EMOTION the Best 宇宙戦艦ヤマト 劇場版 [DVD]
  • ¥1,830183ポイント(10%還元)
  • 在庫残少 ご注文はお早めに!2021年6月18日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
ショッピングカートに入れる
  • ¥1,830183ポイント(10%還元)
  • 在庫残少 ご注文はお早めに!2021年6月18日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
  • ¥1,830
  • 183ポイント(10%還元)
  • 在庫残少 ご注文はお早めに!
  • 2021年6月18日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便がお届け
ショッピングカートに入れる

EMOTION the Best 宇宙戦艦ヤマト 劇場版 [DVD]

商品満足度

4.4

購入の決め手(15)

  • 価格6
  • ヤマト2199を観て4
  • 懐かしさ3
  • シリーズの原点2

次も買いますか(29)

  • また買いたい10%
  • 買わないだろう6%
  • まだわからない0%
  • --84%
このDVDはパソコンで見たので、小さい画面だったからブルーレイとたいした変わりは無く、十分満足できました。
完結編は見たことがなかったので、DVDを買ってよかったと思いました。
沖田艦長が生きていたというのはちょっと無理があると思いましたけれど、話題作りにはよかったかもしれないですね。
完結編といいましても最後の作品ではありません。
宇宙戦艦ヤマトのファンなので購入。
映画は、沖田艦長の物語です。
ストーリーは沖田艦長を主人公として構成されています。
いつでも観たい時に見られるように購入。
2人のうち2人が参考になったと言っています
旧シリーズの最終作です。
前作TVシリーズ「ヤマトⅢ」をご存知なくても特に問題なく楽しめます。


冒頭いきなり人命救助活動に失敗、更に謎の「ハイパー放射ミサイル」(最初のハにアクセントが来る点に注意笑)によってヤマトは大ダメージを受けてしまうのですが…、

どうもそのときの雪と古代の行動が納得いきません。
雪は古代が死んだと早とちりして衝動的に自殺を図ろうとするし、古代は判断ミスの責任を取って辞表を提出…。

シリーズを通じて描かれてきた二人の強さを考えれば、こんなその場しのぎの行動を取るとは思えません。辛くても生きて任務を全うするはず。 

まぁ感動や衝撃を演出するために人物像を歪曲させてしまうことが時々見受けられますが、それがよく「ツッコミどころ満載」と言われてしまう所以なのでしょう(苦笑)。


…ですが、ツッコミどころが気になるのは自分が歳を重ねて知識や経験が豊富になった証拠ですし、「壮大なスケールのスペースロマン」(笑)な物語にハマってしまえばそんな些細なことは気にならなくなる、「ヤマト」にはそういうパワーがあります!こればっかりは「ガンダム」以降の設定に隙のない作品には真似できません。
沖田艦長の復活にしても賛否両論あると思いますが、やはり威厳のある彼がいると画面が引き締まります。
おおらかな気持ちで観てあげてください、実際物語は大変面白いですから。


残念なのは画質の悪さ。
当時フィルムを70mmにするの35mmにするのと紆余曲折あったのが祟ったのか、「VHSビデオテープ3倍速重ね録り」かと思える(苦笑)酷い箇所もあります。
どの程度改善されているかは存じませんが、予算の許す方はBlu-ray版をお求めになった方が良いでしょう。
  • 7人が「いいね!」と言っています
    • ひげ男当時は見ませんでしたが、けンさんのレビューで一度みてみようかと考えています。
      2019年5月9日03:12
    • けンひげ男さん>そう言って頂けると書いて良かった…と思います。かなり強引なところはありますが(苦笑)結構見ごたえはあると思いますよ。
      2019年5月9日07:40
    • G太郎けンさん>当時は沖田艦長復活‼が嬉しかった‼ブルーレイ版購入は必須?(笑)
      2019年5月11日18:53
    • けンG太郎さん>初めは「そんなの反則でしょ~ッ!」と思うのですが、物語と沖田艦長の威厳に惹き付けられて気にならなくなっちゃうんですよね(苦笑)。ロマンで理屈をねじ伏せる、これがヤマトマジック(笑)!
      2019年5月11日23:28
2人のうち2人が参考になったと言っています
パッケージ裏には「1981年劇場公開作品」とありますが、正確には本作は1979年7月に「テレフィーチャー」という呼称でTV放映されたのが最初となります。
「これまでのあらすじ」で時間稼ぎすることもなくほぼ完全新作、劇場作品並みの尺でTV放映されたのはスゴいことですね。

ストーリーは古代守とスターシャの娘サーシャの登場、暗黒星団帝国の侵攻開始、デスラーとの共闘などこのあと続く「永遠に」「ヤマトⅢ」への橋渡しとなっています。
またヤマト新乗組員も多数登場するのですが、坂本と北野は結局以降登場しなくなってしまいました。物語の中でもう少し上手く成長させてやれなかったものか…とも思います。
また余談ですが、デスラー砲を受け付けなかった自動要塞ゴルバの司令官の高笑いは必聴!気持ちいいくらいの悪役っぷりですよ、フッハッハッハッハッ(笑)!

