小林カツ代と栗原はるみ―料理研究家とその時代(新潮新書) [新書]
  • ¥88027ポイント(3%還元)
  • お取り寄せ
ショッピングカートに入れる
  • ¥880
  • 27ポイント(3%還元)
  • お取り寄せ
ショッピングカートに入れる

小林カツ代と栗原はるみ―料理研究家とその時代(新潮新書) [新書]

商品満足度

4.6

購入の決め手(2)

  • テーマに興味があった2

次も買いますか(1)

  • また買いたい0%
  • 買わないだろう0%
  • まだわからない0%
  • --100%
    • 約4年前にヨドバシカメラで購入しました
料理家の歴史はそのまま昭和の女性史でした。
    • 約4年前にヨドバシカメラで購入しました
    • 購入の決め手:テーマに興味があった
料理家ファンとして購入しましたが
日本の女性史として面白かった
    • 購入の決め手:テーマに興味があった
本書は料理家を時代に沿って論じた質の高い評論です。戦後、高度成長期以降に登場した料理研究家を社会情勢、時代背景、人々の暮らしかたから分析しています。また、料理家たちがどうしてその時代に活躍したのかを料理家のキャリアから読み解いています。
時短料理で革命を起こした小林カツ代。カリスマ主婦として時代の要請に応えた栗原はるみ。二人のスター料理研究家に多くのページを割き、料理研究家が家庭の料理に果たした役割が論じられています。
興味深いのは主婦について小林カツ代と栗原はるみの対応。小林は1994年「料理の鉄人」に出演して、鉄人陳建一に勝利します。このとき、テレビ局は「主婦の代表」というキャッチフレーズをつけようとしますが、小林カツ代はこれを断固拒否。一方、栗原はるみは有名になってからも主婦だと言い続けたといいます。
時代に沿いながらレシピを作ってきた料理家たち。その真実に迫った価値ある一冊です。