BOSE ボーズ Lifestyle 600 home entertainment system WH [ホームエンターテイメントシステム 5.1ch ホワイト]
  • ¥421,20021,060ポイント(5%還元)
  • 在庫残少 ご注文はお早めに!16時間以内に発送可能日本全国配達料金無料
ショッピングカートに入れる
  • ¥421,20021,060ポイント(5%還元)
  • 在庫残少 ご注文はお早めに!16時間以内に発送可能日本全国配達料金無料
  • ¥421,200
  • 21,060ポイント(5%還元)
  • 在庫残少 ご注文はお早めに!
  • 16時間以内に発送可能
ショッピングカートに入れる

BOSE ボーズ
Lifestyle 600 home entertainment system WH [ホームエンターテイメントシステム 5.1ch ホワイト]

商品満足度

5.0

購入の決め手(3)

  • 性能1
  • デザイン1
  • ブランド1

次も買いますか(0)

  • また買いたい0%
  • 買わないだろう0%
  • まだわからない0%
  • --0%
    • 約5カ月前にヨドバシカメラで購入しました
    • 購入の決め手:性能、ブランド、デザイン
買った翌週に20%OFFセール(-84,000円!!)が開始されたのが非常に納得いきませんが(笑、
思えば、例年3月頃はBOSE商品のセールが行われる確率が高く、
BOSE製品ほしくてもある程度待てる人は、セール時期を待ったほうが良いのかも。

この商品を見る人は、650と悩まれるかと思いますが、
650は部屋全体に響くのサラウンド感が強く、
600は特定のリスニングポイントへの指向性が高いです。
また、650は映画やドラマが得意ですが、600は音楽ソフト(ライブ映像、CD)が得意に思いました。

サブウーファーは部屋を揺らすかの如くの迫力で、この低音を出せてこそのBOSEだな、と思います。
まさにライブ会場さながらです。

また、この機器は単にソース音源を割り振られた通りのスピーカーで鳴らすのではなく、
設置状況から適切なスピーカーが相互に役割を果たす仕組みです。
従来のCD音源を再生してもサラウンドスピーカーから反響分のかすかな音が鳴り、
ボーカルはセンタースピーカーで鳴ります。
デフォルトは、この補正がかなり強い状態(映画向き)のため、
クラシック音楽を再生すると弱音部が強奏部より音が大きいという事態になるので、
設定変更すべき…ですが、その方法のマニュアルがないという、微妙な不親切(英語版もなし)。

4KHDRには対応していますが、最近流行りのDolby atmosやDTS:Xには対応しないようです。
それらに期待する方は、次世代lifestyleシリーズを心待ちにしてください。