梅雨対策特集

ジメジメする梅雨の季節を快適に過ごそう

春から夏にかけて雨の日が続く「梅雨」の季節。湿度が高くジメジメして不快に感じる事も多く、気分も落ち込みやすい時期です。
外出時はもちろん、家の中でも快適に過ごせるよう、対策アイテムをしっかりと準備しておくことが大切です。

雨で洗濯物を外に干せない際の部屋干しを助ける衣類乾燥除湿機や、しっとりした布団をカラッと乾かす布団乾燥機、除湿、換気に役立つエアコンやサーキュレーターなど、梅雨対策に役立つ家電製品を多数品揃え。
傘や長靴などの雨具をはじめ、防水スプレーや除湿剤、洗濯用品やお掃除用品も幅広くお取り扱い中です。
梅雨対策アイテムの準備もヨドバシ・ドット・コムにお任せください。

梅雨って何?

梅雨は春から夏へ季節が移り変わる時期に雨や曇りの日が多く現れる季節現象です。北海道と小笠原諸島を除く日本、朝鮮半島の南部、中国の南部、台湾など、東アジアの広範囲においてみられます。
1か月から1か月半程度の期間が一般的で、停滞前線(梅雨前線)が、南北に移動を繰り返しながらゆっくりと北上します。
梅雨前線が停滞して活発化すると大雨で災害が発生する一方、夏以降の水不足への備えとして大切な恵みの雨でもあります。

梅雨の入り明けには数日の遷移期間があります。そのため、梅雨の入り明けの時期は、「遷移期間の概ね中日」の日付を用いて「○月○日ごろ」と表記されます。

「2023年6月10日の天気図」(気象庁ホームページより)

2024年の梅雨はいつ?

2024年5月21日に沖縄・奄美地方の梅雨入りが発表されました。
6月8日には九州南部が、9日には四国が梅雨入りとなりました。
6月21日に近畿、東海、関東が梅雨入り、その後北陸、東北も梅雨入りとなり、本州~九州の全域が梅雨入りを迎えたことになります。

本州の梅雨入りよりも早く、2024年6月20日に沖縄地方の梅雨明けが発表されました。
2024年の梅雨明けは、全国的に平年並みかやや早い予想が発表されています。

地方梅雨入り平年差昨年差梅雨明け平年差昨年差
沖縄5月21日ごろ11日遅い3日遅い6月20日ごろ1日早い5日早い
奄美5月21日ごろ9日遅い3日遅い6月23日ごろ6日早い2日早い
九州南部6月8日ごろ9日遅い9日遅い
九州北部6月17日ごろ13日遅い19日遅い
四国6月9日ごろ4日遅い11日遅い
中国6月22日ごろ16日遅い24日遅い
近畿6月21日ごろ15日遅い23日遅い
東海6月21日ごろ15日遅い23日遅い
関東甲信6月21日ごろ14日遅い13日遅い
北陸6月22日ごろ11日遅い13日遅い
東北南部6月23日ごろ11日遅い14日遅い
東北北部6月23日ごろ8日遅い14日遅い

※気象庁ホームページ「梅雨入りと梅雨明け(速報値)」をもとに作成

平年の梅雨入りと梅雨明け

平年と昨年(2023年)の梅雨入り・梅雨明け時期は下表の通りです。

地方梅雨入り(平年)梅雨入り(2023年)梅雨明け(平年)梅雨明け(2023年)
沖縄5月10日ごろ5月18日ごろ6月21日ごろ6月25日ごろ
奄美5月12日ごろ5月18日ごろ6月29日ごろ6月25日ごろ
九州南部5月30日ごろ5月30日ごろ7月15日ごろ7月25日ごろ
九州北部6月4日ごろ5月29日ごろ7月19日ごろ7月25日ごろ
四国6月5日ごろ5月29日ごろ7月17日ごろ7月16日ごろ
中国6月6日ごろ5月29日ごろ7月19日ごろ7月16日ごろ
近畿6月6日ごろ5月29日ごろ7月19日ごろ7月16日ごろ
東海6月6日ごろ5月29日ごろ7月19日ごろ7月16日ごろ
関東甲信6月7日ごろ6月8日ごろ7月19日ごろ7月22日ごろ
北陸6月11日ごろ6月9日ごろ7月23日ごろ7月21日ごろ
東北南部6月12日ごろ6月9日ごろ7月24日ごろ7月22日ごろ
東北北部6月15日ごろ6月9日ごろ7月28日ごろ7月22日ごろ

※気象庁ホームページ「梅雨入りと梅雨明け(確定値)」をもとに作成

注目のイベントを見る

梅雨対策特集以外の注目のイベントもご覧いただけます。