ココロの化学

ココロの化学

アクティビティ

購入商品(2)

  • 2019年11月17日22:17
1人のうち1人が参考になったと言っています
すばらしい本です。
内容は画像も文章も沢山。エイリアン設定資料としては完璧に近い画像資料(もちろんギーガー、メビウス、ロン・コッブ、クリス・フォスとリドリー監督の絵コンテ、撮影時画像、特撮模型等がどれもたっぷり)に各段階の脚本と製作過程のドキュメントが初期から公開後までと、設定資料に「メイキング・オブ・ブレードランナー」並みの制作ドキュメントがついた映画「エイリアン」関連本の決定版です。
原書よりちょいサイズ小さいのが残念ではありますが、多分それはあまり差にはなっていないのではないかと推測します(表紙は、オリジナルの方が好み)。
ただ、予約で注文して送られてきた時にはこの本だけが大きなプチプチ袋に(ビニール等の保護なしで)ざっくり入って送られてきたのでカバーがヨレヨレになって到着しました。
ヤクオフとかで安く売れた古本だってビニール袋に入れてキッチリ止めるのに・・・これは6600円もする本なので、とても残念でした。
星1つ無しはその為です。
綺麗な本が欲しい方は、よく考えましょう。
  • 2019年10月13日22:13
前作BotWが良すぎたせいか、あまり楽しくありません。リメイクとはわかっているし、ゼルダの基本は押さえてくれてるのでこれも悪くないんだと言い聞かせても、つい前作の方がやりたくなってしまいます。
その点で、ダウンロードで買ったのは間違いでした。カードで買って、クリアしたらとっとと売ってしまえると思った方が、やりがいはあったでしょう。
グラフィックも音も、綺麗です。ゼルダの基本たるアクションや謎解きは備えています。
でも前作の方が良い、というのは私だけでなく任天堂さんにとっても不幸な事ですが、これが正直な感想です。
どうせダウンロードで買うなら売り切れとか無いわけですから、次からは慎重に見極めてから買おう、とファミコン時代から何度もした後悔をまたしています。
  • 2019年10月07日23:00
残念!人工甘味料が入ってます。アスパルテーム、フェニルアラニン、スクラロース。こういったもののアレルギーというか1杯で口内炎のできてしまう私にはアウトでした。
味は良いので、私のような体質でなければおすすめです。
なので、自分にとっては星1つですが一般論として星3つにしました。
人工甘味料イヤイヤ組の同志にはウイダーのジュニア用をおすすめします。
いやー、明治でも昔はあったんだけどなくなっちゃったのかなぁ。
  • 2019年08月06日21:46
改悪されていましたので報告します。
前回(2018購入分)までと違い、裏のシートに細かい切れ目が入り、そのせいではがす時に小さく残ります。
はがし残しがあると困るんですよ!
なんでこんな改悪をしたのかさっぱりわかりません。
変更を指示した担当者の意見が聞きたいですが、いずれにしろウチではリピートしません。
さようなら。
  • 2019年07月19日17:45
当時を知る人には非常におすすめです。なつかしのカセットテープについて年代、ブランド別に、さらにTDKのMA-Rやソニーのスーパーメタルマスター、That'sのSUONO等、当時憧れの最高級カセットからウォークマン等の携帯カセットプレイヤーまで写真も豊富に集めた、めくるだけで楽しい本。
問題は手元に実体がほとんど残っていない事実ですが、これは仕方がありません。だからこそのこの本です。
是非買いましょう・・・あ、販売休止中か。
レビューが遅くて申し訳ありません。また出して下さい。それも買います。
  • 2019年07月17日08:43
1人のうち1人が参考になったと言っています
以前出ていた「1992-2005」版を持っていない人はとりあえず「買い」。お薦めです。
持っている人は?うーん、微妙。
とりあえずお目当ての「On Your Mark」についてレビューします。
音声が2ch、5.1ch(DTS-HDマスターのロスレス)、英語2chが選択可能、歌詞字幕が なし/日本語/英語で選べます。
ライカリールも収録されていますが、これはどうもLD時代のSD画像をそのまま使用しているのか、鮮明ではありません。是非録り直して欲しかったですね。
パッケージも他のジブリシリーズとは趣を変えてしまっているのが、どうなんだろうと思います。
と、ちょい不満はありますが、とりあえず一度は幻になりかけた「On Your Mark」が正当に発売されただけでも良しとしましょう。
  • 2019年07月12日23:09
これが新品として結構安く買える、という事だけで喜んでおくべきなのでしょう。
でも全体安っぽいし、色ももうちょっとオシャレにはならないもんですかねぇ。
無いよりは良いかと思いますが、「ときめくか」と問われればそうではありません。
このようなものしか製造できないとは、悲しいを通り越してあきれてしまいます。
昭和ドラマの撮影で、隅に置いておくだけならOKです。その程度。
  • 2019年07月08日22:32
2494本の日本で放映された海外TVの事典。細かいサブタイトルまでは載っていないが(それやったら広辞苑も超える厚さになるだろう)、それでも十分楽しめる海外TVドラマシリーズ好きには座右に置いておきたい1冊。
最初は良く知ってる作品を探し、次にうろ覚えのものを探し、最後はペラペラめくってタイトルを見てるとふと思い出したりするので脳内を発掘するような楽しみがある。
とりあえず気になるなら買っておくべきです。
  • 2019年07月03日23:11
毎年恒例(と思っていると突然終わったりするので必ず買ってる)の年間日本SF傑作選。
今回はまた傑作揃い。全15作収録で長くなるので、特にこれは!というのだけ挙げておきます。
◆上田早夕里「ルーシィ、月、星、太陽」
深海適応族ルーシィが光に導かれ発見した建造物。そこにはアーシャと名乗る姿を見せない知性が居て、この世界について、そして人類について語るのだった・・・
という「魚舟・獣舟」「華竜の宮」「深紅の碑文」のシリーズに連なる物語です。
SFの原点そのものみたいな作品だったので満足しました。
この作品を怖い・恐ろしいと思うのか、すごい!と思うのかはSF者かどうかのリトマス試験紙のような気がする。

