ビジュアル版 逆説の日本史〈3〉中世編 [単行本]
  • ¥1,65050ポイント(3%還元)
  • お取り寄せ
ショッピングカートに入れる
  • ¥1,650
  • 50ポイント(3%還元)
  • お取り寄せ
ショッピングカートに入れる

ビジュアル版 逆説の日本史〈3〉中世編 [単行本]

商品満足度

4.4

購入の決め手(0)

  • まだ投稿はありません

次も買いますか(6)

  • また買いたい16%
  • 買わないだろう0%
  • まだわからない0%
  • --84%
先生の漫画が出たら絶対面白いと思い、”江戸~”も購入しました。
定期購読中。
毎回、これまで知らなかった史実が書かれてあり、新たな知識が増えます。
継続購読中。
幕末の歴史を長州目線でもじっくり学べます。
明治維新後から西南戦争までじっくり日本の歴史を学べます。
幕末のことを薩摩目線でじっくり学べます。
幕末のことがじっくり学ぶことができる良作品。
西郷さんと大久保さん。2人が中心となって作った近代国家。欧米列強に追い付くために、たった10年で江戸を世界に誇る東京にした実績は大きい。西郷さんと大久保さん、意見は違えどお互い日本のために行動した改革者の偉業は計り知れないです。
高杉晋作による長州藩奇跡の大逆転。西郷隆盛、岩倉具視の巧妙な政治工作。そして徳川慶喜、勝海舟の決断。いろんなことが重なって大政奉還から戊辰戦争まで起こった激動の幕末。大まかな出来事だけでなく、それが起こるまでの小さな話や事件もくまなく知ることができる充実の一冊です。,,赤報隊の顛末はちょっとかわいそう。でもこの犠牲があったからこそ革命が完遂できたんです。徳川慶喜の弱気な決断があったからこそ新しい日本ができたんです。良い話悪い話全てが繋がって明治維新が成ったことがわかる一冊です。
第1巻からずっと継続購読中。
幕府の力に陰りが見え雄藩が力を持っていく。時代の流れがやってきて西郷さん高杉さんが動き出す。
長州、薩摩は外国と一戦交えて完敗し、今のままでは外国には勝てないと知り方針を変える薩摩と、変えずに突き進む長州。結果を知っているから言えるけど、幕末の長州がいかに無謀なことをしているかがよくわかる。これが帝国陸軍に繋がり悲劇を生む基盤になってしまったことは悲しい。だがこの国をも動かす熱い情熱がなければ時代が変わらなかったのも事実。怒涛の1864年が終わり次巻も非常に楽しみです。
ペリー来航後からちょっとずつ歴史が動いていくのがよくわかる。大きな出来事で言ったら桜田門外の変だけどそれが起こるまでの過程、その後の日本の情勢がどう変わっていくのかをじっくり知ることができた一冊でした。 司馬さんの幕末感に、この井沢さんの幕末感。どちらが正しいかではなくどちらも面白い!歴史って見る方向によってどうにでも捉えることができる。いいとこ取りして自分の幕末感を作り上げていく作業がこれまた面白いです。
継続購読中。
シリーズで購入しています。そろそろ簡潔でしょうか。
通史による日本史再検討。面白いです。
通史による日本史の再検討。是非とも完結させて下さい。
司馬史観とは違う幕末もの。井沢さんの本は面白い『猿丸幻視行』以来のファンです。