つなぺちょ

つなぺちょ

アクティビティ

購入商品(0)

まだ購入した商品はありません。
  • 2019年07月31日11:43
持っている50mmで一番好きなレンズです。
50mmF1.8と考えるとかなりの重さのレンズですが
F1.4と比較すればかなり軽くてコンパクトです。
一昔前のレンズは開放で霞がかったように眠い写りで少し絞るとシャープになるレンズが多かったのですが
このレンズは開放から信じられないくらいシャープで、画面端まで綺麗に解像します。
  • 2019年07月31日11:33
Sigma 35mm F1.4Artを愛用していましたが、Z7と合わせると大きく感じるのでZ35mmを購入しました。
Artの方が立体感もあり、ボケも綺麗な感じで解像感も高いです。
Zは隅々まで解像感があり、減光も少なく、フラットな印象です。
軽さと小ささは圧倒的にZです。
35mmの場合、1本で旅行に持ち出す事が多いので、こちらにして正解でした。
  • 2019年06月06日12:24
1人のうち1人が参考になったと言っています
Z6に感動して追加購入です。
Zマウントのあまりの軽さと画質の良さにミラーレスに完全移行しました。

D850相当のセンサーを積んでいますが
小さいモニターでは兄弟機のZ6と見分けが付かないくらい同じ写真が出ます。

RAWの補正も同じ結果になるので、安心して同時に使えます。
Z6とZ7のローパスフィルターの有無はよく見ないとわかりません。

記録メディアがシングルスロットの為、使い勝手やバランスはZ6の方が優れていると思います。
Jpegをスマホに同期したり、カメラ内RAW現像をする場合、全ての動作がZ6は速いです。
撮影できる枚数もZ6ならZ7の倍XQDに記録できるので一枚で済みます。
動画性能、高感度耐性もZ6が優れています。
画素数に比例してAFポイントが小さくなってしまうので、Z6の方がAFポイントが大きくて使いやすいです。

Z7の方が良い所は
トリミング耐性と細かいレタッチができる大きな画像です。
RAWで撮影してレタッチしたり、大きく印刷する場合はZ7がおすすめです。


  • 2019年05月29日00:07
瞳AFが追加されたのでミラーレスを試したくて購入しました。

FマウントとD850のシステムで十分満足していたので、
最初はZレンズのF4ズームやF1.8単焦点のレンズが割高な印象しかありませんでした。

実際に使用してみると、
Fマウントではありえない、軽さと小ささで
今まで以上の光学性能がある事に本当に驚きました。

無音に近く、高速に動くオートフォーカスなので
動画でもAFが使いやすいです。
ブリージングもありません。
ファインダー越しでもOKボタンで倍率を上げてピントの確認が簡単にできるのでマニュアルレンズも使いやすいです。

ミラーレス機は電子ファインダーのため、電子補正で歪曲など収差を補正した映像で見る事ができます。
トレードオフの関係だったレンズの収差も、光学ファインダーで見れるバランスを気にせず
電子補正しやすい収差は電子補正を前提にする事で高画質で軽いレンズができるようです。

AFに3Dトラッキングが追加されれば完璧だと思います。
Z6を購入した事でFマウントの限界とZマウントの可能性を感じました。


  • 2018年12月12日13:16
    • 購入の決め手:丸い発光部のデザイン、信頼感、基本性能の高さ
    • 約8カ月前にヨドバシカメラで購入しました
今までで一番使いやすいクリップオンストロボでした。
大きなダイヤルを回すだけで2.0〜10の間で光量を調節できます。

秒間5コマ以上のシャッタースピードでも光が綺麗で安定しています。
色温度もほぼ5500Kです。

初期ロットに比べて、今のロットの方がスイッチが硬めに作られていました。
発光部のズームリングも固く簡単に回らないようになっています。

バッテリーの持ちは単3電池式のストロボよりは持ちますが、Airを使っていると少し持つ程度です。
フル発光の光量はCactus RF60X>Profoto A1>SB-910

※注意※
メーカーで2018年12月31日までバッテリー追加キャンペーンを行っていますが
今回購入したものにはバッテリーがついていませんでした。

6,000円ほど安くなっているバッテリー+1の商品が掲載されているの見つけてショックでした。
これから買う人はこちらの商品ではなく、901202-BATTERYJP A1 [AirTTL-N JP + 1x Batteryとなっている商品を購入したほうがお得です。
  • 2018年07月31日14:58
重い作業はしない、文字を打つのと、映像を見るだけなら最高です。
USB-Cが1個だけなのだけは残念です。
せめて2個欲しいです。
  • 2018年07月31日14:55
他のレビューにもよく書かれていますが、耐久性に難がありました。
ほぼ毎日使って、8ヶ月でアクセサリがサポートされていませんとでて頻繁に接続がきれるようになりました。
これがアップデートによるものなのか断線によるものかわかりませんが、
コネクタを触ると接続が切れるので、断線かもしれません。
ケーブルが少し柔らかいゴムなので耐久性がないようです。
  • 2018年07月31日14:48
    • 約1年前にヨドバシカメラで購入しました
D800やD810で改善してほしかった所が全て改善されています。
文句のつけようがない完璧な1眼レフカメラです。
バッテリーグリップとD5のバッテリーがかなり高いのがネックです。
  • 2018年07月20日15:40
シンクタンクフォトなので、収納はかなり考えられていて、使い勝手抜群です。
革や金属パーツをところどころに使っているため、バッグの重さはそれなりにあります。

