俺の屍を越えてゆけ 2 [PS Vitaソフト]

販売を終了しました

    • SCE ソニー・コンピュータエンタテインメント 俺の屍を越えてゆけ 2 [PS Vitaソフト]

    • ¥2,480248ポイント(10%還元)
俺の屍を越えてゆけ 2 [PS Vitaソフト]
画像にマウスを合わせると上部に表示

販売を終了しました

100000001002244676

SCE ソニー・コンピュータエンタテインメント
俺の屍を越えてゆけ 2 [PS Vitaソフト]

SCE ソニー・コンピュータエンタテインメント
定価:¥6,264
販売終了時の価格: ¥2,480(税込)(定価の60%引き)
メーカー:SCE
販売開始日:2014/07/17(販売終了商品)

カテゴリランキング

  • ゲーム
  • - 11873位
この商品にはおすすめの後継モデルがあります

SCE ソニー・コンピュータエンタテインメント 俺の屍を越えてゆけ 2 の 商品概要

  • 【あらすじ】

    時は平安中期。突如発生した大地震を皮切りに、天変地異が次々に襲い、都は荒れ果てていった。
    そんな中、天変地異を神の祟りと恐れた者たちの手により、帝に仕える武家一族が人身御供の名の元に、一族郎党、女子供まで無実の罪で惨殺される。
    無残にも河原に並べられた、一族のされこうべ。そこへ「黄川人(きつと)」と名乗る天界の使いが現れ、一族のされこうべに問いかける。

    「こんな目にあわせてくれたヤツに復讐したいよな?」

    「黄川人」はさらに、一族に二つの呪いが掛けられていることを告げる。

    ひとつは、常人の何倍もの速さで成長し、わずか二年ほどしか生きることがかなわない「短命(たんめい)の呪い」、

    もうひとつは、人との間に子を成すことができない「種絶(しゅぜつ)の呪い」。

    一族の惨殺を謀った者への復讐をするべく、一族に掛けられた二つの呪いを覚悟した上で「黄川人」に蘇ることを望む。
    復活を遂げた一族のされこうべは、復讐の力を蓄えるべく、全国へと散っていった。いつの日か京へと攻め上ることを胸に誓って・・・。

    わずかな希望は「種絶の呪い」のため人間と子孫を残せない代わりに、神々と交わることで血を残せること。
    二年ほどの命を神々の力を借り親から子へと繋ぎながら、一族を手に掛けた者たちへの復讐と二つの呪いからの解放という宿命に一族は立ち向かう。
  • 当主作成

    わずか二年ほどしか生きられない『短命の呪い』と、人との間に子を成せない『種絶の呪い』 。
    この二つの呪いに抗いながら、主人公の一族は力をつけ宿命に立ち向かわなければならない。

    まず、物語を始める前に、一族の初代当主を決める。

    PS Vitaのカメラを使って、プレイヤー自身の顔を取り込み、生き写しとなる一族の初代当主を作成しよう。
    作成した初代当主から、実際にプレイヤーの遺伝子をもったかのような容姿で生まれてくる、子や孫たち。
    わずか二年で死にゆく子らの姿に見る度に、リアルな感情に直面することになる。
    親から子へ、子から孫へ命を繋いでいき、いつの日か宿命を断て。
  • 交神の儀

    主人公一族は『種絶の呪い』 によって人との間に子を成すことができない。
    その為、子孫を残すには神との「交神の儀」(こうしんのぎ)という儀式を行う必要がある。
    相手となった神の能力も子に影響する為、相手選びも重要な要素となる。

SCE 俺の屍を越えてゆけ 2 [PS Vitaソフト] に関するレビューとQ&A

商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!