SC-LX901(B) [11chダイレクトエナジーHDアンプ]
    • パイオニア PIONEER SC-LX901(B) [11chダイレクトエナジーHDアンプ]

    • ¥259,92025,992ポイント(10%還元)
    • お取り寄せ日本全国配達料金無料
SC-LX901(B) [11chダイレクトエナジーHDアンプ]
画像にマウスを合わせると上部に表示
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000001003199194

パイオニア PIONEER
SC-LX901(B) [11chダイレクトエナジーHDアンプ]

パイオニア PIONEER
パイオニア史上初めて、11ch「ダイレクト エナジーHDアンプ」を搭載。Dolby AtmosR、DTS:Xといった最新のオブジェクトオーディオの再生においてもクリエーターの意図を正確に描き出す、11ch・880Wハイパワー同時出力という比類なき性能を実現しています。また一つの筐体に11chアンプを搭載することで、別途アンプを増設することなく、オブジェクトオーディオ再生に必要なトップスピーカーやドルビー・イネーブルド・スピーカーを最大で2組ドライブすることが可能です。他にもフロントスピーカーのみバイアンプドライブをするなど、様々な組み合わせでマルチチャンネル再生をお楽しみいただけます。
参考価格:¥442,800
価格:¥259,920(税込)(参考価格より¥182,880の値引き)
ポイント:25,992ポイント(10%還元)(¥25,992相当)
お届け日:お取り寄せ
日本全国配達料金無料
メーカー:パイオニア
販売開始日:2016/09/04

カテゴリランキング

  • AV機器
  • - 16246位

パイオニア PIONEER SC-LX901(B) の 商品概要

  • パイオニア史上初めて、11ch「ダイレクト エナジーHDアンプ」を搭載

    Dolby Atmos、DTS:Xといった最新のオブジェクトオーディオの再生においてもクリエーターの意図を正確に描き出す、11ch・880Wハイパワー同時出力という比類なき性能を実現しています。
    また一つの筐体に11chアンプを搭載することで、別途アンプを増設することなく、オブジェクトオーディオ再生に必要なトップスピーカーやドルビー・イネーブルド・スピーカーを最大で2組ドライブすることが可能です。
    他にもフロントスピーカーのみバイアンプドライブをするなど、様々な組み合わせでマルチチャンネル再生をお楽しみいただけます。
    ダイレクト エナジーHDアンプ」の能力を最大限に活かすため、専用電源トランスやパイオニア独自の筐体設計「アドバンスド ダイレクト エナジー デザイン」、厳選した高音質パーツを採用しています。

    【高音質】
    ■繊細で柔らかな表現力と低域の力強さを一段と高めた、新型「ダイレクト エナジーHDアンプ」
    最新の「ダイレクト エナジーHDアンプ」は、カスタム電解コンデンサーを採用したことで、微小信号からの優れた追従性や高速応答性などClass Dアンプならではの特性をさらに引き出し、より繊細で柔らかな音の再現性を獲得。
    さらに、低域の力強さに満ちた再現力も一段と高めています。また、回路設計を一から見直し、基板レイアウトやパターンの最適化などでノイズの低減や更なる高音質化を実現しています。

    世界最高レベルの低ジッター性能を誇る高性能 DACを2基搭載
    「ダイレクト エナジーHDアンプ」のさらなる高音質化を達成。
    高音質化を追求する上で重要なDACに、ハイエンドオーディオでも高い評価を受けているESSテクノロジー社製「SABRE32 UltraDAC」を2基搭載し、全チャンネルに採用。
    その性能は極めて高く、独自の特許技術32ビットHyperstream DACアーキテクチャーとタイムドメインジッターエリミネーターを駆使し、世界最高レベルのダイナミックレンジと低歪み特性を実現しています。
    これにより「ダイレクト エナジーHDアンプ」は、音質の妨げとなるジッターを極限まで排除。
    高音質化と高効率化のさらなる向上を果たし、低域から高域に至るまでより豊かな響きと深みのある再現性を獲得しています。

