ソニー SONY MDR-1AM2 B [ステレオヘッドホン ハイレゾ音源対応 ブラック]
  • ¥25,5002,550ポイント(10%還元)
  • 在庫あり2021年5月7日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
ショッピングカートに入れる
  • ¥25,5002,550ポイント(10%還元)
  • 在庫あり2021年5月7日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
  • ¥25,500
  • 2,550ポイント(10%還元)
  • 在庫あり
  • 2021年5月7日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便がお届け
ショッピングカートに入れる

ソニー SONY
MDR-1AM2 B [ステレオヘッドホン ハイレゾ音源対応 ブラック]

商品満足度

4.7

購入の決め手(88)

  • 音質24
  • バランス接続対応17
  • 装着感17
  • SONY13
  • ウォークマンとの相性6

次も買いますか(15)

  • また買いたい68%
  • 買わないだろう6%
  • まだわからない6%
  • --20%
4.4mmのバランス接続入門機としては持ってこいだと思います。
本体の軽さからは想像の出来ない綺麗な音を奏でてくれます。
4.4mmのバランス接続前提で考えると、この機種にコスパで勝る機種は無いかもしれません。
通勤時などはワイヤレスイヤホンで音楽を聴いています。自宅でウォークマンをイヤホンで聴くのはリラックスできなかった。このため有線タイプで一番仕様が高かったこのヘッドホンを購入した。このヘッドホンは本当に良い音を聴かせてくれる。イヤホンでは聴こえてなかった楽器の音が鮮明になって感動している。手放せなくなりました。
音質に不満はありません。
Amazon music unlimited HDの音源を聴いていても気持ちいいです。
1,とにかくヘッドホンが軽い事、
2,ソニーさんだけあって、期待を裏切らない音質の良さ
3,その音質は、今までにない、クリアーな音質
もうこれにつきます、
とても解像度が良くて良いヘッドホンでした。
特に軽いので長時間付けても大丈夫でした。
ZEN DACにバランス接続するヘッドホンが欲しくて購入。
シルバーも悪くないなと思って購入しましたが、オプションケーブル類が(端子部含め)基本黒なのに後で気づいて、若干の後悔がないでもありません(使ってみたら気にならないのかもしれませんが)。
ヘッドホンそのものについては軽量でかけ心地も悪くないし、概ね満足しています。
主にパソコンでCDやBDなどの音楽を聴くのに使用しています。店舗で中上級機種を聴き比べし、音質が良く、長時間使用しても頭や耳にやさしい機種を検討した結果、この機種を選びました。安くありませんが、音の再現性やバランス、広がりがよく、お値段相応だと思います。YouTubeのコンテンツによる音質の違いがはっきりわかります。唯一、コードが1.2mと標準的ですが長くないため、テレビに使いにくいのが残念です。もはやワイヤレスの時代のためか、延長コードでは高品質といえるものは売られておらず、本ヘッドホンに繋げると音がやや濁る感じがします。
びっくりするほど音楽が変わりました。価格の価値は十分あります。
満足です!
無線のもソニーは音質良いです。
すごく良い音です。音楽を聴くのが今まで以上に楽しくなりました。
素人の耳ですが、音がいいです。
ハイレゾを聞きたくて買いました。軽いし、いいですね。ヘッドホンのほうが楽なので暑い時期を避けて楽しみたいと思います。
ハイレゾバランス接続は正義かもしれない。

FiioのDAC、Q3を導入したのを機に購入。
やはり高音が100kHzまで伸びていると、聴こえ方が違う。
20kHz以上は聴こえるはずがない、という科学原理主義の方はとにかく対応機器と音源で自分の耳で確かめていただきたい。
おすすめの音源は、芸能山城組による、Symphonic Suite AKIRA 2016 ハイパーハイレゾエディション DSD11.2MHzバージョン。これで違いがわからないことは考えられないと思う。
ただし、箱が臭い!
バランス接続で納得の音質
本体が軽いのは良いが作りがチープに感じる
前機種より重量が軽くなったので装着感が良いです
PCに接続(DA経由)して毎日使っていますが、音質・デザインに満足しています。
ヘッドホンは初めてですが、SONYらしい音といいますか、良いです。
もっと早く買えば良かった。
音質は申し分ない。
最高です。同じ曲なのに、ヘッドホンでこうも違うんだ……と驚きました。
永年愛用してきたSONY MDR-1Aに比較して、高域の分解能が向上し、特にシンバルや金管楽器が輝きを増したことが実感できる。また、若干こもり気味であった低域も改善され、全域でクリア且つダイナミックな音に生まれ変わったように感じられる。この差異は、特にハイレゾ音源視聴時に顕著であるが、44.1kHz flac音源でも十分実感できる。ただ、コンデンサー型に比較すると、高域のリアルさが今一歩劣るのは、構造上/価格差からして、致し方ないかもしれない。