エアコン設置工事

エアコン基本工事とは

ヨドバシ・ドット・コムのエアコンの価格は、基本工事費抜きの価格です。
エアコンの設置は、取り付けをする環境によってエアコン基本工事の他にオプション工事が必要な場合があります。
ご注文前に、室外機置き場や配管穴などをご確認ください。
基本工事
エアコン標準設置工事: 10,780円(税込)から

・冷房能力3.9kwタイプまで。

・配管パイプ(室外機から室内機までのパイプ)
 取り付け4m未満まで(露出タイプのみ)

・室外機設置置用台(プラロック)。
 設置場所が平地置きかベランダ置きに限ります(その他別途料金が必要です)
複数ご購入の場合は、ご購入数だけ標準取り付け工事代金がかかりますので、あらかじめご了承ください。

エアコン(室外機)設置場所のチェック

高さ55cm×幅80cm×奥行き30cm以上の室外機設置スペースがありますか?
エアコンをご使用になるには、室外機の設置が必要です。メーカーにより異なりますが、室外機の標準サイズは目安として高さ55cm×幅80cm×奥行き30cmです。できるだけエアコン(室内機)に近い屋外に標準サイズに余裕をもたせた設置スペースがあるかどうか、ご確認ください。
設置スペースがある場合

設置スペースがある場合
標準取り付け工事でOK!

室外機の横幅と奥行きが5cm以上・前25cm以上の余裕がある平地置きと、ベランダ置きの場合は、標準取り付けになります。
設置スペースがない場合

設置スペースがない場合
オプション(特殊取り付け)工事が必要

スペースがない場合は、壁や天井に室外機を設置。オプション(特殊)工事となります。
寒冷地仕様の住宅は、別途費用がかかります。あらかじめご了承ください。
埋設配管(隠蔽配管:建物の壁の中にエアコン用配管パイプが埋め込まれているタイプ)の場合は、取り付けできない場合がございます。
換気機能付のエアコンは、室内配管が5m以上になると、お取り付けできない場合がございます。

エアコン(室内機)取り付け位置をチェック

まずは、室内機の設置可能な寸法(高さ、幅、奥行)を確認して下さい。買い換えの場合は、現在の室内機の高さ(室内機本体の下から天井までの寸法)、幅、奥行の寸法を測って下さい。
窓やカーテンレール、カーテンボックスがある位置に室内機を設置する場合、その対象物の上から天井までの寸法と、ボックスもしくはレールの奥行の寸法をチェックしてください。

※メーカー共通事項として、設置した室内機の上部は天井までの高さで必ず5~10cmは開けなくてはなりません。

室外機オプション工事

図1
図2
運転によって機内に貯まった水を排出するためのドレンホースは、エアコンをご使用になるために必ず必要です。
そのため、エアコンの設置と同時に穴をあける工事を行います。ない場合は、穴あけ工事が必要となります。(有料)

・穴あけ工事 3,300円(税込)から
・貫通スリーブ 1,650円(税込)
配管穴の位置
・部屋の内外で、穴の位置が同じ →ほぼ全メーカーのエアコンが設置可能です。
・部屋の内外で、穴の位置が異なる →設置できるエアコンが限定されます。

建築時に壁の中に配管を埋め込む「隠ぺい配管」の場合は、内外で穴の位置が異なります。注文住宅やマンションに多くあります。
隠ぺい配管の場合は、次の機能のエアコンは設置できません。
  ・換気機能付きエアコン
  ・加湿機能付きエアコン