バッグはコシのない柔らかいウール調の生地を使っていて、金属や革の重みに持っていかれて歪みます。
中身を入れていないと商品写真のような綺麗な形は保てません。
ただ柔らかいバッグだからこそ、形状が自由で、多少無茶な入れ方をしても、収まります。
D850縦グリップ+望遠レンズをつけても、レンズを下にして入りました。

毛羽立ちのある生地なので、摩擦で毛玉ができるかと思いましたが、意外とできませんでした。
雨でかなり濡れた時、付属のレインカバーをつけなくても、水は入りませんでした。
Peak DesignとDOMKEの中間のような感じがします。
  • 2018年07月20日15:24
小型ライトスタンド2本
伸縮ポール1本
クランプ2個
バッグ1個
がセットになっています。
全てバッグ収まるので持ち運びしやすいです。
内には留め具もついています。
  • 2018年04月09日14:59
期待どおりの解像と大きなボケです。
85mmや105mmと迷いました。
最大撮影倍率が大きく写せる135mmを購入しました。
開放F1.8から最高の解像感があります。
F1.8でパープルフリンジが少しだけ出てくるのが
F2.8まで絞ると全て消えます。
  • 2018年03月16日13:01
性能は文句なしです。
操作性や最初の手順などはSynologyのRT2600acの方が使いやすいです。
2.4Ghzと5Ghzの周波数帯を自動で切り替えてくれる機能もついているのですが
Synologyは最初からONなのでSSIDが一つですが
ASUSのRT-AC86Uは設定しないとONになりませんでした。
  • 2018年03月16日12:54
1人のうち1人が参考になったと言っています
撮影用に購入
本体がとても大きくてびっくりしました。
リフレクター付きのソケットにはめる場合は注意したほうが良いです。
光はRa95だけあって、とても綺麗です。
Bluetoothで調光できるVタイプは電源スタート時、出力30%に設定されているようです。
いちいちアプリで100%にするのが面倒なのでSにしました。

  • 2018年01月24日10:54
音が静か
風量が凄い
髪がつやつやにはならないそうです。
  • 2018年01月24日10:52
消費税の自動計算に完全対応といいながら、無償提供は保守パックに入っていないといけないなど
新しい物を買わないとすぐに使い物にならなくなる印象が強い
  • 2018年01月24日10:48
1人のうち1人が参考になったと言っています
美味しいです。
スイッチを入れると一瞬で暖かくなります。
グラファイトは上だけなので、上側は瞬時に熱くなりますが、
下は普通のヒーターなので、熱くなるのに時間がかかります。
上側の方がこんがり焼きあがります。
  • 2018年01月24日10:45
ブライス用に買いました。
期待通りの可愛い服で妻も喜んでいます。
作り方も難しくはなさそうです。
  • 2017年11月22日12:39
DACを持ち運ぶのは面倒だし、イヤホンメインなのでこちらにしました。
音質は普通 音量は結構大きくなる アンプ効果大
ボリューム調整や操作が手元でできるコントローラー付き

ケーブルが太くてしなやかさがなくて、癖がなかなか取れない
タッチノイズも大きい気がする
  • 2017年11月22日12:35
2人のうち2人が参考になったと言っています
・良いところ
タンクが別体で勢いのあるスチームが絶え間なくでるのでハンガーアイロンに便利です。
最近流行りのハンディタイプだと3着くらいで水がなくなるのですが、
トゥイニーはタンクが大容量なのでたくさんの洋服にアイロンをかけられます。
タンク別体のため、ヘッドが軽く、長時間持ち上げていても疲れません。
ウールやニットなど、浮かせてスチームを使うアイロン掛けには、とても良いです。
温度は140度固定で、スイッチは電源ボタンとスチームトリガーのみというシンプルさも好きです。

・悪いところ
電源コードとホースの2本を収納するのに、穴があいているだけなので、とても収納しにくいです。
せめてコードリールにしてほしかった
アイロン台でプレスアイロンをかけるには形状が向いてない為、普通のアイロンよりはかけにくいです。
ヘッドに重さがない為、押し付けないとプレスできないのに、
取っ手が上部にないので、押し付ける動作がとても疲れます。
ヘッドが小さいので、かけ面以外も、全体的にとても熱くなります。
持ち運ぶためのロックも、タンクとヘッドを引っ掛けて止めるだけの作りなので、電源切ってすぐは火傷に注意です。
やっぱりフリームーブ等のカバーがあるタイプが持ち運びには便利
  • 2017年10月02日11:08
とにかく軽くて小さい、
基本は見るだけで、作るのは文章くらいにしか使わないという用途なら十分なスペック
第二世代でもキーボードは薄すぎて違和感があります。
イヤホン用のジャックはいらないから、USBポートを2つにしてほしかった
ファンレスなのでCPUに負荷をかけるとかなり熱くなります
ヨドバシカメラご利用開始