KJ-75Z9F [BRAVIA ブラビア 75V型 地上・BS・110度CS 液晶テレビ 4K対応 Z9Fシリーズ]
    • ソニー SONY KJ-75Z9F [BRAVIA ブラビア 75V型 地上・BS・110度CS 液晶テレビ 4K対応 ...

    • ¥718,20071,820ポイント(10%還元)
    • 在庫残少 ご注文はお早めに!日本全国配達料金無料
KJ-75Z9F [BRAVIA ブラビア 75V型 地上・BS・110度CS 液晶テレビ 4K対応 Z9Fシリーズ]
画像にマウスを合わせると上部に表示
数量:
次の画面で設置工事・リサイクルの設定後
カートに入ります
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000001004046289

ソニー SONY
KJ-75Z9F [BRAVIA ブラビア 75V型 地上・BS・110度CS 液晶テレビ 4K対応 Z9Fシリーズ]

ソニー SONY
光と闇を制し、クリエイターの意図した映像体験を実現。 ソニー独自の新映像技術を結集した4K液晶フラッグシップモデルです。

「ブラビアでBS4K/CS4Kを見よう!キャッシュバックキャンペーン」
期間内に、4Kブラビアと4Kチューナーをご購入しご応募されたお客様に30,000円キャッシュバック。
応募申し込みの詳しい内容はこちらをご覧下さい。
購入対象期間:2019年7月9日(火)~2019年9月30日(月)
応募締切:2019年10月31日(木)当日消印有効
WEB申し込み手続き締切:2019年10月31日(木)午前11時00分00秒
参考価格: オープンプライス
価格:¥718,200(税込)
ポイント:71,820ポイント(10%還元)(¥71,820相当)
お届け日:在庫残少 ご注文はお早めに!
日本全国配達料金無料
メーカー:ソニー
販売開始日:2018/10/12
ご確認事項:プレゼント包装不可

カテゴリランキング

  • AV機器
  • - 5508位

ソニー SONY KJ-75Z9F の 商品概要

  • 【高画質】

    ■リアルタイム処理能力を大幅に向上。究極の高画質を追い求めたソニー独自の次世代高画質プロセッサー
    リアルタイム処理能力を約2倍向上させた「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」。従来の4K高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」に比べ、圧倒的な映像分析能力により、有機EL/液晶パネル、映像の解像度、ノイズ量、色、明るさを詳細に分析。
    さらなる高精細、なめらかな階調表現、HDR相当の高コントラストを実現します。究極を求めたソニーならではの高画質が、これまでにない映像体験をもたらします。

    ■被写体ごとに最適な精細感に「オブジェクト型超解像」
    映像の中で、それぞれの被写体に応じて、最適に高精細化する超解像処理を実現。従来の超解像処理では失われてしまうような質感も、現実に近い質感を再現します。

    ■高精細でノイズの少ない映像を再現する「デュアルデータベース分析」
    ソニーのノイズ低減技術のノウハウを凝縮したデータベースを新たに搭載。
    「4K X-Reality PRO(4K エックス リアリティー プロ)」の持つ超解像処理用のデータベースに加え、ノイズ低減のデータベースを持つことで、より高精細かつノイズの少ない映像を実現します。

    ■よりリアルな高コントラストを実現進化した「HDRリマスター」
    映像の中で、それぞれの被写体に応じてコントラストを向上させるオブジェクト型の映像処理を実現。さまざまな映像をHDR相当のコントラストにまでアップコンバートすることができ、白飛びや黒つぶれの少ない、明るい空の色合い、浮かぶ雲の立体感、花びらの質感など、まるで目の前にあるかのような表現を可能にしました。
    そして、「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」では処理能力の向上により、「X1 Extreme」よりもさらに細かく被写体のコントラスト調整が可能です。

    ■なめらかな色を実現「Super Bit Mapping 4K HDR(スーパービットマッピング 4K エイチディーアール)」
    ソニー独自の階調変換機能で地上デジタル放送やブルーレイディスクなどの8bit映像や、HDR信号などの10bit映像を14bit相当の階調表現にして出力。
    刻々と変化する夕焼けの赤や紫など、微妙な色合いもリアルに再現します。