また、太さが1.6mmのケーブルを使用して隠ぺい配管が施工されている場合、設置可能なエアコンはダイキンと三菱の一部機種のみとなります。
ご不明な場合は、工事当日に設置業者が確認いたしますので、安心してお任せ下さい。
換気機能・酸素チャージ機能のついたエアコンの設置について
換気機能や酸素チャージ機能のついたエアコンは、従来の接続配管以外に、換気ホースや酸素用チューブを配管穴に通す必要があります。
そのため、配管がすでに壁内に埋め込まれている場合(隠蔽配管)は、設置することができません。別途、換気ホースや酸素用チューブを通す穴を設けられる場合は、設置可能です。
また、換気ホースや酸素用チューブは、メーカーにより異なります。
商品に同梱されていますが、同梱のホースの長さより延長が必要な場合は、別途、各メーカーの延長ホースのご購入が必要です。
ご要望のお客様は、設置工事のご相談の際に、オペレーターにお申し付けください。換気ホースが長くなると、換気機能は若干低下します。
室内機から室外機を置く場所までの配管ホースの長さが4m以上の場合は、1mごとに別途代金が必要となります。
配管の太さによっては、別途代金が必要な場合があります。
室内カバーの結露を防止するための断熱テープ対策(配管断熱)は別途料金が必要となります。
図4
代金はあくまでも目安です。設置工事当日、お伺いした工事担当者に、直接お支払いをお願いします(直接お支払いいただく工事代金は、ポイント還元の対象となりません)。なお、コンクリート壁の穴あけ工事や専用コンセントのための電気工事などは、ご要望に応じて事前のお見積もりを承ります。ヨドバシ・ドット・コム専用電話 03-5363-2028(年中無休  9:30-22:00)にご相談ください。
標準設置工事10,780円(税込)から
室外機取り付け屋根置き・天井吊り・壁面つけ:
標準設置工事+11,000円(税込)

屋上置き:
標準設置工事+5,500円(税込)

2段置:
標準設置工事+13,200円(税込)
埋設配管接続料6,600円〜
穴あけ工事木造・モルタル:3,300円(税込)
ALC・タイル:4,400円(税込)
コンクリート(18cm):14,300円(税込)
コンクリート(23cm):17,600円(税込)
貫通スリーブ1,650円(税込)
配管断熱2,200円/m(税込)
配管延長2分3分:2,200円/m (税込)
2分4分:3,300円/m (税込)
配管カバー(2mまで) (室外)
2分3分:5,500円(税込)
2分4分:8,800円(税込)
配管カバー(1mまで) (室内)
2分3分:7,700円(税込)
2分4分:11,000円(税込)
換気機能付き出口加算1,100円(税込)
既設カバー再使用2,200円(税込)
エアカットバルブ設置2,200円(税込)
スライダー作業5,500円(税込)
見積出張料3,300円(税込)

室内機オプション工事

図3
エアコン専用コンセントの有無
「配管穴」のそばにエアコンの専用コンセントがあることと、「エアコン用コンセントの形状」をご確認ください。
※新規取り付けの場合は配管穴が開いていないことが多いので、天井近くに専用コンセントの有無を確認してください。

年数の経過しているエアコンの買い換えの場合、床付近のコンセントから延長コードで伸ばしている場合があります。
この場合、基本的には専用コンセントではない為施工ができません。専用コンセントを増設工事が必要となります。(別途工事料金が必要となります。)

エアコンは機種によって電源や電気容量、プラグの形状が決まっています。
事前にご確認いただけば、ご購入の際に変更の有無が分かります。また、ご自宅のブレーカーボックスのふたを開け、いちばん大きなブレーカーをご確認いただければ、何Vの電源を利用しているかがわかります。変更が必要な場合でも、簡単なお手続きで変更が可能です。
電気容量(アンペア)対応表
  北海道電力 東北電力 東京電力 九州電力
10A ■黒 ■黒
15A ■黒
20A ■黒
30A ■黒
40A
関西電力では、ブレーカーの色分けはされていません。
14畳以上のエアコンは200V、30アンペア以上が必要です。
電源の種類
電源は2種類あります。
・単相100V
一般のご家庭にある電源は、100Vの仕様になっていることがほとんどです。200V仕様の製品をご使用になる場合は、切り替え工事が必要です。
適用畳数14畳以上のエアコンは、ほとんどが200V仕様です。

・単相200V
エアコンなどの200Vの電力を必要とする製品に使用する電源です。
周波数は地域によって異なります。関東地方は50Hz、関西地方は60Hzです。

標準撤去工事とリサイクル回収

設置と同時にエアコンの取り外し工事が必要な場合は、ご注文と同時に申し込みできます。
標準の取り外し代金は4,400円(税込)です。リサイクル回収には、別途料金が必要となります。
図5
回収製品のメーカーによっては、標準料金が異なる場合があります。

エアコン設置工事のお問い合わせ

大型家電 設置・取り付け工事サービス

大型家電 設置・取り付け工事サービス