◆円城塔「Shadow.net
攻殻機動隊小説アンソロジーからの収録。
自称元人間の顔認識プログラムの話。
円城塔氏の硬質な文章と攻殻機動隊世界とはまことに相性がよろしい。

◆小川哲「最後の不良」
流行を追いかけ続けたカルチャー・ライフスタイル雑誌。
しかし時代は変わり、断捨離どころか「流行をやめよう」という流れになって廃刊。
編集者の桃山は改造単車ゴッドスピード号に跨って「流行をやめよう」の総本山MLSを目指し・・・という近未来予言小説?基本軽いノリで書いてあるのだが、これが実際「Pen」に載ったという所が凄い。一般読者は「流行の滅亡」をどう思ったのだろうか?
あくまで軽いノリだが、オレらが乗っかったりしている流行とかライフスタイルって何?と考えてしまう、いやそれでも「流行を追わない」ってのも流行の1つなんじゃぁ・・・

◆我孫子武丸「プロジェクト:シャーロック」
パブリックドメインの人工知能による推理プログラム、プロジェクト:シャーロック。
全世界の人々の協力を得、実用的に高度に更新されていくが、その発案者が殺され・・・
という「今でもありそうな」ネット世界の出来事を楽しんでいると、一転謎の殺人推理ドラマになってる。
ちゃんとオチがあるが、個人的には前半のネット世界発展話がなにより楽しい。

◆彩瀬まる「山の同窓会」
サケみたいというか、女性は数回タマゴを生むと死に、男性もそういう事を何度か済ますと死んでゆく世界の物語。中には海獣になる人もいます。
へんてこりんな設定ではあるが、読めば自分の人生について何か考えちゃうとかある意味気が済むというか、そういう効果のある良い作品。

◆伴名練「ホーリーアイアンメイデン」
「お姉さまへ。私はもう死んでますけどこれから度々手紙を出しますから読んで下さいね」というような恐ろし気な手紙で綴られた物語。
この感じこないだも読んだような気がすると思ったが、それは百合特集のSFマガジンでも一等賞で恐ろしかった「彼岸花」の著者でした。こういうのお得意なんですね。結構好き。

◆松崎有理「惑星Xの憂鬱」
冥王星の発見から準惑星落ちまでとシンクロした、なんつーかSFドタバタ劇。
軽く読めるがそこかしこに惑星愛やSF愛が散りばめられていて楽しい。