    ■バックライトの細やかなコントロールで高コントラストを実現
    LEDバックライトを液晶パネル下に配置し、映像全体を小さなブロックに分けてコントロールすることで明暗のきめ細かな描写を可能にする「直下型LED部分駆動」搭載。
    暗いシーンでも奥行や微妙なディテールまで美しく表現します。

    ■つややかで上質な輝きを実現「X-tended Dynamic Range PRO(エクステンディッド ダイナミックレンジプロ)」
    ソニー独自のアルゴリズムに基づき映像の暗い部分の電流を明るい部分に集中。消費電力を増やすことなく、これまで表現できなかったつややかな輝きを実現します。
    さらに、「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」が映像の分析結果に応じて明暗を調整する「コントラスト拡張技術」により、コントラストをさらに向上。HDRの高輝度な映像はもちろん、4KやフルHDの映像の魅力を十分に引きだします。
    鮮烈な輝きから、暗い場面での微妙な陰影や色のニュアンスまでリアルに再現します。

    ※ XDRコントラストはX-tended Dynamic Range PRO技術によって体感できるコントラスト水準です。この数値は、「暗部の電流を明部に集中させ明るさを高める機能」の効果の高さと、その精度を表すソニー独自算出による数値、LED部分駆動が搭載されていない当社従来液晶テレビ比です

    ■HDR信号に対応(※1)
    HDR10やHLG(ハイブリッド・ログガンマ)、ドルビービジョンなどのHDR信号に対応(※1)。通常の放送などで使用されているSDR信号に比べ、広いダイナミックレンジの輝度情報を扱えるようになります。
    これにより、白飛びしてしまいがちな明るい部分の色味や潰れてしまいがちな暗部の階調も再現し、肉眼で見ているかのような奥行き感や立体感のある映像を創出します。

    ※1「Netflix」などのHDR映像の視聴が可能です。Ultra HD ブルーレイプレーヤーを接続することで、HDRコンテンツを視聴することが可能になります。信号によっては一部対応していないものがあります。本機能はネットワークダウンロードなどによるソフトウェアアップデートが必要な場合があります。

    ■斜めから見ても、本来の高画質
    「X-Wide Angle(エックス ワイド アングル)」はLEDバックライトの光を制御するために開発されたソニー独自の光学設計により、広視野角を実現。
    斜めから見た場合でも正面視聴時と同等の高コントラストな美しい映像表現が可能になります。

    ■動きの速い映像を明るく、くっきりと描き出す
    従来のテレビでは、ぼやけて見えてしまう動きの速い映像に対して、フレームごとに黒画を挿入(LEDバックライトの発光制御など)し、画面の明るさが暗くなりつつも残像感を低減させていました。
    ソニーの「X-Motion Clarity(エックス モーション クラリティー)」は、LEDバックライトの発光をエリアごとに高精度な制御を行い、発光時間を最適化することで画面の明るさを保ったまま残像感を低減。
    動きの速いシーンでもくっきりとしたリアリティーのある映像表現を可能にします。

    ■動きをなめらかに描画するコマ数補間技術
    テレビの映像は静止画の連続。つまりパラパラ漫画と同じ原理で枚数が多いほど映像がなめらかに見えます。「倍速」は、1秒間60コマの映像のコマとコマの間に1コマの新規映像を生成して120コマにする技術。
    これにより、残像感が低減され動きの速い映像が見やすくなります。

    ■豊かな色を再現
    人の目に映る色は、たとえば赤といっても、バラ、紅葉、トマト、ワインなど、さまざまな赤の色合いがあります。この微妙な色彩の違いを表現するために「トリルミナスディスプレイ」を採用。色再現領域を拡大することで幅広い色の表現を可能にしました。
    これにより、今まで表現しきれなかった繊細な色のニュアンスや、人肌のみずみずしい質感までも描き出します。

    ■あらゆる映像を高精細な4K画質へアップコンバート。4K映像もさらに美しい映像で描き出す
    テレビ番組やネット動画など、あらゆるコンテンツを高精細な映像に作りかえる超解像エンジン「4K X-Reality PRO(4K エックス リアリティー プロ)」を搭載。
    フルHD映像を4Kにアップコンバートするデータベースと、4K映像をさらに高精細化するさまざまな映像に対応したデータベースを参照することで、最適な高精細化処理を行います。
  • 【高音質】

