パナソニック Panasonic DC-GX7MK3L-S [LUMIX(ルミックス) GX7 Mark III 単焦点レンズキット ボディ+「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. シルバー」]
  • ¥122,32012,232ポイント(10%還元)
  • 在庫残少 ご注文はお早めに!16時間以内に発送可能日本全国配達料金無料
ショッピングカートに入れる
  • ¥122,320
  • 12,232ポイント(10%還元)
  • 在庫残少 ご注文はお早めに!
  • 16時間以内に発送可能
ショッピングカートに入れる

パナソニック Panasonic
DC-GX7MK3L-S [LUMIX(ルミックス) GX7 Mark III 単焦点レンズキット ボディ+「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH. シルバー」]

商品満足度

4.7

購入の決め手(1)

  • ボディ内手ブレ、サイズ、将来性1

次も買いますか(6)

  • また買いたい100%
  • 買わないだろう0%
  • まだわからない0%
  • --0%
Mk2と比べ画質、電源ボタンの位置が良くなったと思う。ファインダーが少し動きやすく気になるがここは好みか。いいカメラです。
プライベートで使うカメラとして購入
デザインと画質のバランスが良く、持っていて嬉しくなるようなカメラです。
レンズは単焦点が似合いますね。
色々なレビューでも評価されていましたが
多彩なモノクロモードが楽しいです。
1人のうち1人が参考になったと言っています
パナソニックの最強ストリートスナップシューター。
持ち運びしやすい大きさは小型レンズを付けっぱなしでカバンに放り込める気軽さがあり、2000万画素のローパスレスセンサーが緻密な描写を約束してくれます。
GXシリーズは全て所有しましたが、ボディ質感もこだわって作られているので(GX7mk2のみイマイチ)所有する喜びを感じられる良いカメラです。
今回LUMIX Sシリーズにシステムを移行する際に売却してしまったのですが、正直手放したことを後悔しているので、今度はライカレンズ同梱版で買い直そうと思っています。
歴代のGX7を使ってます!このシリーズが一番気に入ってます!
EVFが動くのがよいですね。そこそこコンパクトなのも良い点ですね。小さすぎず、大きすぎず。
スナップショット用に購入。GH5その他レンズも所有しているのでレンズ資産を活かして、
幅広い撮影ができます。コンパクトで何より持ち運びに優れていて、画質も良く毎日持ち歩いています。
G9PROのサブとして。
GX7からの買い替えです。
MarkⅡで省略されたフォーカスモードの切り替えレバーが復活したのが嬉しいです。
画質もローパスになりより高画質になったと思います。
15mmレンズとの組み合わせはスナップ撮影に最適です。
メインでG9を使っていますが、これは単焦点レンズメインでスナップ撮影用として追加購入しました。
シャッター音が静かで心地よいです。
LX100IIとどちらにしようかと迷いましたが、フォーマットは特に変えないのでキャッシュバックキャンペーンもあったのでこちらにしました。
自分の使い方からすると正解だったと思います。
1人のうち0人が参考になったと言っています
歴代GX-7使ってます!
ミラーレスは一眼レフっぽいスタイルよりこちらのデザインの方が好みです!
GX-7→GX-7mk2→GX-7mk3と順当に進化していってます。

写りは先代より少し彩度が上がった感じですが、どっかのメーカーみたいにCGっぽくないのでいいです!
1人のうち1人が参考になったと言っています
LUMIX GF1からの買い換え。あれでも不自由なく使えてたんですが、10年近く経過したら進歩具合にビックリしました。モニターの液晶のクリアさとかそんなところも驚いてます。このレンズのデキも凄いですね。シャープなのに柔らかい、ライカ基準なんでしょうか?グリップのサイズも適度でしっかり手に収まり、結果カメラも安定します(しっかりした手振れ補整も効いてますが)。
AF性能(写真): 小さな子供でも瞳AFが機能します。かなり高めの歩留まりで、目にピントがあった写真が撮れます。やや広角のレンズ(LEICA 15mm f1.7)であれば、ファインダーを覗かずに子供にレンズを向けて撮れます。

AF性能(動画): 動画メインでは考えていませんでしたが、意外なほど使えます。

暗所耐性: センサーサイズが大きくないので、ずば抜けた性能ではありません。画像処理エンジンが進化しているので、やや暗めの室内程度であればノイズが目立つことはありません。拡大しなければ十分に使用できます。
富士フイルムのX-T2よりも手ぶれ補正が圧倒的に優れているので、室内や暗所では静物撮影であれば、こちらをお勧めします。

露出補正ダイアル:前後ダイアルを他の機能に割り当てられないようなので、使い勝手が向上したようには感じません。残念。

バッテリー: チャージャーが付属しませんので、メインで使うかたは別売りのチャージャーとバッテリーを買い足すべきかもしれません。

良かった点: ホワイトバランスや肌色補正がとても優れています。 蛍光灯・LED・白色灯でも自然な肌色で撮れます。肌色を補正するためでしたら、RAW現像が要らないように感じます。

残念だった点: まだ使い方を熟知していないだけかもしれませんが、前後ダイアルのカスタマイズが柔軟にできません。ジオタグは、Bluetoothを繋ぎっぱなしにするしかないようで、Low Energy Bluetooth対応していないスマホだと電池切れを起こします。また、Bluetoothが切れる度に再接続に手間が掛かります。