MF632CDW [Satera(サテラ) MF632Cdw A4対応 スモールオフィス向け複合機 コピー/プリンター/スキャナ/片面対応ADF搭載]
    • キヤノン Canon MF632CDW [Satera(サテラ) MF632Cdw A4対応 スモールオフィス向け複合機...

    • ¥53,3105,331ポイント(10%還元)
    • 在庫残少 ご注文はお早めに!2020年1月31日金曜日にお届け日本全国配達料金無料
MF632CDW [Satera(サテラ) MF632Cdw A4対応 スモールオフィス向け複合機 コピー/プリンター/スキャナ/片面対応ADF搭載]
画像にマウスを合わせると上部に表示
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000001003527217

キヤノン Canon
MF632CDW [Satera(サテラ) MF632Cdw A4対応 スモールオフィス向け複合機 コピー/プリンター/スキャナ/片面対応ADF搭載]

キヤノン Canon
カラータッチパネル、無線LAN、SEND Liteを標準搭載したA4カラー複合機のエントリーモデルです。
参考価格: オープンプライス
価格:¥53,310(税込)
ポイント:5,331ポイント(10%還元)(¥5,331相当)
お届け日:在庫残少 ご注文はお早めに!今から23時間と26分以内のご注文で、2020年1月31日金曜日お届けします。届け先変更]詳しくはこちら
日本全国配達料金無料
メーカー:キヤノン
販売開始日:2017/04/27
ご確認事項:プレゼント包装不可

カテゴリランキング

  • パソコン
  • - 33359位8日間100位以内
この商品にはおすすめの後継モデルがあります

キヤノン Canon MF632CDW の 商品概要

  • 【コピー&プリンター】

    「毎分18枚※1高速コピー」に加え、1枚目からスピーディーに出力
    カラー・モノクロともに、A4毎分18枚※1のコピースピードを実現。また、独自のオンデマンド定着方式により、ファーストコピーはカラー14秒以下※2、モノクロ12秒以下※2と迅速。1枚目から速いので、急ぎのコピーにもすばやく対応できます。
    ※1 A4片面等倍時。普通紙、同一データを連続印刷した場合の速度です(コピーは原稿台使用時)。はがきや小サイズ紙など、用紙の種類・サイズ・送り方向などによっては印刷速度が低下します。また連続印刷時に、複合機本体の温度調整や画質調整のため動作を休止もしくは遅くさせる場合があります。
    ※2 コピー開始から終了までの時間。原稿台使用時。節電モードからの復帰直後と電源投入時を除く。

    業務効率アップと用紙削減を両立する「両面コピー機能※」
    用紙のムダを省き、ランニングコストを削減する両面コピー機能※に加え、片面対応ADF(自動原稿送り装置)も標準装備。作業時間の短縮や負荷を軽減し、業務効率アップにもつながります。
    ※用紙サイズはA4/B5/レター/リーガルに対応。表面をコピーした後、裏面を手動でADFにセットする必要があります。

    作業効率を高め、コスト削減も実現する「応用コピー機能」
    ■ページ集約機能:2枚の原稿を縮小して1枚にまとめる2in1機能に加え、4枚分の原稿を1枚におさめる4in1機能も搭載。両面コピーと組み合せれば、それぞれ4枚を1枚、8枚を1枚に集約することもできます。
    ■ズーム機能:定型倍率での拡大縮小はもちろん、目的に合せて1%刻み(25%~400%)で拡大縮小できます。
    ■ソート機能:2枚以上の原稿を複数部コピーする際、用紙をページ順に並べて仕分けることができます。
    ■IDカードコピー機能※:IDカードなどをコピーする際、カードの両面を用紙の片面におさめられます。受付業務で免許証などのカード類をコピーする際に便利です。
    ※ A4、レターサイズのみ対応。両面印刷、ページ集約機能、ズーム機能との組み合せはできません。

    2つの機能をボタンひとつで実現する「用紙節約コピー」
    「ページ集約」と「両面コピー」の2つの機能を、1つのボタンから設定できます。操作が簡単になるだけでなく、用紙も削減します。