    ■コンパクトながらクリアで迫力ある音を実現するスピーカーを搭載
    本体背面に豊かな低音の出力を可能にする「バスレフ型スピーカー」を搭載。コンパクトなスピーカーボックスでありながら、クリアで迫力ある音を実現します。
    音の通りもよく、人の声などを聞きとりやすく再現します。

    ■映像の世界と一体になったような臨場感サラウンド
    映画館で使われているマルチサラウンドスピーカーシステムの音場をテレビのスピーカーだけでバーチャルに再現する技術「S-Force フロントサラウンド」。横から後ろへと音が移動する立体的な音場を体感できます。

    ■音の高低によって変化しやすい出力レベルを一定に
    高級オーディオ機器の開発で得た高音質技術のノウハウをもとに、高精度なデジタル信号処理によって理想的な音響特性に補正する「Clear Phase テクノロジー」を採用しました。
    テレビスピーカーの特性に左右されず、振幅特性の平滑化と位相特性の直線化を実現し、従来のテレビスピーカーでは難しかった自然な音色と明瞭な音像定位が得られます。

    ■デジタルアンプを搭載し、クリアな音質を再現
    小型・高効率のデジタルアンプ「S-Master」をテレビ用に最適化して搭載しました。
    「S-Master」は、デジタルからアナログ変換の過程における情報の欠落を低減。音質劣化が少ない忠実な音を、自然でクリアに再現します。

    ■声の大きさを自由にコントロール
    「ボイスズーム」機能を使えば、全体の音の大きさを変えず、声の音量を変えることが可能です。たとえば、ニュースキャスターの声が聞きづらい時に、声の音量を大きくして聞き取りやすくできます。
    また、スポーツ中継などで、実況や解説の声が大きすぎる場合は、声の音量だけを小さくすることも可能です。

    ■Bluetooth対応ヘッドホン(別売)を使ってワイヤレスでテレビの音を楽しむ
    Bluetooth対応のヘッドホン(※1)をワイヤレスで接続可能。ケーブルの煩わしさから解放されて、テレビの音を快適に楽しめます。
    ※1 A2DPに対応している必要があります
    ※ 本機と接続するBluetooth機器や通信環境、周囲の状況によっては、雑音が入ったり、音が途切れたりすることがあります
  • 【Android TV】

    ■Android TV(TM)機能搭載ブラビアで、さまざまなネット動画を快適に視聴できる
    Android TV 機能搭載ブラビアなら豊富なネット動画アプリに対応し、新しいアプリをインストールできる。Android OS の進化により、ネット動画との親和性もアップ。
    さらにフラグシップモデルにふさわしい動作速度を実現し、さまざまなネット動画がより快適に楽しめ、ハンズフリーでテレビに話しかけることで、見たい最新の映画やネット動画を探せる。

    ■ネット動画をはじめとした、さまざまなアプリが楽しめる
    動画や音楽、ゲーム、ショッピングなど好きなアプリを自由に追加して楽しめるのが「Android TV(TM) アプリ」。
    4K高画質映像を配信しているアプリも豊富にそろっているので、4Kコンテンツを楽しめます。

    ■「Android(TM) 8.0 Oreo(TM)」に対応
    ホーム画面が進化し、各アプリにどんなコンテンツがあるのかがひと目で分かるビジュアル番組表のようになりました。
    また、リモコンの「アプリ」ボタンを押すと、アプリがアイコン一覧で表示され、よりネット動画へのアクセスがしやすくなります。

    ■動作速度のパフォーマンスを大幅に改善し、ネット動画などが快適に楽しめる
    従来のAndroid TV(TM) 機能搭載ブラビアと比較し、ネット動画アプリの起動時間は最大1/4に、電源のオンは約1/3に高速化。
    Netflixのアプリなら、約1秒以下で起動できたりと、さまざまなアプリを快適に操作できます。