    高音質パーツを随所に採用し、信号処理を最適化
    透明感と開放感のある高音質化を実現するルビコン社との共同開発による「PML MUコンデンサー」と、情報量に満ちた力強いサウンドを可能にするJRC社との共同開発によるオペアンプ「NJM4585」と「NJM5532CG」を入力から出力に至るまで随所に採用。音質の向上に大きく貢献しています。

    微小信号の高精度処理に貢献「シールドDC/DCコイル」
    微小信号を扱う多くのハイエンド機器に搭載され評価の高い「シールドDC/DCコイル」をデジタル回路部に新たに採用。
    中・高域はもとより、低域でのより繊細な表現力を可能にし、「ダイレクト エナジーHDアンプ」のさらなる高音質化に大きく貢献しています。

    S/Nのさらなる向上を実現「低ESRカスタムコンデンサー」
    デジタル回路部の信号処理精度を高め、さらなる高S/Nを実現するために試聴を繰り返して仕上げられた「低ESRカスタムコンデンサー」を新たに追加。
    オーディオ専用のハイクオリティパーツとして透明感の高いサウンドを実現します。

    理想的な回路構成や基板配置による高音質設計「アドバンスド ダイレクト エナジー デザイン」
    コンパクトで高効率な「ダイレクト エナジーHDアンプ」は、筐体設計においてもさまざまなアドバンテージを獲得。
    鋼板によりパワー部とプリ部を明確に独立させた理想的なセパレート構造やパワー部の「インシュレーテッド・デュアルシャーシ」(絶縁二重構造)はもちろん、SC-LX901は制振性の大幅な向上とともに回路間の相互の干渉を確実に排除する「3次元スペースフレーム」を採用。
    さらに、外部からの振動や共振を抑える製品の低重心化や、すべての回路のグランド(基準)が1点アースとして動作するクリーングランド思想の強化など、すべての回路、すべてのパーツが持つポテンシャルを最大限に引き出す徹底した高音質化が図られています。
  • 特殊な内部形状でリアルな空間表現力を向上させる「定在波制御インシュレーター」を採用

    幾度となく試聴を繰り返して作り込んだ特殊形状のインシュレーターは、内部構造の平行面をなくし、空洞共振を原理的に発生させないことで、音の定位や音数・音階がより明確となり、チャンネル間のシームレスなつながりや、俊敏な音へのレスポンスの向上に大きく貢献しています。

    最新のオブジェクトオーディオを正確に再現する高精度な音場補正と位相の制御を実現「MCACC Pro」
    プロスタジオにおいてモニターサウンドを創り上げる過程を独自に検証し精密に再現する「Advanced MCACC」の高度な音場調整と、LFE成分の位相ズレを解消する「フェイズコントロール」やコンテンツに含まれるLFE成分の位相ズレまでも解消する「オートフェイズコントロールプラス」、接続スピーカーすべてのユニットの位相を管理し極めて正確なスピーカードライブを実現する「フルバンド・フェイズコントロール」の技術を融合。
    マスターサウンドのクオリティを忠実に再現するパイオニアだけのDSP技術の集大成、それが「MCACC Pro」です。そのクオリティは、従来のディスクリート音声はもとより、最新のオブジェクトオーディオ「Dolby Atmos」や「DTS:X」の多次元サラウンド音響の再生においても極めて高い効果を発揮。
    リビングなど理想の環境づくりが難しい場所でも、作品に込められた制作者の意図を忠実に再現します。
  • 【高画質】

    18Gbpsの伝送帯域によるフルスペックの4K映像に対応
    HDMIの最新規格に準拠したことにより、伝送帯域が18Gbpsに拡大。これにより、4K/60p 4:4:4/24bitの映像をはじめ、4K/60p 4:2:2/36bitおよび4K/24p 4:4:4/36bitなど、フルスペックの4K規格の映像をサポート。
    1秒間60コマの動画再生による滑らかな動きや、色情報を圧縮しないより鮮やかな色調表現を可能にしています。
    1080/60p Deep ColorのフルHD映像からの4K映像へのアップスケーリングにおいても、より高精細でリアルな質感はもちろん、さらに色鮮やかで美しい映像が楽しめます。

