが簡単に回るのが、軽すぎではないかと心配しましたが、
特に撮影中に意図せずに設定した方向以外に回ってしまうという首振り誤動作はありませんでした。

    • そくおさんがレビューを投稿しました
    • 購入の決め手:丸い発光部のデザイン、モデリングライト搭載、機能性
NikonのSB-910を使用していたが、ずっと気になっていたProfoto A1を思い切って購入。

附属のドーム型ディフューザーを付けると、ライティングが非常にやわらかくなり、使い勝手が向上。
ドームディフューザーやワイドレンズはマグネットで簡単装着出来る部分もいい感じ。

背面部のディスプレイも単純表示で見やすくわかりやすい。ダイヤル操作で簡単に設定変更出来て、素早い操作で撮影が出来、専用バッテリー使用でチャージがとても早い。

普段TTLはあまり使用しないが、オンカメラ時にTTLとマニュアルの切替が横のモードスイッチ1発で切替出来るのもいい。

照射角度のマニュアル変更もレンズのピントリングみたいにA1のヘッドのズームリングを回して変更出来る。

一番お気に入りなのがモデリングライト。これだけで撮影出来そうな感じ。
添付写真はモデリングライトを50%点灯させている。

ちなみにこのA1はNikon用だが、マニュアルであればα7RⅢ等のSONY機でも使用可能だ。

バッテリーの持ちはいいとは言えない。予備に1〜2個はないと心許ないと思う。

まだ使い倒してないので何とも言えないが、所有満足度が高い商品であることは間違いない。
最近は、スナップ撮影でも持ち歩いてるくらいにお気に入り。

SONY用A1も発売されるので購入しようと思うが、SONYのHVL- F60RMも非常に使い勝手が良いのでそちらも購入。

クリップオンストロボだけで相当な金額を使用することになるが、A1はスタジオライトなのだからと自分に言い聞かせている。
4人のうち4人が参考になったと言っています
    • gogosさんがレビューを投稿しました
    • 購入の決め手:他のProfoto製品が有るから、配光、チャージの早さ
操作性が良く、非常に綺麗な光質でサイクルタイムも早く、クリップオンとしての性能は最高です。
ただし、マウント部の作りが弱く、使用3ヶ月で2台とも壊れました。そもそも設計ミスでは?
修理に出しましたが、メーカー保証外との事でした。
普段からマニュアルで使っているので、特に気にせずSIGMA sd Quattro Hで使っています。
HSSに非対応になりますが、止む無し。200まではケラレは出ません。
本体に直接付ける、オフカメラシューコードなどを使用する場合はX-SYNCにしておけば普通に使えます。
もちろんAir Remoteを使えば無線発光可能です。
使いやすさ、チャージの速さ、安定性
流石にこの価格、proFotoは素晴らしいと初めて使って実感した
CやNなどの純正よりも遙かに高いが、オフカメラの仕組みにせよ全く足下に及ばない
世界で使われる一級品は値段の価値があると思い知った
とくにチャージを待つ必要のないバッテリ駆動は最高である
中華製も近年素晴らしいクオリティだが、商品としてみたときの満足感は別次元ではある
そこにお金を出してもいいならかなりお薦めできる
B1をコントロールすることも可能。
なかなか入手できない状態が続いているのが残念です。
バッテリーの持ちはいまいち。
3人のうち3人が参考になったと言っています
不満ごとですみません!

やっぱり不安定なプロフォトA1
メーカー交換後、同じく幕切れ起こして、使い物になりません。
ひとつで12万から15万するものなのに。
メーカー直参で札幌でのテストイベントに参加したときも同じNIKON D4持っていき、カメラ屋さん、プロフォトジャパンさんの監修のもとテストしていました。
その時は、カメラ機材の制約なんて聞かされておらず、不具合もでなくて、とても良い製品だなと感心してました。

すると、今回の二回連続での不具合のことをメーカーに問い合わせると、NIKON D4は非対応ですと回答され
なら、D3sは対応とゆうことで、手持ちのD3sでも同じ条件でテストしました。