    ※ 従来のAndroid TV 機能搭載ブラビアと比較して算出した参考数値。実際の使用環境やソフトウェアバージョンにより、速度は異なる可能性があります

    ■ハンズフリー音声検索(※1)
    『OK Google, 〇〇して』と直接テレビに話しかけることでYouTube などの動画を検索したり、テレビの音声操作をすることができます。
    また、Google アシスタント 搭載後は、テレビの電源や音量コントロールなどもハンズフリーで操作が可能です。今までにない快適なテレビ視聴をお楽しみいただけます。

    ※1 音声検索機能や各アプリを使うには、インターネット環境が必要です。また各アプリを使うには、申し込みまたは別途契約が必要な場合があります
    ※ Google アシスタントへの対応は、2018年内を予定しています
    ※ 本体マイクの利用は、ソフトウェアアップデートが必要な場合があります

    ■Android(TM)やiOSのスマートフォンで見ている動画を大画面に映す
    スマートフォンでYouTube(TM)、Hulu(フールー)などのアプリで視聴したい動画を見つけたら、キャストボタンを押すだけ。「Chromecast built-in」端末ならスマートフォンで視聴していた動画をかんたんにブラビアの大画面に映せます。
    テレビに動画を映している間、スマートフォンでは別の作業もできます。

    ※ スマートフォンの動画アプリが Chromecast built-in に対応している必要があります。
    ※ スマートフォンとブラビアを同じホームネットワークに接続する必要があります
    ※ サポートされているオペレーティング システムおよび端末:Android 2.3 以上、iOS(R)7以上、Windows(R)7以上、Mac OS(R)10.7以上、Chrome OS(38以上)
  • 【4Kコンテンツを楽しむ】

    ■BS4K/CS4K放送(※1)の裏番組録画(※2)に対応した4Kダブルチューナー(※3)
    別売の「地上・BS4K・110度CS4Kチューナー」を対応のブラビアに接続することで、手軽にBS4K/CS4K放送の番組視聴と録画が可能。
    地上・BS・110度CSチューナーに加え、BS4K/CS4Kチューナーも2基搭載。BS4K/CS4K放送の番組を視聴しながら、同時に別の4K放送の番組を録画できるため、見たい番組が重なってても安心です。
    また、付属のHDMIケーブル1本で4Kブラビアと接続すれば、ブラビアのリモコン1つ(※)で本機の基本操作が可能です。

    ※ 事前に設定が必要です。一部機能は本機のリモコンでの操作が必要です
    ※1 BS・110度CSによる4K放送のことであり、東経124度・128度CSデジタル放送は含みません
    ※2 録画には別売のUSBハードディスクが必要です。2番組同時の録画および視聴はできません。一部のHDDでは使用できない場合があります。サービス側の指定による録画禁止コンテンツの録画はできません
    ※3 東経124度・128度CS放送(スカパー! プレミアムサービス)および、BS8K放送の受信には対応していません。BS放送がすべて視聴できている場合、現在ご使用中の衛星アンテナと伝送機器のままで、NHKと民放キー局系のBS4K放送(右旋放送)を視聴できます。さらに、すべてのBS4K放送と110度CS4K放送を受信するには、別売の4K8K放送に対応した衛星アンテナ(右左旋共用)とブースターや分配器、壁面端子、分波器などの伝送機器(3224MHz対応)が必要です。また、4K画質で視聴するには、4K/60pとHDCP2.2に対応したテレビが必要です。HDRや広色域画質で視聴するには、HDR(HLG方式)や広色域(BT.2020方式)に対応したテレビが必要です

    ■「My BRAVIA」でおすすめ4K作品をチェックしよう
    ブラビアをお使いの皆様へ、厳選されたコンテンツをお届けします。
    快適にご使用いただくためのヒントや、すぐに楽しめる4K作品情報のほか、人気のドラマ・アニメ・映画などもご紹介します。

    ■4K配信はインターネットが主流
    4Kコンテンツは、インターネット上で多数配信されています。ブラビアはAndroid TV 機能を搭載しているので、対応しているアプリも多く、さまざまな4K配信サービスを利用することができます。
    4Kコンテンツは続々登場しています。たとえば「Netflix」なら、2018年5月時点で約1,700時間のオリジナル4K作品が配信されています。HDR作品についても、約300時間配信中です。
    ブラビアをインターネットにつなげば、まるで自宅が映画館。このような高画質な4Kコンテンツを、たくさん楽しむことができます。(※1)

