バンダイ BANDAI スーパーミニプラ SSSS.GRIDMAN 1個 [コレクション食玩]
  • ¥2,630
販売を終了しました
  • ¥2,630
  • 販売を終了しました

バンダイ BANDAI
スーパーミニプラ SSSS.GRIDMAN 1個 [コレクション食玩]

商品満足度

2.3

購入の決め手(7)

  • カッコイイ3
  • グリッドマンだから2
  • スーパーミニプラシリーズだから1
  • figmaのグリッドナイトと並べるため1

次も買いますか(1)

  • また買いたい0%
  • 買わないだろう0%
  • まだわからない0%
  • --100%
  • 2019年09月26日21:50(購入から1日)
  • 1人のうち1人が参考になったと言っています
    • 購入の決め手:カッコイイ
とにかく01のグリッドマン本体が見つかりません。
ECで4個注文すると、01~04のうち在庫があるものから無作為に選択され出荷されるでしょう(着荷するまで中身がわからないということ)

なぜ見つからないかと、下記のようにスーパーミニプラの販売形態と、商品の潜在需要に対する出荷形態がとられていないからです。

<販売形態>
 (形態a)フルパワーグリッドマンを組むための4個アソートパック(JANコード:4549660339087?)

 (形態b)グリッドマンを含む各種アシストウェポン(JANコード:4549660339083)
   01 グリッドマン
   02 バトルトラクトマックス
   03 バスターボラー&グリッドマンキャリバー
   04 スカイヴィッター

ヨドバシカメラでは上記の内、形態bの販売形態をとります。なぜかというと
 ・形態aでは、自ずと価格は高くなり顧客は買わなくなると、ヨドバシのバイヤーは思い込んでいる
  →たぶん、スーパーミニプラを買い求めるユーザであればグリッドマン本体のために、他の3つを同時購入することも厭わないでしょうね

 ・01 グリッドマン本体のみを追い求めるユーザの訴求に応える必要がある
  →SNSを見ていると一定の需要があるようです。これは販売者として応えねばなりません

 ・01~04に同じJANコードが割り振られているため、発注しても何が送られてくるかわからない
  →グリッドマン本体を補充するために、自ずと形態aでバンダイへ発注せざるをえなくなり
   02~04のアシストウェポンが余剰となり、最終的にはワゴン販売の対象となり、ショップのバイヤー的に面白くない

<出荷に対する要望>
 ・形態aは需要があるので継続。
 ・形態bについては、01~04へ個別にJANコードを割り振りを行う改善をする
  →メーカにとっては、今後同様の形態をとる商品の需要予測が立てられ、生産・販売計画に対し確度が増す(発注量及び売上増)
  →ショップにとっては、購買者の需要を満たしつつ、棚に無駄な在庫を抱えることがなくなり、売り上げ及び利益の増加が見込まれる
  →購買者にとっては、グリッドマン本体を単品又は複数購入したい人、フルパワーグリッドマンを組んで満足する人の住み分けが出来、
   今後もスーパーミニプラを応援していこうという機運が生まれる

以上
2019年09月25日
ヨドバシカメラで商品を購入しました