やっぱりMade in Japan!
やっぱりMade in Japan!
  • 2020年06月17日19:02
何ら問題なし。こんな素晴らしい製品、他にちょっとない。でもすごいシェアがあるのだから、多少は安くしてくださいな。
  • 2020年06月17日19:01
もう充電池はエボルタしかないでしょう。いまや珍しい日本ブランドが中華を寄せ付けない分野ですね。頑張れ、パナ!
  • 2020年06月17日18:59
案外、粒が大きい。そしてカプセルがちょっと喉にはり付きやすいので、結構大量の水と一緒に飲まなきゃダメです。
  • 2020年06月17日18:58
いうことなし。最高。まあ無理に難を言えば9V用(6P型)の充電池を出してほしいこと。仕方がないので、そっちはあまり信用していない東芝製品を買いました。今や安い中華充電池が巷に溢れていますが、やっぱり安全性と信用ですよ、こういうものは。
  • 2020年06月17日18:56
1人のうち1人が参考になったと言っています
この商品、あまり日を置かずに2度購入しました。と、言うのは、容量は結構入っていて、おそらく完全にはがれたソール左右一対ぐらいは貼れるのですが、使用するのに日を置くと、いくら蓋をしっかり締めておいても(次に開けるときに蓋が固着して明け難い位)中身は固まってしまい、するともちろんもう使えない(くっ付かない)のです。いろいろ調べると、この手のものは空気中の水分を吸収して硬化するようですね。で、いったん開封すると、蓋を閉めておいたくらいでは水分をシャットアウトできないのでしょう。つまり、使うときには、量に関わらず一回限り一気にやるものと覚悟した方がよさそうです。治したい靴が数足溜まるまで待つとか。(笑)
  • 2019年10月15日19:31
原液タイプも平行して使っていますが、やはり希釈しないで済むのは便利。特に活着後の挿し木等、「ひょっとして液肥が濃いと肥料焼けが危ないか?」と思われるケースなど、安心して使えます。注ぎ口はじょうろの様にシャワー状になるようになっていますが、適量(ボトルの横に線が引いてある)を使うのは至難の業で、どうしても出すぎます。で、単位量当たりで考えると液肥の値段にしてはものすごく高いので、その辺がネックではありますね。春・夏に咲き誇ったクチナシが、秋になってからまた蕾を付け始めたのはこれのおかげ?
  • 2018年07月27日08:48
2人のうち0人が参考になったと言っています
企画一流、実施三流!

ハイレゾ対応ヘッドホンとのセットで買いましたが、表題通り。音は好き好きですから(私は良いと思います)良いとして、何より256gbカードを2枚させ、本体と合わせ最大528gbまで録音できるので、ついにiTunesで囲い込まれていたアップル製品化「脱獄」できました。問題は電池の持ちと、ファームウェアのできの悪さ。空から満充電まで4時間かかります。で、再生は、アルバム4~5枚。カタログスペックの8時間再生は信じられません。充電中や再生中、製品がすごく熱くなる熱管理の問題かも。夏はポケットに入れられません(冬は良いカイロになるかも)。ソフトウェア面では、電源ボタン(物理スイッチ)の仕様蛾最悪です。通常のスマホやタブレットではめったに使わないシャットダウン/ブートは電源ボタン長押し+画面確認アイコンで行い、頻繁に使うスタンバイ/使用立ち上げは電源ボタン短押しですよね? ところがこの製品、前者はその通りなのですが、後者に相当する使い方ができないのです。電源ボタンを短押しすると、ディスプレイ表示のオン/オフにしかならず、再生を停止しません。だから、そのままだと、どんどん電池を消耗していくのです。では、いちいちシャットダウン/ブートすればよいではと思えば、ブートするとSDカードの同期だけで4~5分かかるのです。使うたびにこれでは、正直、音楽プレーヤーとして使用に堪えません。ちなみに私の場合、カードは256gbを1枚刺し、150gbほど録音しているだけ。もっとデータ量が増えたらどうなるのでしょう? 細かいことでは、再生中のぶつぶつ音切れ(ブルートゥースはもとより、有線ヘッドホンでも)等、とても使いにくいです。製品がすぐに熱くなり、電池がなくなるので充電しようとすると、充電ランプが点滅して充電不可(最初から仕様でそうなっています。「ランプが点滅している時は、時間が経ってから充電をやり直せ」と取説にあります。ちゃんと充電している時には点灯したままになります。つまり使用直後にはたいてい充電できません)。要するにパイオニア、やっぱりこの手の物を作る技術が無いんだわ。ガジェット類では電源管理と熱管理(熱暴走対策含め)が製品の使い勝手(と安全性!)の決め手ですが、この辺の詰めが大甘。無線技術も苦手なのがありあり。残念ながら、個人的には嫌いなアップル製品あたりのできの良さを改めて思い知らされました。
で、タイトル通り、企画一流、実施三流の製品、と。
ヨドバシカメラご利用開始