    ※1 Netflix視聴プランのメンバーシップが必要です。Ultra HD 4K/HDRのご利用は、視聴プラン、インターネット契約内容、デバイス機能、利用可能なコンテンツによって異なります。
    ※ 2018年12月から放送が開始される「BS・110度CSによる4K・8K衛星放送」を受信する機能は搭載していません。放送を楽しむには、今後発売予定の別売のチューナーが必要です
  • 【録画】

    ■テレビ番組を見ながら裏番組が録画できる「外付けHDD裏番組録画」対応(※1)
    別売のUSBハードディスク(HDD)を対応のブラビアに接続するだけで、手軽にテレビ番組の録画が可能。ハイビジョン映像もそのままの画質で録画できます。
    また、視聴している番組をそのまま録画したり、ブラビアの電子番組表(EPG)からかんたんに録画予約したりできます。
    ハードディスクは最大16TBまで対応(※2)。家族それぞれ専用のハードディスクを使用して、自分だけの番組コレクションを楽しめます。

    ※1 2番組同時の録画および視聴はできません。外部入力の映像は録画できません
    ※2 最大8台まで登録が可能です。同時に複数台のHDDは接続できません

    ■声でかんたん録画予約(※1)
    ブラビアなら、「来週のバラエティ番組を録画したい」というような、自然な文章での検索にも対応。
    時制、キーワード(ジャンル)、アクションを抽出して、適切な番組を検索し、スムーズに録画予約画面を出すことができます。

    ※1 録画予約の検索結果を表示する機能です。実際に音声で録画できるわけではありません。なお、録画するには外付けHDDや、ソニールームリンクで接続されたブルーレイディスクレコーダー(一部機種を除く)などが必要です。検索する言葉や、検索結果画面は実際と異なる場合があります。利用にはインターネット接続が必要です

    ■スマートフォンを使って外出先から録画予約
    ソニーのスマートフォン向けアプリVideo & TV SideView(※1)を使えば、家の中でも、外出先からでも、思い立ったそのときに録画予約できます。
    アプリでは、番組表だけでなく予約ランキングも確認できるので、番組の選び方が広がります。

    ※1 Android 4.1以降、iOS 8以降に対応
    ※ インターネットに接続されたブルーレイレコーダー、nasneが必要です

    【リモコン】
    ■「Google アシスタント 」ボタン
    リモコンの「 Google アシスタント 」ボタンを押して会話をするように声で見たい動画を探せる「音声検索」が可能。(※1)
    押して、話す。それだけで見たいものを検索できます。リモコン本体はスリムで持ちやすく、ボタンの文字も大きく読みやすので、よりかんたんに操作できます。

    ※1 音声検索機能を使うには、インターネット環境が必要です。なお、Google アシスタント 搭載による機能は、2018年内に対応予定です

    ■見たいアプリをらくらく起動「ネット動画」ボタン
    「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」「AbemaTV」「YouTube 」の「ネット動画」ボタン搭載で、ワンプッシュでかんたんアプリ起動。地上波を見ながら、シームレスにネット動画(※1)に移動することができます。
    また「Android(TM) 8.0 Oreo(TM) 」に対応することでホーム画面が進化し、各アプリにどんなコンテンツがあるのかがひと目で分かるビジュアル番組表のようになりました。
    また、リモコンの「アプリ」ボタンを押すと、ネット動画アプリがアイコン一覧で表示され、よりネット動画へのアクセスがしやすくなります。

    ※1 各アプリを使うには、インターネット環境が必要です。また、Google ID によるログイン、さらに別途契約が必要な場合があります

    ■数字ボタンで電源オン!「チャンネルポン」でいつもの番組がすぐ見られる!
    リモコンのチャンネルボタン(数字ボタン)で電源が入り、見たい番組をすぐに視聴できます。

    ■「レコーダーホーム」
    HDMIで接続しているソニーのブルーレイディスクレコーダーのホーム画面にワンプッシュで移動でき(※1)、そのまま画面上の操作ができます。

