ヨドバシ・ドット・コム会員お買い物プロテクションご利用規定

1.補償内容

ヨドバシカメラのインターネット通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム (www.yodobashi.com)」(以下、ヨドバシ・ドット・コムという。)の個人会員が、ヨドバシ・ドット・コムおよびヨドバシカメラ店頭にて購入した商品について、破損、盗難、火災などの偶然かつ外来的な事故により損害を被った場合、これを補償いたします。
(注)この内容は概要を説明したもので、実際に保険金お支払いの可否は動産総合保険普通保険約款および特約に基づきます。

補償期間は以下のとおりです。
保険の対象 補償期間
カメラ、テレビ、パソコン、タブレット
(当該商品と併せて使用する目的で同時購入されたアクセサリー・周辺機器を含みます)
購入日より180日間
1個20万円以上(税込)の商品
(自転車、ゴルフクラブは除きます)
購入日より180日間
上記以外 購入日より90日間

2.対象となる会員

ヨドバシ・ドット・コム個人会員(以下、単に「会員」という)に限ります。
このヨドバシ・ドット・コム会員お買い物プロテクションご利用規定(以下、本規定という。)の適用日以降に会員としてヨドバシ・ドット・コムで購入またはヨドバシカメラ各店舗にてヨドバシカメラが指定する会員証を呈示して購入した商品につき、本規定のとおりのヨドバシ・ドット・コム会員お買い物プロテクションのサービス(以下、本サービスという。)が受けられます(事前にご通知いただく必要はありません)。
(注)会員は、本規定、ヨドバシ・ドット・コム会員規約、ゴールドポイントカード口座利用規定を含む全ての関連規約並びに使用条件等(これらを、以下併せて「本規約等」という。)により会員資格の取消しを受けたとき、または退会手続きをとられたとき、その他ヨドバシカメラが、本規約等に会員が違反したと認めた場合は、本サービスを利用することはできません(本サービスの補償手続中であっても、打ち切りとなり、補償はいたしません)。

3.本サービスの終了・変更

ヨドバシカメラは、本サービスを終了または変更できるものとし、その終了はヨドバシ・ドット・コムのサイトに3日前に予告した日が到来したときに、また、その変更は同サイト上の本規定の記載の変更をしたときから、その効力が生じます。ただし、その変更前に会員が補償対象となる事故で損害を被ったときに適用された本規定は、その後も当該補償の手続きについては効力を維持するものとします。

4.期間中の補償限度額

保険の対象 支払限度額
(1個につき)
自己負担額(免責)
(1個につき)
自転車 15万円 7,000円
ノート型パソコン・ワープロ・タブレット端末等の携帯式電子事務機器および付属品 15万円
上記以外 100万円
請求期間 損害が発生してから45日以内
対象地域 日本国内・海外、どちらで生じた損害も補償
補償限度額:1事故あたりの補償金支払いの限度額です。

5.お支払いする保険金の額

次項で定める補償の対象となる商品を購入いただいたことが判るお買い上げ票、納品書や領収書の控、ご注文商品発送時のご連絡メール、ご注文履歴情報等よりヨドバシカメラが確認した、事故により損害を被った購入商品の1品の購入金額(ただし、修理が可能な場合は修理金額か購入金額のどちらか低い金額とし、複数商品をセットで購入されて個別の購入金額が明らかではないものは、ヨドバシカメラが同一品または類似品のそのときの各個別の販売価格を基準にして按分して割り付ける方法か、その方法に準じてヨドバシカメラが適宜に判断する方法で、個品の購入額を決定します)から自己負担額を控除した金額を補償いたします。ただし、会員1名につき、上記補償限度額を限度とし、1事故あたりに損害を被った購入商品が複数品になる場合の自己負担額は当該購入商品1品につき7,000円となります。また、お客様が当該損害を補償する他の保険契約がある場合はその保険契約を優先利用していただきます。

