7N-A2110-3/1.0R [RCAケーブル]

販売を終了しました

    • アクロリンク ACROLINK 7N-A2110-3/1.0R [RCAケーブル]

    • ¥20,4802,048ポイント(10%還元)

販売を終了しました

100000001001529253

アクロリンク ACROLINK
7N-A2110-3/1.0R [RCAケーブル]

アクロリンク ACROLINK
定価:¥30,800
販売終了時の価格: ¥20,480(税込)(定価の33%引き)
メーカー:アクロリンク
販売開始日:2012/05/31(販売終了商品)

アクロリンク ACROLINK 7N-A2110-3/1.0R の 商品概要

  • さらなる高みへ。素材、構造、プラグ全てが新しい、ケーブルの理想型を極める

    インターコネクトケーブルには大きく2つの基本構造があります。その1つが2芯シールド型。信号の往路(=ホット)・復路(=コールド)を同じ材質・構造のケーブルを使用して2芯構成とし、その外側にシールド層を設置、コールドとシールドを兼用せず、信号に対してすべてを同じ条件にするという構成です。コールド側にもホット側と同じ導体を使用するので高価となりますが、より理想的な構造といえます。新製品7N-A2110IIIは導体をアクロリンク・ストレスフリーD.U.C.C7N(Seven Nine=99.99999%以上の)高純度Cuを採用。純度表示は、分析する対象不純物の取捨選択によって7Nといっても事実上全く異なるCuとなってしまうことがあります。ブランドによって大きく音質が異なる原因のひとつです。アクロリンクではその組成分析結果を公開。真の7Nといえる超高純度Cuです。7N-A2110IIIでは真円度や表面の平滑度を精密に加工された0.18φの素線を34本高密度に撚り合わせて1本の信号用ケーブルとして製造、ホット、コールド用にそれぞれ巻き方向を変え線間ノイズのキャンセル化を実現。さらにこれをツイスト構造とすることによってノイズレベルを一段と低減化。その上で超広帯域にわたってフラットで低歪みの伝送特性を保証するシールド層を大幅に強化。銅テープ、巻き方向の異なる2重の横巻き編組シールドというトリプル構成となっています。さらに静電ノイズを低下させる紙テープを巻いた上で外周シースをポリオレフィンによって仕上げています。そしてピンプラグも今回新規開発。RCAプラグは、センターピンに伝送特性に優れたティルル銅を採用。構造も中空パイプとして伝送特性をより一層高めています。XLRコネクターではオス側コンタクトピンに高音質真鍮無垢材、メス側にはベリリウム銅の端子を採用。

アクロリンク ACROLINK 7N-A2110-3/1.0R の商品スペック

商品仕様
1.0m×2本
外径寸法:9.0φmm
導体:D.U.C.C. Stressfree7N Cu 0.18φ×34本撚り 2本(赤・右巻き/黒・左巻き)
絶縁体:高分子ポリオレフィン系樹脂
内シース:軟質ポリオレフィン系樹脂
シールド:片面銅箔テープ+4N5 OFC二重横巻き
外シース:高分子ポリオレフィン系樹脂
導体抵抗:29mΩ/m
静電容量:59pF/m
RCAプラグ
センターコンタクトピン:中空構造ティルル銅
コールド:りん青銅
メッキ:ダイレクトロジウムメッキ
カバー:真鍮無垢材

    アクロリンク 7N-A2110-3/1.0R [RCAケーブル] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!