東京大学の先生伝授 文系のためのめっちゃやさしい統計 [単行本]
  • ¥1,65050ポイント(3%還元)
  • 在庫あり2021年8月7日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
ショッピングカートに入れる
  • ¥1,65050ポイント(3%還元)
  • 在庫あり2021年8月7日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
  • ¥1,650
  • 50ポイント(3%還元)
  • 在庫あり
  • 2021年8月7日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便がお届け
ショッピングカートに入れる

東京大学の先生伝授 文系のためのめっちゃやさしい統計 [単行本]

商品満足度

5.0

購入の決め手(2)

  • 内容(入門書としてのわかりやすさ)1
  • 見た目(ページを開いたときの見やすさ)1

次も買いますか(0)

  • また買いたい0%
  • 買わないだろう0%
  • まだわからない0%
  • --0%
    • 約3カ月前にヨドバシカメラで購入しました
    • 購入の決め手:内容(入門書としてのわかりやすさ)、見た目(ページを開いたときの見やすさ)
とても読みやすいので、「統計を勉強してみたい!」という人の最初の1~2冊め(※後述)くらいにオススメです。300ページほどあって、厚みも立派な単行本ですが、フォントがやや大きめでグラフやイラストも豊富(全ページ2色刷り)なのでサクサク読めます。読むのがラクなので、苦手意識を持つ前に読了できるかもしれません。
なお、同じ出版社から出ている「Newtonライト2.0『統計』」(ニュートンプレス、2020年、ISBN 4315522481)と、内容がかなり被ります。もちろん完全なコピペではなく、「Newtonライト」のほうがイラストが多くて本書(「めっちゃやさしい統計」)にはもう少し細かな説明があるので、「文言よりイメージ」派の人には「Newtonライト」を1冊めに、本書を2冊めにするとラクに内容定着が図れるかと思います。
上記2冊の後に、もう1冊だけ統計の概要を別視点から説明する入門書(できれば、たまに練習問題があって電卓を叩くような)を用意すると、統計の基礎的な部分をほどよく地固めできるのではないかと思います。