6.補償の対象となる商品

本規定の適用日以降にヨドバシ・ドット・コムにて購入した商品及びヨドバシカメラ各店舗にてヨドバシカメラが指定する会員証を呈示して購入した商品が対象となります。ただし、以下に例示するものは、補償の対象外です。
上記に加え、本サービスにて補償対象となる場合において、修理などの ため郵送費用が発生する場合はその実費を補償します。
【補償対象外の商品の例】
(1)携帯電話・スマートフォン・ポケットベル等の携帯式通信機器およびこれらの付属品
(2)テープ、カード、ディスク、ドラム等のコンピュータ用の記録媒体に記録されているプログラム、データその他これらに類するもの
(3)船舶(ヨットおよびモーターボートを含みます。)、航空機、自動車(自動三輪車、自動二輪車および原動機付自転車を含みます。)、雪上オートバイ、ゴーカートおよびこれらの付属品
(4)通貨、有価証券、印紙、切手その他これらに類するもの(商品券およびプリペイドカードを含みます。)
(5)稿本、設計書、図案、帳簿その他これらに準ずるもの
(6)ハンググライダー、パラグライダー、サーフボード、ウィンドサーフィン、ボディボード、水上スキー、ラジオコントロール模型およびこれらに類するものおよびこれらの付属品
(7)義歯、義肢、眼鏡、コンタクトレンズ、補聴器その他これらに類するもの
(8)動物および植物等の生物
(9)書画、骨董、彫刻、美術品その他これらに類するもの
(10)不動産および不動産に準ずるもの
(11)会員が従事する職業上の商品となるもの
(12)食料品
(13)本補償にて再購入した商品
(14)会員が会員以外に譲渡したもの
(15)個人でないご登録会員による注文のもの
(16)お受け取りが会員以外の注文のもの
(17)会員個人のご利用ではないもの

7.補償の対象とならない主な損害

・会員または保険金を受け取る者の故意によって生じた損害
・補償の対象となる物品の自然の消耗、性質によるさび、かび、むれ、変質、変色その他類似の事由
またはねずみ食い、虫食い等によって生じた損害
・補償の対象となる物品の欠陥によって生じた損害
・戦争、暴動、その他の事変によって生じた損害、国または公権力の行使によって生じた損害
・核燃料物質によって汚染されたものの放射性、爆発性その他の有害な特性によって生じた損害
・紛失または置き忘れによって生じた損害
・降雨等による水濡れ、水災、地震または噴火によって生じた損害もしくはこれらに随伴して生じた損害・詐欺または横領によって生じた損害
・故障による損害
・物品の誤った使用によって生じた損害
・物品の配送中に生じた損害
・保険の対象のうち商品の組立て中に生じた損害
・保険の対象のうち管球類単独に生じた損害
・単なる外形上の損傷で保険の対象の機能に直接関係のない損害
・温度・湿度変化または空気の乾燥によって生じた損害
・ゴルフ用品(ゴルフクラブを除きます)・テニス用品等の運動用具および釣具に関する使用中の破損・汚損
・楽器の弦の切断・打楽器の打皮のみの損害
・地中または空中に浮遊している間に生じた損害

8.損害発生の際のお手続きについて

補償の対象となる損害が発生したら、直ちに下記事故受付センターにお電話にてご連絡ください。
後日保険会社より保険金請求書類を送付いたしますので下記の必要書類を添付のうえご返送ください。
  破損事故 盗難事故 火災事故 その他
の事故
備考
保険金請求書 必要事項を記入のうえ署名・捺印ください
ご本人確認書類
免許証・健康保険証等の写し
会員ご本人様と分かる資料をご提出いただきます
罹災証明
盗難届出証明書
    所轄の消防署・警察署でお取り付けください
修理見積書
領収書
  修理先でお取り付けください
お買い上げ票・
納品書・領収書等
補償の対象となる商品を購入いただいたことが分かる書類
損害を受けた現物    
損害状況写真    
その他関係書類 必要な場合は保険会社よりご連絡させていただきます
注)
(1)◎印は必要な種類、○印は場合によって必要な書類です。
(2)全損の場合は、原則として購入商品を回収させていただくことがあります。
(3)上記各書類はコピーではなく本紙をいただきます。
(4)盗難事故の際に警察で盗難届出証明書を発行しない場合は、盗難届出受理番号が必要となります。
(5)上記書類が取り付けられない場合やご記入いただいた内容が事実と相違している場合には、保険金のお支払いが出来ない場合がございます。
損害が発生してから45日以内にご連絡ください。

9.代位求償

損害が第三者の行為によって生じた場合、本サービスの引受保険会社が保険による補償金を支払った時は、同保険会社は損害を受けた商品および会員が第三者に対して有する一切の権利を支払額を限度として取得します。

10.損害防止義務

会員は、事故が生じたときの損害発生の防止および軽減に努めなければなりません。

11.準拠法

この補償を提供する保険契約は、日本国の法令に基づいて行われたものであり、会員が補償の請求を行う場合も日本国の法令を適用します。
本内容は保険の概要を説明したものであり、保険サービスの保険金のお支払いの可否は、普通保険約款および特約に基づき、引受保険会社が判断しますのでご了承願います。
本サービス提供に関して、保険金請求に関するヨドバシ・ドット・コム会員情報やご注文情報などを引受保険会社および支払いに関する関係先に提供することがあります。


引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社
附則
本規定は、2014年10月28日から適用します。
2015年10月1日 改訂