    用紙のムダを省き、急ぎの業務にも対応「両面&高速プリント」
    A4毎分18枚※1の出力スピードで、オフィス業務を迅速にサポート。両面印刷時も毎分5.5枚(11ページ)※2の高速プリントが可能なので、スピーディーに業務をこなしながら、資料の保管スペースや用紙コストの削減も実現できます。
    ※1 A4片面等倍時。普通紙、同一データを連続印刷した場合の速度です。はがきや小サイズ紙など、用紙の種類・サイズ・送り方向などによっては印刷速度が低下します。また連続印刷時に、複合機本体の温度調整や画質調整のため動作を休止もしくは遅くさせる場合があります。
    ※2 A4両面等倍時。普通紙、同一データを連続印刷した場合の速度です。

    ドキュメントの訴求力を高める「高精細プリント」
    1,200dpi×1,200dpi※というデータ処理解像度による高精細プリントを実現。細かい文字やグラフも美しく再現し、ドキュメントの訴求力を高めます。
    ※ プリンタードライバーの設定変更が必要です。Windowsドライバーのみ対応です。

    情報漏えいを抑止できる「セキュアプリント」
    本体で暗証番号を入力しないと出力されないセキュアプリント機能を利用すれば、機密性の高い書類を放置することなく、情報漏えいのリスクを低減します。
    ※ 最大32ジョブ。データ容量に制限があります。

    効率アップと環境負荷の低減を両立する「オンデマンド定着方式」
    用紙が通過するときだけ瞬時に加熱してトナーを定着させる、オンデマンド定着方式を採用。
    スピーディーで、環境負荷も低減できる、効率のよい省エネプリントを実現しています。

    パソコンなしで印刷できる「USBダイレクトプリント」
    本体に接続したUSBメモリー※1のデータを直接印刷。さらに、データの内容を液晶画面にプレビュー表示できます。ファイル形式はPDF※2/JPEG/TIFFに対応しています。
    ※1 USBポートはUSB1.1に対応。サポートするUSBメモリーのファイルシステム(最大容量)は、FAT16(2GB)とFAT32(32GB)です。
    また、セキュリティー機能付のUSBメモリーやUSB接続のメモリーカードリーダー、延長ケーブルを使ってのUSBメモリー、USBハブ経由でのUSBメモリー、USB規格に準拠していないUSBメモリーはサポートしていません。
    なお、それ以外でもお使いのUSBメモリーによっては正しく画像を読み込めない場合があります。
    ※2 プレビューには対応していません。
  • 【スキャナー&ネットワーク】

    一度にまとめて電子化できる「片面対応ADF」
    1枚ずつスキャンしなくても、原稿を自動的に給紙するADFに対応。ADF上に原稿をセットすれば、1度に複数枚読み取れます。

    PC操作なしでスキャンデータを送れる「SEND Lite機能」
    SEND Liteは、パソコンのスキャナードライバーを使わずに本体操作でスキャニングし、そのままデータを送信できる機能です。
    高圧縮PDFやOCRに対応し、社内外へのデータ共有やスキャンデータの再利用に便利です。
    ※ Eメールは100件まで同報送信できます。SMB送信は同報送信できません。Mac OS X 10.10(Yosemite)では、SMB送信非対応です。

    文字検索可能なPDFを生成できる「サーチャブルPDF」
    OCR処理によりテキスト情報を付加するPDFを、PCなしで生成できます。
    タテ・ヨコの混在した複数枚の原稿も、「原稿向き自動検知」で一括処理が可能。
    必要な情報を効率よく検索し、再利用することができます。

    効率のよいスキャン、幅広いデータ活用を実現する「MF Scan Utility」
    指定フォルダーへの保存やEメール添付、アプリケーションへの取り込みが簡単に行える同梱のスキャンユーティリティーソフトです。
    目的に合せたスキャン設定、操作方法を選べます。
    ※ USBまたはネットワーク接続でご利用できます。パソコンには、ユーティリティーソフトのインストールが必要です。

    本体操作パネルからスキャン
    本体画面から保存先のパソコンとスキャン設定(カスタマイズボタンの設定のみ)を選び、スキャンできます。同じ設定を繰り返し使う場合に便利です。
    ※ ネットワーク接続時に画面表示できるパソコンは、10台までです。

    パソコンのMF Scan Utility画面からスキャン
    目的別のアイコンをクリックすると、用途に合せてさまざまなスキャンができるので便利です。

    スキャンデータをクラウド連携で活用することも可能
    MF Scan Utilityの簡単な設定で、スキャンデータをEvernoteやDropboxにアップロード。
    外出先からの情報閲覧、店舗間の情報共有などで業務を効率化します。文書の持ち出しによる情報漏えいリスクも低減できます。