特典映像として、TV放映時にカットされたシーンが収録されています。
静止画の連続再生、音声はなく台詞は字幕ですが実際にはおよそ計10分にはなるでしょうか。
手元の資料によれば劇場公開時にはこれら未公開シーンが復活していたそうですが、その仕様でソフト化されなかったのは残念です。

ちなみにジャケットのイラストは、先の2作品は松本零士先生の原画を使用、本作以降3作品は川元利浩さん原画となっています。
  • 7人が「いいね!」と言っています
    • は~、もん~、80年代。そういえば、ヤマト作品の記憶が、
      2019年5月7日15:18
    • けンは&もさん>この後ガンダムが「踏み台にしたぁ~!?」とばかりに伸びていくわけですが(笑)、アニメが子供だけのものではなくなった時代の先駆けでしたね。
      2019年5月7日23:23
    • ひげ男この辺なんですかね?デスラーが第二のガミラス星を探していたのは。
      2019年5月9日03:05
    • けンひげ男さん>あっ、言われてみればデスラーにとっても「新たなる旅立ち」なんですね(笑)。私はほとんど観ていなかったのですが、この後「ヤマトⅢ」でガルマン・ガミラスを率いて再登場します。
      2019年5月9日07:34
1人のうち1人が参考になったと言っています
まずは、こうして往年の名作を低価格で鑑賞できることに感謝します。

アニメに限らず邦画全体がそうなのですが、DVDソフトの生産期間が短く、それでいて廉価再発売される機会もあまりないことを残念に思っています。
洋画のように「3枚で3000円!」とまでは望みませんが、良い作品をいつでも買えるような環境になって欲しいです。


さて作品についてですが、
TVシリーズ第1作めの総集編です。
それだけと言えばそれだけなのですが、まだ家庭用ビデオデッキやレンタル/セルビデオが普及する前のこと、当時のファンにとっては絶対観に行くべき作品だったのでしょう。

新作画はあまりなく、従来部分の修正も残念ながらほとんど行われていないようで、TVシリーズとの最大の違いは、

終盤ヤマトを出迎えるスターシャが実は既に…!

という点です。
但し劇場初回公開の約1年後にTV放映されたのを機にこの部分はTVシリーズと同様の展開に修正されたそうで、本ソフトではどちらのバージョンも鑑賞できます。
またその他、終盤イスカンダル到着より後に起きたアクシデントの数々がバッサリカットされたため、帰路は平穏無事な印象に変わっています。


現状TV1作めのDVD-BOXは既に入手困難になっていると思われますので、当時が懐かしい方はもちろん、これからシリーズの原点に触れてみたいという方、どちらも必見ですよ。



  • 7人が「いいね!」と言っています
    • G太郎デスラー親分が殴り込みに来て…の件もバッサリなのですね(笑)
      2019年5月5日19:53
    • けンG太郎さん>そうなんです、総統閣下は瓦礫に押し潰されたシーンで退場(苦笑)、だから雪がコスモクリーナーを起動させて仮死状態になることも、デスラー砲を空間磁力メッキで跳ね返すこともオミットされていますね。あと薮機関士の反乱もなし、ラストで窓から地球を見て喜ぶ乗組員達の中にしっかり描かれていました(笑)。
      2019年5月5日22:01
    • ひげ男半年で打ち切りになったものが、ここまで名作といわれるものになるとは思わなかったでしょうね。
      2019年5月6日22:14
    • けンひげ男さん>ファーストガンダムもそうですが、何となく観たくらいでは良さがわからないんですよね…(苦笑)。一話完結でない物語、しかも戦闘のない回もあるというのは小学校低学年以下には理解困難だし退屈でした。
      2019年5月6日23:02
やはり最初のヤマトが一番好きです
ヤマトの新シリーズを見て昔のも見たくなり購入しました。
ヤマトの新シリーズを見て昔のも見たくなり購入しました。
ヤマトの新シリーズを見て昔のも見たくなり購入しました。
懐かしくてまとめ買い。
懐かしくてまとめ買い。
懐かしくてまとめ買い。
2199を見た後だったので絵の見やすさは微妙でしたが、昔の作品にしては楽しめたと思います。
2199を見た人にとっては少し見にくいかと思いますが、登場キャラや声優さんの違い、ストーリーも異なっていっるので面白いと思います。
昔の作品であるのでストーリーがかみ合わないことがありますが、内容自体は楽しめるものになっていると思います。
ヤマト2199を観て、オリジナルを見たくて購入しました。時代を感じる画ですが面白かったです。
リメイクされた理由が分かりました。
昔懐かしい作品で突然見たくなって購入。廉価で嬉しいです。
宇宙戦艦ヤマトのアナログ版の最後の作品です。当時としてはスケールが大きく上映時間も2時間声です。