◆小田雅久仁「髪禍」
髪の毛を信奉する(?)謎の教団の暗黒の秘儀を描く。
脱毛の話ではないのでその心配はいらない。
でもこれホラーだよね?SFじゃないよね?
とは思ったが上手いのでどんどん読める。
始めの方の「人生失敗しましたアタシ」な転落話さえ楽しめる。

◆宮内悠介「ディレイ・エフェクト」
2020年の東京に1944年の東京が重なってる、というお話。
44年だからこれから東京は空襲で焼け野原になるわけだが、そういう反戦・左翼的な話では無い所が上手い。
単純に2020の状況と敗戦前を比較して「来な臭い時代だね」というような話では無いのだ。
テーマの一部は次の長編に生かされる、という著者のコメントもあるので期待。

◆八島游舷「天駆せよ法勝寺」
宇宙を舞台にした仏教宇宙船(いや惑星も)の物語ですんげー組み合わせだが、「宇宙僧は冷凍睡眠などに頼らずとも(中略)新陳代謝を平均で28%まで落とす事ができる」とか書いてると妙に納得できるので不思議だ。
読んでおく価値はあると思う。
  • 2019年06月24日22:50
まぁ品質としては良いと思うので星4つは仕方が無いですね。
ただ前提として、もう使い捨て電池の時代じゃないですよ!
これからは充電式電池の時代です!
使い捨て型だと電池が消耗するまで使い切らないと損って気がしますが、充電式なら入替えを適度に行えば「リモコンが効かない」というような事態を避ける事ができます。
なので、ウチでは充電式電池中心で廻してます。栄光のサンヨー時代のエネループで。
  • 2019年06月23日17:35
この巻はバルト海戦役の決着編です。さらっと描いているように見えますが、アクションも人物描写も結構難しい展開をわかり易くやってくれるのはさすがです。
でもそろそろこの辺で目的地のヴィンランドへ行きませんか?史実上、どうなるかは(史実に沿えば)わかっているのですがトルフィンがどうするのか見たいです。続けて(兄弟分含め2冊ずつ)買いますので、どうぞよろしく。
  • 2019年06月21日22:05
気になっているならご購入をお薦めします。ちょい値段はお高めですが決して損はしません。
ゲーム音楽のCDから配信、カセットテープ媒体まで950も載っています。
ジャケット映像に解説が付いています。
解説は、主にゲーム音楽史上でのその作品の位置についてですが他にもいろいろ書かれていて発見があります。
ゲーム音楽好きなら見ているだけで楽しめます。
将来これを超えるデータブックが出ないとは限りませんが、現時点ではこれが一番ですし将来の為にもここは頑張って1冊買ってこの手の本の売り上げ実績を上げるべきだと思いませんか?
  • 2019年06月20日22:37
あまりオススメしません。
大きさはタテが11cm、幅が5cmちょっとで値段の割にはとても小さいと思います。
開封前から黄色のクチバシ部分に黒い点が見えるような状態で、作りは決して良くありません。非常に安っぽい作りです。
UFOキャッチャーのプライズとか、カプセルトイレベルの商品で、これで¥1260も取るのかい!という気がしました。
造形としては現在あるキョエちゃんグッズの中では一番良い感じなだけに残念です。
それでもたかが¥1260ですから承知で買うならそれもアリとは思いますが、番組中のキョエちゃんを愛でてる方が良いような気もします。
  • 2019年06月20日22:24
購入したいのですが、いつ入荷されますか? 続きを見る
    • 約5カ月前にヨドバシカメラで購入しました
本来これはヨドバシカメラ様から直接回答されるべき質問と思いますが、あくまで購入者としての参考という事で回答させて頂きます。
注文時には「お取り寄せ」となっていましたが、翌日に届きました。
ちょっと早過ぎて戸惑った位です。
内容についてのレビューもこれから書きますので、参考にしてください。
  • 2019年06月18日17:25
この巻ではかなり将棋とは離れてしまって残念です。
いろいろな読者が居て、色恋沙汰というか家族ドラマを求める人もいるのでしょうが、できればしっかり将棋ドラマを展開して頂きたいなと思います。
それと・・・長い!ハチクロが10巻できっちり終わった事を考えると、どうしてこうも長いのか?
主人公クンが自分の居場所を見つけたあたりで終了しても良かったんじゃ・・
本当は12巻くらいで綺麗に終わる方が人にも薦めやすいので(もう手遅れですが)希望を書いておきます。
  • 2019年06月12日08:12
1人のうち1人が参考になったと言っています
口内炎対策用に購入。
コスパも良いしパッケージも簡単なのが良い。お薦めです。
私は錠剤の糖衣で口内炎ができてしまうので、この製品のようなものが適しているのです。
その分いかにもビタミンBというような香りがしますので人前で飲む場合には注意です。
  • 2019年06月11日17:21
土屋さんの古生物の本は化石やイラストも多く、読み易いです。
ただこの本、紙がかなり硬くてソフトカバーなのに読んでいると手が疲れます。
「古生物たちのふしぎな世界」のような紙質で十分だと思うのですが。
そこが残念でー1。
あと、タイトルのサメ帝国の逆襲ってどこが?好きなサメの逆襲が知りたくて読んだのですがどうもそういう箇所は無かったようです。そもそもサメの出演回数が全体的に少ないような気もしますし。
それでまたー1です。
内容はちゃんとした古生物の本ですが、変に期待を持たせる煽り文句のようなタイトルは控えるべきです。
  • 2019年06月08日22:26
Z520等から比較して、少しずつ改良はされているようだしこの機種は大容量ながら安めなのでお薦めです。
【良い所】
再生としては0.8倍速というお年寄り?向けの低速再生ができるようになりました。自分は使いませんが親世代には良かったりするようです。
1.3や1.5倍速での字幕表示が可能です。時短をしたい方には有効です。
Z520では一部の有料チャンネル録画時に「録画失敗」の記録が残りましたが今回はその不具合は無いです。
3TBはさすがに大容量で、不足を感じません。いつも50%以上の空きを確保しておけるのはHDD的に良い事だと思います。

