株式会社ヨドバシホールディングスが開発を進めております
ヨドバシ梅田一体開発「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」ホテル計画の
出店者を「株式会社阪急阪神ホテルズ」に決定いたしました

2018年8月7日


株式会社ヨドバシホールディングス(本社:東京都新宿区、代表取締役 藤沢 昭和)は、JR大阪駅北口で現在建設中の「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」ホテル棟の出店者を、株式会社阪急阪神ホテルズ(本社:大阪市北区、代表取締役社長 藤本 和秀)に決定いたしましたのでお知らせいたします。
ホテルは「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の高層部である9階から35階にあり、約1,000室の規模で、大阪市内でも最大級となり、国際観光都市として発展が加速する大阪の玄関口にふさわしい宿泊施設となります。
本計画は、2013年3月8日付け大阪市都市計画決定により、株式会社ヨドバシホールディングスが都市機能の強化・拡充および都市のにぎわいの創出を貢献することを目的として開発を進めてきたもので、大阪周辺地区で年々増加する国内外からの観光やビジネス客のニーズに対応できる宿泊施設の充実を図る役割を担っております。
当社は、この度、国内屈指のホテルグループである株式会社阪急阪神ホテルズを出店者として決定し、2020年初春のホテル開業を目指します。

■(仮称)梅田タワー イメージ

(仮称)梅田タワー イメージ
※ホテルブランド名は未決定です
※パース・デザインはイメージです
所在地:大阪府大阪市北区大深町1-1
施設概要:地上9階~35階(ホテル部分)
客室数:約1,000室
ホテル開業予定:2020年初春