    ※1 ブラビアリンクをオンにしておく必要があります

    ■「メニューバー」機能
    放送波を見ながらテレビボタンを押すと、他の現在放送中の番組や録画番組をすぐチェックできます。

    ※ 地上波/BS/CSをテレビのチューナー経由で視聴するには、もう一度ボタンを押すことで起動します

    【デザイン】
    ■高画質であることが滲み出る上質感
    クリエイターの求める画質をあますところなく引き出すZ9Fシリーズ。
    ベゼルは、一眼レフカメラなどにも採用される、傷に強いプロット塗装で仕上げ、他パーツの金属な質感と対比させることで黒の多様なテクスチャーを際立たせています。
    アルミの金型鋳造によるスタンドは、角棒を組み合わせたミニマムな造形。洗練されたオブジェのような美しいたたずまいです。
    さらに、テレビ周りのノイズとなる要素を少なくし映像に集中できるよう、ケーブル処理を追求。ケーブル類をリアカバーに収めることで、正面や側面、背面から見てもケーブルが見えず、スタイリッシュなデザインを実現するとともに、映像への没入感も高めています。
■この商品の納期について
こちらの商品は大物商品のため、お届け希望日の確認をさせていただいております。商品をカートに入れ、アンケートにお答えいただいた後に、「ヨドバシカメラからお客様へご連絡」をお選びください。弊社の受付担当よりお電話で最短のお届け日をご案内させていただきます。
■この商品に対する注意事項
こちらのテレビで2018年12月から放送される4K8K衛星放送を視聴するには別途対応するチューナーが必要です。また全てのチャンネルを視聴するにはアンテナ機器など対応する視聴環境が必要です。
  • 設置工事・リサイクル回収・組み立て等、サービスのお申し込み
  • ※「カートに入れる」ボタンをクリックした後の設定画面でお申し込みいただけます。
デジタルテレビ設置
デジタルテレビ設置
¥1,080(税込)
不要な製品のリサイクル回収
不要な製品のリサイクル回収
◆ご注文前にご確認ください
商品の設置について
商品の配達と同時に設置も承ります。ご注文手続きの際、設置等に必要な事項の入力をお願いします。
その内容を確認後、弊社よりお電話で、工事日程等の詳細をご案内いたします。

お届け、設置までの流れなど、詳しくはこちらをご確認ください。
見て納得。写真で解説。
【リアルタイム処理能力を大幅に向上。究極の高画質を追い求めたソニー独自の次世代高画質プロセッサー】

リアルタイム処理能力を約2倍向上させた「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」。従来の4K高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」に比べ、圧倒的な映像分析能力により、有機EL/液晶パネル、映像の解像度、ノイズ量、色、明るさを詳細に分析。さらなる高精細、なめらかな階調表現、HDR相当の高コントラストを実現します。究極を求めたソニーならではの高画質が、これまでにない映像体験をもたらします。

ソニー SONY KJ-75Z9F の商品スペック

音声検索
対応 ※Google アシスタント built-in/ハンズフリー音声検索
画面サイズ
75V型
画面解像度
4K(3840×2160)
チューナー
地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル×2 ※1つは視聴専用、1つは録画専用
スピーカー個数
2個 ※フルレンジ×2個
HDD有無
倍速液晶
対応
動画サービス
あり
HDMI端子数
4 
他のソニーのAV機器を探す
高さ
96.3cm
103.9cm ※スタンド含む
167.6cm
奥行き
6.7cm
39.9cm ※スタンド含む
重量
38.5kg
40.1kg ※スタンド含む
消費電力(約)
408W
外付けHDD
対応
3D対応
非対応
スピーカー
あり ※フルレンジ×2個 2ch(バスレフ型スピーカー)
その他
●無線LAN機能:IEEE802.11ac/a/b/g/n
●USB端子:3
●LAN端子:100BASE-TX/10BASE-T
●付属品:標準スタンド、リモコン、単4形乾電池(2個)、転倒防止用固定ベルト一式、電源コード

    ソニー KJ-75Z9F [BRAVIA ブラビア 75V型 地上・BS・110度CS 液晶テレビ 4K対応 Z9Fシリーズ] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!