    BDP-LXシリーズの技術とノウハウを採り入れた「Super Resolution」を搭載
    4K時代の高画質技術として、ハイグレードブルーレイディスクプレーヤーBDP-LXシリーズの開発で培われた超解像4K技術を採り入れた「Super Resolution」を搭載。
    帯域や輝度に応じた適切な画像処理で細部の質感までも鮮やかに表現する「テクスチャ処理」や、周辺画素解析による緻密な補正と二重映りを抑制し精細で自然な立体感あふれた輪郭部を表現する「エッジ処理」など、映像各部に応じた画像の解析と処理を行い、フルスペック4K映像の魅力を最大限に発揮させます。

    次世代4Kクオリティに対応、「HDR」「BT.2020」「HDCP 2.2」
    18Gbps伝送によるフルスペックの4K映像はもちろん、太陽光の眩しさなどコントラストの違いを再現する飛躍的なダイナミックレンジ(輝度)の拡大をもたらす「HDR」や従来の2倍以上広い色空間をカバーする映像フォーマット「BT.2020」に対応。
    次世代の4K規格をサポートしています。著作権保護規格の「HDCP 2.2」にも対応しています。

    HDMI出力2系統で2Wayシアターなど、システム構築も多彩に対応
    HDMI出力端子を2系統装備。コンテンツによりプロジェクターやTVなどディスプレイを使い分ける2Wayシアターの構築や、別の部屋でもHDMI出力ならではの高画質・高音質な映像や音楽が楽しめるZONE機能を装備しています。
    別室にAVレシーバーがあればマルチチャンネル再生に対応。アンプがなくてもスピーカー端子2ch分をZONE用に設定すればZONEでも高音質な2ch再生が可能です。
  • 【多彩な機能】

    ●DSDファイル(11.2MHz/5.6MHz/2.8MHz)にも対応した充実のハイレゾ再生。
    ●Wi-Fi機能&Bluetooth無線技術※を内蔵
    ※本機でBluetooth無線技術搭載機器の音楽を再生するには、Bluetooth無線技術搭載機器がプロファイル:A2DPに対応している必要があります。
    すべてのBluetooth無線技術搭載機器との接続動作を保証するものではありません。
    ●スマートフォンを使って多彩な音楽を楽しめる話題の「Google Cast」※やインターネットラジオ「radiko.jp」、「TuneIn」に対応
    ※ファームウェアのアップデートによる対応となります。準備が整い次第、詳細な日程や内容について、Webサイト(http://www.jp.onkyo.com/)でお知らせします。
    ●アナログターンテーブルからの入力にも対応。PHONO(MM)端子を装備
    ●より見やすく、各機能へのアクセス性も向上。新GUI (グラフィカルユーザーインターフェース)採用
    ●テレビのリモコンで快適に操作「HDMI CEC機能」
    HDMI スタンバイスルーやネットワークスタンバイなど多彩な待機時省電力機能も充実
    ●ラジオ番組も気軽に楽しめるFM/AMチューナー内蔵(最大40局プリセット可能)

パイオニア PIONEER SC-LX901(B) の商品スペック

その他
●パワーアンプ チャンネル数:11
●パワーアンプ方式:ダイレクト エナジーHD
●多チャンネル同時駆動出力(1kHz、T.H.D. 1.0%、8Ω):880 W (11ch同時駆動時)
●電源電圧:AC100 V・50 Hz/60 Hz
●消費電力(電気用品安全法):340W
●待機時消費電力:0.15W(スタンバイ状態)/2.5 W(ネットワークスタンバイ ON時)
●外形寸法:435mm(W)×185mm(H)×441mm(D)
●質量:18.2kg
他のパイオニアのAV機器を探す

パイオニア SC-LX901(B) [11chダイレクトエナジーHDアンプ] に関するレビューとQ&A

商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!