ロジカルに伝える技術―コミュニケーションの必須ツール「エッセイ・トライアングル」を装備しよう [単行本]
  • ¥2,09063ポイント(3%還元)
  • お取り寄せ
ショッピングカートに入れる
  • ¥2,090
  • 63ポイント(3%還元)
  • お取り寄せ
ショッピングカートに入れる

ロジカルに伝える技術―コミュニケーションの必須ツール「エッセイ・トライアングル」を装備しよう [単行本]

商品満足度

5.0

購入の決め手(2)

  • 帯のインパクト1
  • デザインの良さ1

次も買いますか(0)

  • また買いたい0%
  • 買わないだろう0%
  • まだわからない0%
  • --0%
    • Firoswiさんがレビューを投稿しました
    • 約2年前に購入しました
    • 購入の決め手:帯のインパクト、デザインの良さ
就職活動や初めてのプレゼンテーション。何を伝えようかとは熟慮するものの、どうやって相手にしっかり伝えようか、とは中々考えが及ばない。また日本ではそういう授業もほぼ行われないので、どうやったらいいのかも分からない。そこで「伝え方の技術書」になっているこの本を、ぜひ読んでみてもらいたい。
まず日本語は文法的に「簡潔に伝えにくい言語」だという事をご承知だろうか。例えば「お腹が空いたなら、ダイニングテーブルの上のお皿にあるおまんじゅうを食べていいよ」という一文だと、一番大事な「おまんじゅうを食べて良い事」は最後まで聞かないとは分からない。これが英語なら「Have the Omanju on the plate on the dining table if you feel hungry.」と、最初に大事な事が来る。だから英語圏の人々と会話をすると、「日本人は何が言いたいのか良くわからない」という結果を招く事になる。
この問題は日常のビジネスシーンでも痛感する事がある。(出来ない)部下から報告や質問を受けた時、要領を得ず一体何が言いたいのかさっぱり分からない事がある。言い訳めいた前置きが長くて、結局君は一体何が言いたいの?となるのだ。
本著は著者のアメリカ留学中、文法的にも内容的にも自信たっぷりだった英語論文に、落第点を付けられてしまったという失敗談から始まる。伝え方に問題があった事に気が付いた著者は徹底的に練り直し、同じ内容で見事Aを獲得する。伝え方を考慮するとこんなに評価が変わるのか、という興味深い実例だ。そしてここから、具体的でこまやかな伝え方の解説が始まっていく。色々な理論や分析、図式などを使ったその内容は深く濃く、実際ここまで考えて相手に伝えようとしている人がいるのか、いやそれが常識化している世界があるのかと正直驚かされた。
またこの本の白眉な所に読んでいて疲れない、飽きないという事がある。こういった技術書は、途中からアクビとの戦いになりがち。ところが本作品は途中に面白いコラムが入ったり、それ自体がとても興味深い実例を紹介してくれたりがあるからか、不思議なほど引き込まされる。むしろ一気読みに注意、ぜひ楽しみながらもじっくりと読んで頂きたい。
さらに最後の6章はDC6(Digital Chapter6)と称して、WEBへとリンクされている事がまた非常に興味深かった。練習問題が簡単に試せたり、参考文献リストを参照したり出来るよう工夫されている。本の中に閉じこもっていた自分に、ぱぁあ!っと外への扉が開いて光りが差し込んでくるような感覚でした。
著者の豊富な知識と経験、そして高い知性と豊かな感性から生れ出た名著。ぜひ誰にでも、手に取ってみて欲しい。相手にしっかり自分を伝えたくない人なんて、いるわけないのだから。