かむばら

かむばら

アクティビティ

購入商品(1)

  • 2017年07月24日13:54
自転車を使いにくい地域(電車で出掛けた先など)での移動速度向上のため、10年以上ぶりに買ってみました。
このモデルは結構な重さがあり携行性に少々難がありますが、短時間なら持って歩くのはさほど苦になりません。
重いぶん、十分な強度が期待できますし、なにより一般的なモデルよりも径の大きい車輪のおかげで走行安定性が高まっています。
前ブレーキはありませんが、それで重くなるのも困るし、なによりこんな構造で前制動なんかかけたらつんのめって転びかねません。スピードに注意すればさほどの問題はないはず。
いただけないと思ったのは、携行用ストラップを取り付けることが考慮されていない構造。上側(ハンドル付近)にはなぜかありますが、下側には取り付けられそうな箇所がありません。仕方なく取り付け用パーツを針金で自作してストラップを付けました。
あと気を付けたいのは、あまり長時間使うと股関節へのダメージが結構大きいこと。乗り過ぎ注意。
舗装路を長時間歩く用事があるけど自転車は使えない、というシーンでは結構有用なアイテムですよ。
  • 2017年06月15日23:02
なんか充電が遅すぎると思ってテスターをかませてみると、驚愕の数字が。
なんと0.46mAヽ(゚Д゚)ノ
これは消費電力の大きいアプリを利用していると機種によっては赤字(充電どころか減っていく)になる数字です。
よって充電ケーブルとしては完全に落第。もうまじで金返せ。
  • 2017年01月09日10:42
2人のうち2人が参考になったと言っています
小さい! それでいて出力も十分!
夜動かすには少々騒々しいが、十分に静音!
突っ込みどころが特に思い付きません。
職場用にもう1個買ったろうかと思いました。
  • 2016年06月01日20:56
1人のうち1人が参考になったと言っています
2年ほど使ったBluetoothイヤホンがついに断線したようなので交換。
このように、壊れやすい部分だけ交換できるこの仕様は大変合理的なのですが…
高いんですよねぇ。セットで買っても7000円しない場合すらあるんですよねぇ。
もう少し安くならない? と言いたいところですが、あまり安物にされても困りますし。
音質は十分よろしいと思われます。

割と雑な取扱(使わないときはくくって剥き出しでポケットに放り込む等)をしていた割には断線しにくかったので、耐久性も十分と思われます。
前のモデルは半年ももたなかったんですがね。
  • 2016年04月10日23:03
これほど残念な気分になった商品も珍しいです。
そう思ってしまった理由となる、致命的な欠点から先に書きます。
空気清浄機能、 ハ イ パ ー う る せ ぇ !
リビングに置いてると、TV視聴にも支障が出るレベルです。寝室なんて論外。
普通の空気清浄機が備えるレベルの静音動作モードを備えててさえくれれば…。
結局普段は電源を切ってます。何のためにコレ選んだんだか。
むちゃくちゃ高いですし。なんか私が買ってから間もなく1万以上値上がってますがな。

ただし。
私が指摘したい問題点は本当にこれだけ。
静音性を必要としない環境で使おうという方なら、満足度が高いかもしれません。
例えば、玄関に置くとか。花粉対策になりますよね。(当家は玄関に電源がないのでこの手は使えません)
デザインはかなり良いですし。結構スタイリッシュ。

どう使うかをよく考えてから、購入を検討されてはいかがでしょうか。
  • 2015年09月30日01:08
1人のうち1人が参考になったと言っています
この手の入力デバイスは個人の好みにより評価が相当分かれることを念頭に置いて読んでください。

前の前に使っていたBluetoothキーボードは、連打現象(チャタリング…だっけ)の頻発で使い物にならず。
前は有線キーボードにしたけど、コンパクトなモデルはなく、ついケーブル繋ぎっぱなしで持ち歩いていたせいで端子が損傷して接触不良に。
緊急に代替モデルを探していたところで、このモデルを発見。
無線に対する信頼度が著しく低い状況だったにも関わらず、このデザインとコンパクトさに惹かれ、この価格にも躊躇せず衝動買い。
結果的には、今のところかなり満足。
左右分離した形状がさすがに独特と言わざるを得ず、若干の慣れを要求します。
右のほうのキーが過度に小さいような。
なじめるかどうかは、人によってだいぶ違ってくるでしょう。
できれば店頭で試したいところだったんですが、いろんな店を回ったところ、これを見本展示しているところは1軒もありませんでした。高額だからですかね。

難点を先にいくつか書きましたが、そんなのを気にさせない様々なメリットを備えています。
まずそのサイズ。まじでCDケースほどしかありません。いつでもどこでも持って行けます。
その薄さからは信じがたいほどにしっかりした打鍵感触があります。
充電式ですが、その消費電力は著しく低いらしく、そうそう切れないとのこと(モバイルバッテリー持ってれば一切気にしなくてよさそう)。
密かにすごいのが、防滴設計。飲み物こぼしても無問題(端子部だけ注意。どうせ使用頻度低いし、キャップしとけば…?)。