    文書管理や検索に役立つ「高機能PDF」が作成可能
    ■データのやりとりに適した「高圧縮PDF」※:画像を文字と写真に分離し、それぞれに適した圧縮をかけることで、データ量の少ないPDFデータを生成します。
    ※ Mac OS版は生成方法が異なります。
    ■文字データとしても活用できる「サーチャブルPDF」(Windowsのみ):PDF化する前にOCR処理を行い、テキストデータを抽出。検索や文字データの再利用が可能です。
    ■複数ページPDF※:複数のスキャンデータを1つのデータとしてまとめたPDFファイルも簡単に作成することができます。
    ※ 複数ページPDF作成時、保存前ならサムネイルを見ながらページ順の入れ替えが可能です。また、既存のPDFの最終ページに新たなスキャン画像を追加することもできます。

    よく使うスキャン設定を登録できる「ワンタッチスキャン」
    ショートカットボタンにあらかじめ設定を登録しておくことで、フォルダーへの保存、メール添付までボタンひとつで自動処理。毎日の業務をさらに効率化できます。

    USBメモリーに直接保存できる「Scan to USB機能」
    本体のポートにUSBメモリー※を接続するだけで、スキャンデータをダイレクトに保存できます。
    選べるファイル形式はPDF/JPEG/TIFF。約1/10までデータ量を圧縮できる高圧縮PDFにも対応。ネットワーク外のパソコンとの情報共有に便利です。
    ※ USBポートはUSB1.1に対応。サポートするUSBメモリーのファイルシステム(最大容量)は、FAT16(2GB)とFAT32(32GB)です。
    また、セキュリティー機能付のUSBメモリーやUSB接続のメモリーカードリーダー、延長ケーブルを使ってのUSBメモリー、USBハブ経由でのUSBメモリー、USB規格に準拠していないUSBメモリーはサポートしていません。なお、それ以外でも、お使いのUSBメモリーによっては正しく画像を保存できない場合があります。

    カラードキュメントも、鮮やかに読み取って共有「CISカラースキャン」
    カラードキュメントを高解像度で鮮明に読み取って、簡単に電子化することができます。情報共有ニーズはもちろん、書類を効率よくコンパクトに管理したいという場合にもぴったりです。
  • パソコンから手軽にスキャンできる「TWAIN/WIA対応」

    パソコンからスキャナーを制御するためのTWAINまたはWIA(Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10のみ)に対応。
    TWAIN対応のスキャナードライバーでは、スキャンする画像のプレビュー表示や詳細なスキャン設定を行うことができます。

    共有マシンとして使える「ネットワークインターフェース標準装備」
    手軽にLAN環境を構築できる、ネットワークインターフェースを標準装備。プリント、ネットワークスキャン、リモートUIなど、オフィスの共有マシンとして作業の効率化をサポートします。

    置き場所を選ばず、配線もすっきり「無線LAN」
    パソコンとケーブルで接続しなくても、ワイヤレスでプリント&スキャン。会議室やSOHOなどスペースの限られた場所にも、すっきり設置できます。
    ※ 有線LANと無線LANは同時に使用できません。

    セットアップがかんたん「無線LANかんたん設定」
    WPSやAOSS、らくらく無線スタートなど各種規格に対応しているので、面倒なセットアップも簡単です。

    アクセスポイントなしでWi-Fi接続ができる「ダイレクト接続」
    アクセスポイント(Wi-Fiルーター)が設置されていない環境でも、サテラをアクセスポイントとして無線LANでダイレクト接続が可能です。
    スマートフォンやタブレットと連携したワイヤレス活用を身近にします。
    ※ダイレクト接続中、お使いのモバイル機器によってはインターネットに接続できないことがあります。

    信頼の暗号化技術で、不正アクセスを防止「WPA2対応」
    セキュリティーにも配慮し、強固で信頼性の高い暗号化規格「WPA2」に対応。不正なアクセスを心配することなく、安心して無線LANを利用することができます。

    データを暗号化し、セキュリティーを確保する「IPSec通信」
    ネットワーク上で送受信されるデータを暗号化し、データへの不正アクセスや改ざんなどの脅威から守るプロトコル(IPSec)に対応。ネットワーク通信のセキュリティーを確保します。
  • 【モバイル連携強化】