結果は、同じく幕切れ起こして使い物になりませーん。。。
対応機種でも、同じ幕切れ起きます。

マジでこのテストする労力と時間、交換しにいく手間暇、不満足感をどうにかしてほしいです。

仕方ないので、再びヨドバシカメラ札幌にて交換してきました。

こちらは、あちこち出張して時間をやりくりしてるので、今日やっと返品交換しにいけました。

世界のプロフォト、どうした❗️❓

現在、メーカーでも調査してくれているのですが、

同じような不具合の方いたら教えてください。

また、メーカーで解決された場合、こちらに再び情報共有したいと思います。

なんらかの間違いであって欲しいです。
1人のうち0人が参考になったと言っています
デザイン、操作性は特筆すべきものがあります。ダイヤル、ボタンともに合理的かつ直感的な操作が可能です。AIRのコマンダーとしても大変優秀です。
1人のうち0人が参考になったと言っています
デザイン、操作性は特筆すべきものがあります。ダイヤル、ボタンともに合理的かつ直感的な操作が可能です。AIRのコマンダーとしても大変優秀です。オンカメラ側のA1がそのカメラメーカー専用であれば、スレイブ側が他メーカー用であってももTTLで作動します。
1人のうち1人が参考になったと言っています
デザイン、操作性は特筆すべきものがあります。ダイヤル、ボタンともに合理的かつ直感的な操作が可能です。AIRのコマンダーとしても大変優秀です。
光量については各社クリップオンのGN60クラスに比べると少ないと感じるが
光量よりも配光や、付属のドームディフューザーを使用した時の柔らかさがよい。
形状が独特であるため、対応するアクセサリーは少ないが、
単体で楽にキレイに撮れるので重宝する。
4人のうち4人が参考になったと言っています
一度、プロフォトイベントで使用させていただいた時、直感的に操作しやすいなぁと思い購入にいたりました。
実際に、とても使いやすいです。 重さは、若干思いかな。 
ロケーションウェディング、ポートレート撮影の仕事用に、さらに機動性を考え(B1のような大光量が不要なとき)。
これまでのライティングセットを一新するためにA1を2台準備することにしました。
その数日後に本番を控えていたため、テスト撮影をしたところ、2台のうち1台のハイスピードシンクロに不具合を発見いたしました。 シャッター幕が写り込みました。連続して症状が出る場合と、10数回おきに症状が出る場合など、不規則なタイミングで写り込みます。 8000分の1、4000分の1、1250分の1、1000分の1、800分の1などのSSで試してみたら全て症状が現れます。実際には、4000分の1や8000分の1で撮影する場面などほぼありませんが、日中日差しの強いときに絞り開放などで撮影する場面も多く(NDフィルター装着が出来ないときなど)、高速SSを使用する場面を想定してProphoto A1のハイスピードシンクロをテストしていました。
実際に、仕事前に気がつくことができて助かりました。もしも撮影の最中に、シンクロモードの不具合が出たら、とっても焦ります。焦るどころか、撮影は大丈夫なのか??と不安でした。
また、ストロボの色もおかしかったです。黄ばんだような色をしていました。
ちなみにクリップオンすとろぼと比較した場合、ニコンSB910などのハイスピードシンクロのほうが四隅まで明るく光が回ります。
プロフォトA1は丸型なので、四隅まで光が回らないのは意図されたものだと思います。
また、ニコンのほうが同じ条件なら、明るかったです。
これらは、使用者の好みで、ご参考になればと。。

どちらにせよハイスピードシンクロを使用しないような露出にて撮影した(SS250分の1以内)のですが、不安感ぬぐえませんでした。時々、無線機能が効かないこともありましたので。
また、折角ワークフローを考え、スケジュールを立てていたのですが、やり直しです。
土曜日に気がつき、月曜日の撮影予定だったため、メーカーに直接問い合わせるも、休日のため月曜までどうすることも出来ないと返答があり、その後も連絡なしです。
そこで、ヨドバシカメラさんに直接尋ねることにしました。在庫がないので仕方ないことですが、返品交換について素早く対応していただけました。ですが、自ら返品交換にいかなくてはなりません。

初期不良なのはわかります。
が、2台+その他アクセサリーだけでも25万の投資、それが撮影直前の購入で、使い物になりませんでした。というのではあまりにも残念です。出荷前にちゃんとテストくらいしてもらえれば、、、
今後は、撮影直前の購入は控えたいと思います。使用前にじっくりテストして、安心してから、仕事に導入しようと思いました。良い経験と思うことにしています!
カメラのファームウェアとの互換性にエラーが出てくることや、レアケースで想定外な不具合ならまだしも。ハイスピードシンクロのような基本機能にエラーが生じたことは非常に不満です。B1XやB2を追加しようと思っておりますが、この不安感はしばらく残ります。