【まだ不自由な所】
ミニB-CAS使用がまず不自由です。他機との交換が大変です。自社で犯した失敗(一般的には、無い事になっていますが)を変な形で消費者に押し付けるのはどうかと思います。
3番組の同時録画が可能ですが、その際同じ番組の重複ができません。WOWOW等のコピー不可番組では1度の放送で複数録画したい場合があります。いろいろ試してみましたが、意地でもできないようになっているようで、ここははっきりと不自由です。Z260までなら(2番組までだけど)出来たのですが。
ダビングしながらの再生時にチャプター設定ができない。外部USBに転送しながらの編集は不可です。
そのチャプター編集に青・赤ボタンを使用しますが、これはZ260の頃のように編集用の別のボタンを付けるべきでしょう。やりにくいです。
リモコンの下部がカバーされており、開閉が必要ですが、何もカバーしなくても良いような気がします。開閉する手間だけ余計です。
かつての東芝機メインだったDVD-RAMは読込み、転送はできるけど番組消去とかディスク初期化ができない。ウチはまだX9が残ってるんで良いですけど、さっさとサポートを諦めてくれました。

【要望】
そろそろSSD録画を検討しませんか?
ミニBCASは止めて欲しい。
外部USBを「切る」というアクションが欲しい。下手なタイミングでUSBを切って事故になった(録画が失われた)事があるので。
パナソニックは時刻表示くらいは有りに戻りました。あまり無理にケチらず状態表示くらいしましょうよ。

  • 2019年06月03日17:06
ホリエモンの本というと、結構軽く書き飛ばしたようなものもありますが、この本は結構リキ入れて作ったのではないでしょうか?
題名の通り、仮想通貨とこれからのお金の未来について、詳しく書き込んであります。勉強になりました。
読んで損はしないと思いますが、現実の方も凄い勢いで展開していますので、読むならお早めに。
仮想通貨って話題も、今はもうちょっと古びた感じもありますからね。
  • 2019年06月03日16:59
安いし厚くもないので仕方が無いような気もしますが期待外れでした。
何が「かけがえのないもの」なのかがわかるかと思って読んでみたのですが、残念です。
あとがきを読むとこれは各地での講演録から起こされたもののようで、そのせいで散漫な印象の本なのだと思います。
個別の話は興味深いと言えば言えるのですが、話題が散らばっているので私程度の読み手ではどうしても印象がぼやけてしまいます。
作者が優れた知性の持ち主である事は確かですし、話もそれなりだとは思いますが、私には必要のない本でした。
ヨドバシカメラご利用開始