    スマホやタブレットからプリントやスキャンができる「多彩なモバイル連携」
    スマートフォンやタブレット端末と連携する、さまざまなアプリやサービスに対応。
    モバイル機器から画像データやウェブページを手軽にプリントできるほか、複合機でスキャンしたデータをモバイル機器に取り込んで活用することが可能です。

    Canon PRINT Business
    ビジネスシーンで活用が進むiPhone/iPadやAndroid端末に対応した、プリント&スキャンアプリケーションです。
    モバイル機器のデータ、写真のプリントや、複合機でスキャンしたデータの取り込みが簡単に行えます。
    さらに、モバイル端末に保存しているファイルの管理やメール送信も可能です。Officeファイルにも対応し、補正機能※によりレイアウト崩れのない文書を印刷できます。
    ※Officeファイルの補正はデータ変換サービスで実現します。データ変換サービスのご利用には、インターネットへの接続が必要です。

    「台形補正機能」搭載
    モバイル端末で撮影した台形にゆがんだ画像を、まっすぐに補正することが可能です。新聞や雑誌の記事、資料、ホワイトボードに板書した会議の議事録なども手軽に撮影して、見やすく読みやすくプリントして活用できます。

    AirPrint
    ソフトウエアのダウンロードやプリンタードライバーのインストールを行わずに、iPhone/iPad/iPod touch/Macなどからプリントできます。

    Mopria
    Mopria認証を受けたAndroid 4.4以上の端末から、無線LANアクセスポイント経由で簡単にプリントできます。
    ※ Mopriaを使用するには、複合機のファームウエア更新が必要な場合があります。
    ※ 対応端末などの最新情報は「Mopriaについて」ページをご覧ください。

    Google Cloud Print
    Android端末など、インターネットに接続されたデバイスからGoogle DocsやGmailなどのアプリケーション経由で印刷できるサービスに対応しています。
    ※Google Cloud Printに対応した最新のアプリケーションについては、Google Cloud Printのホームページをご確認ください。
  • 【ユーザビリティー】

    カラーで見やすく直感的に操作できる「5インチカラータッチパネル」
    迷いのない直感的な操作を実現する、5インチのカラー液晶タッチパネル。
    パネルに直接タッチしたり、フリック操作で多彩な機能をスムーズに使いこなすことができます。
    日常業務に合わせてメニュー画面をカスタマイズすることも可能です。

    業務に合わせたボタンを作成できる「よく使う機能の登録」
    例えば、2in1コピー、スキャンデータの共有フォルダーへの保存、Eメールに添付して送信など、頻度の高い設定をメニューボタンに割り付けて、業務を効率化できます。

    本や不定形サイズの原稿も読み取れる「原稿台」
    厚みのある本や領収書などの不定形サイズの原稿も原稿台ガラスから直接読み取りが可能。業務負荷を軽減します。

    交換時に手が汚れにくい「ドラム一体型トナーカートリッジ」
    交換作業が簡単で手も汚れにくい、ドラム一体型トナーカートリッジを採用しています。消耗品点数も少ないため、管理負担を軽減します。

    パソコンで消費状況が確認できる「カートリッジ残量お知らせツール」
    トナー切れで業務の進行に支障を来さないように、パソコン画面でカートリッジのトナー残量を10%刻みで確認できます。

    多彩な印刷設定を効率よく行える「プリンタードライバー」
    カラー・モノクロ、両面などのよく使う機能を、基本設定のタブや、プレビュー画面のクリックで設定できます。
    また、給紙部と用紙種類を同時に設定可能なので、流通業におけるPOPやプライスカード出力時などにも便利です。

    ウェブで手軽にすばやく調べられる「オンラインマニュアル」
    基本操作や各種設定などについて、必要に応じて簡単に検索。ダウンロードすることなくウェブ上で確認できる、環境にも配慮したマニュアルです。

    本体前面から簡単に作業できる「フロントオペレーション」
    用紙のセットやトナーカートリッジ交換が本体前面で行えます。
    また、ドラム一体型トナーカートリッジの採用により、交換作業も手を汚さず簡単に行えます。左右の専有面積を抑えられるので、ワークスペースが広がります。

    パソコンから手軽にリモート管理できる「本体管理」
    リモートUIを使えば、ウェブブラウザーを利用し、ネットワーク上のパソコンやスマホ、タブレット端末から機器の使用状況の確認や設定を行うことが可能。管理負荷を軽減します。