要注意点。接続方式がBluetooth4.0です。
古い端末では使えないと思います。確認してから買いましょう。
Zenfone2で使ってますが、ペアリングも含めて超スムーズに繋がってます。

注意点2。Fキーがありません。
Fn/Cmdキーと数字キー同時押しで対応することになります。

外装が梨地。手触りはいいんですが、使ってる・持ち歩いてると痛みそう。キャリングケースは付属していません。
100円ショップのB6ケースがちょうどいいサイズでした。別にポケットを備えるケースであれば、スマホスタンド等も一緒に携行できますね。

一番の大問題が、使用方法の説明が著しく不親切なこと。
パッケージ内にはごく簡単な絵による接続説明があるだけで、詳細な取説は一切用意されていません。メーカーサイトにも無し。
こういうのの使い方に不慣れな人が、きちんと接続設定できるとは、とても思えません。
あと、外箱の開閉部分も本体同様マグネット方式になってるのは、何なんですかねぇ…。演出?

携行性が高いことから、ある程度の性能を持ったスマホ・タブレット端末があれば、いつでもどこでも長文入力作業を開始できます。それさえできれば、だいたいの仕事はこなせてしまうということ。あらゆる場所をオフィスにしてしまう、ある意味恐ろしいデバイスなのかもしれません。
心配していた連射現象も、未だ一度も起きていません。
少々お高いですが、ブランド物を買ったと思って、今は納得しています。
  • 2015年01月19日17:43
3人のうち3人が参考になったと言っています
ノイズキャンセルイヤホンを探していたものの、イヤホンだと結構高い。
そんな中、このお手頃価格のヘッドホンを発見。
持ち歩いて使うことを考えると、サイズの心配がありましたが、耳当て部を折りたたむことができるため、案外小さくしてかばんに収めることができます。
ただ、製品の性能としては価格相応。
耳をすっぽり覆うタイプではなく、耳たぶをずっと圧迫されるため、人によっては連続装着できないかも。
サイズ的に左右からの圧迫力が強いため、頭痛の原因になるかも。
(これらは私は1週間で慣れました)
音質はごく普通。
ノイズキャンセルの性能としては、かなり控えめな感じがします。電車のモーター音などの低音はきれいに消えてくれますが、人の声より高い音にはほとんど効果がありません。アナウンスや呼びかけを聞き逃さないのはいいかもしれません。
  • 2014年03月22日01:43
この超短いカラビナストラップは、WiiUフィットメーター等の活動量計の落失防止に最適です。
金属製でないので、取り付ける本体を傷つける心配もありません。
かといって、ちゃっちい作りでもないので、すぐに痛みそうではなく、長期的にお世話になりそうです。
  • 2014年03月22日01:39
    • 購入の決め手:割れない安全性、軽さ
    • 約7年前にヨドバシカメラで購入しました
ガラスじゃないから表面の平滑度がなく、写真の見栄えはどうしても劣ります。
しかしながら、信じられないぐらい軽いという決定的なメリットが。
扱いやすいし、万一落としても割れたりしないので安全。
カジュアルな用途に最適と思われます。使い分ければ幸せになれそう。
A3ノビプリンタをお持ちなら、軽い気持ちで1枚是非お試しを。
  • 2010年11月23日21:15
DTなのでAPS-C専用。よって画角は52mm相当になります。
正直、長いです。屋内での撮影に難儀する場合があります。
ただし、この画角がちょうど良いという状況においては、十二分の活躍が期待できます。
これまで、DT30mmF2.8 Macro SAMを主力で使ってましたが、あれより明るいおかげで、新たに撮影可能となったシチュエーションが発生しました。
最短撮影距離も十分短く、上記Macroみたいな異様な接写能力はいらないと感じます。
今後の付けっぱなしスナップレンズの主力となりそうです。
願わくば、このシリーズでもうちょっと短いレンズ出してくれませんかねぇ…24mmとか。
  • 2010年11月07日09:13
10年ぶりにプリンタを買い換えました。
搭載している機能の割には非常に安かったと感じています。
画質、特に罫線の印刷精度とカラーコピーの品位には驚きました。
有線LANにより我が家のほぼ全てのPCから扱えるようになり、かつプリンタ単体でも様々なことができ、利便性が非常に向上しました。

ただ、現段階で難点がひとつ。
旧機ではまず起きなかった、普通紙のマルチフィード(複数枚紙送り)が多発します。
テストプリントを繰り返している現段階において、発生率は1割を超えています。
用紙は旧機と同じものなので、用紙の問題ではないと思われます。
検出機能が無いのでしょうか?
今後、大量の普通紙文書印刷に使うと思われるのですが、正直言って不安になりました。
  • 2010年07月04日22:01
他社同等製品の中で最も安かったので購入しました。
自宅ダウンライトのクリプトン球の置き換えに使いましたが…
正直、室内照明用としてはかなり暗いです。
元々ついていた54Wのクリプトン球と比較して、光量で半分も無い感じ。
これは、あまり大光量の必要ない状況、たとえば読書灯や常夜灯で使うべきものかなと思われます。
ヨドバシカメラご利用開始