    パスワード設定でセキュリティーを強化「リモートUIアクセス暗証番号」
    「リモートUI」でアクセスする際にパスワード入力を求める「リモートUIアクセス暗証番号」機能を搭載し、不正アクセスを防止。
    セキュリティーを高め、情報漏えいのリスクを軽減します。

    設定の手間が省ける「LDAPサーバーからのアドレス帳検索」
    ネットワーク上のLDAPサーバーからファクス番号やEメールアドレスを検索したり、宛先を指定できるので、機器ごとに入力・設定する手間がいりません。

    社内のドライバー設定を統一できる「Canon Driver Configuration Tool」
    企業ポリシーなどに基づき、プリンタードライバーの初期設定を変更することができます。例えば情報漏えいの抑止に出力文書には必ずユーザー名と日付を印刷するように設定したり、2in1機能を標準設定にできます。
    エンドユーザーによる変更を防げるので、セキュリティーの徹底や用紙の使用量の抑制が図れるとともに、運用管理者の負担も軽減できます。
    ※ Windowsのみ対応です。

    使っていないときも省エネを促進する「スリープ時の低消費電力」
    環境配慮とともに省エネ設計を徹底し、スリープ時の消費電力を約0.9Wに抑えました。オフィスの電気代節約に貢献します。

    ワンタッチで省エネを促進する「節電ボタン」
    電源を入れたあと長時間使用しない場合には、節電ボタンをワンタッチするだけで消費電力を抑えることができます。

キヤノン Canon MF632CDW の商品スペック

最高プリント解像度
1200×1200dpi
インク色数
4色
スキャナ機能
コピー機能
カラー液晶モニタ
5型
給紙可能枚数(最大)
151枚
自動原稿送り装置(ADF)
有 ※片面対応
液晶タッチパネル
他のキヤノンのパソコンを探す
重量
22kg ※トナーカートリッジ含む
451mm ※本体寸法
高さ
400mm ※本体寸法
奥行き
460mm ※本体寸法
自動両面印刷
対応
印刷可能最大用紙サイズ
A4
その他
●形式:デスクトップ
●原稿台方式:固定式
●感光体種類:OPC
●複写方式:間接静電転写方式
●定着方式:オンデマンド定着方式
●読取方式:CIS
●複写原稿:シート・ブック原稿・立体物(最大2kgまで)
●原稿サイズ(縦×横)
・原稿台:A4/レター(最大216×297mm)
・ADF(自動原稿送り装置):A4/B5/A5/レター/リーガル(最大215.9×355.6mm、最小139.7x128mm)
●両面印刷機能:○
●コピー時欠け幅(A4等倍時):上下左右5.0mm
●階調:256階調
●ウォームアップタイム:13秒以下
●ファーストコピータイム カラー:14秒以下 モノクロ:12秒以下
●連続複写速度
・A4等倍/片面 カラー・モノクロ:18枚/分
・A4等倍/両面 カラー・モノクロ:5.5枚(11.0ページ)/分
●ADF原稿セット可能枚数(80g/m2):最大50枚
●ADF原稿交換速度(スキャン時)(片面)カラー:14ページ/分、モノクロ:27ページ/分
●連続複写:最大999部
●排紙トレイ積載枚数:最大100枚
●動作音
・動作時:6.4B/49dB
・待機時:無騒音
●電源:AC100V、50Hz/60Hz
●消費電力
・最大時:900W
・通常スタンバイ時(平均):約13.8W
・スリープ時(平均):約0.9W(有線)/約0.9W(無線)
●使用環境 温度:10℃~30℃/湿度:20%~80%(相対湿度・結露しないこと)
●占有スペース(幅×奥行き×高さ):451×1,011×676mm(給紙カセット引き出し時、フィーダー/フィーダーカバーオープン時、原稿台ガラスカバーオープン時、後ろカバー開放時。)
●同梱物:本体、トナーカートリッジ045スターター(C/M/Y)/トナーカートリッジ045(BK)各1本、ドライバーDVD-ROM 、電源コード、かんたん設置ガイド、かんたん操作ガイド

キヤノン MF632CDW [Satera(サテラ) MF632Cdw A4対応 スモールオフィス向け複合機 コピー/プリンター/スキャナ/片面対応ADF搭載] に関するレビューとQ&A

商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!