PM12OSE/FN [プリメインアンプ]
    • マランツ Marantz PM12OSE/FN [プリメインアンプ]

    • ¥363,00036,300ポイント(10%還元)
    • 在庫残少 ご注文はお早めに!2021年3月8日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
PM12OSE/FN [プリメインアンプ]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000001005462267

マランツ Marantz
PM12OSE/FN [プリメインアンプ]

マランツ Marantz
12シリーズの潜在能力を限界まで引き出した日本国内専用モデル。
外装は10シリーズと同様に、銅メッキシャーシ、5mm厚のアルミトップカバー、アルミ無垢材から削り出されたインシュレーターを採用。これらはコストに大きく影響するパーツではありますが、音質面のメリットも非常に大きなものがあります。他方アナログオーディオ回路のチューニングとしては、12シリーズの音質傾向を変えることなくクオリティをアップさせるために敢えてコンデンサーの変更は行わず、抵抗をグレードの高い金属皮膜抵抗に置き換えることでS/N感の向上とより広い音場空間の再現を可能にしました。
  • 5.0
希望小売価格:¥385,000
価格:¥363,000(税込)(希望小売価格より¥22,000の値引き)
ポイント:36,300ポイント(10%還元)(¥36,300相当)
お届け日:在庫残少 ご注文はお早めに!今すぐのご注文で、2021年3月8日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
メーカー:マランツ
販売開始日: 2020/02/21
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

マランツ Marantz PM12OSE/FN の 商品概要

  • 価格の制約を取り払い、限界を突き詰めたサウンドチューニング

    10シリーズ同等の外装パーツ、金属皮膜抵抗を新たに採用。

    新開発のHDAM-SA3搭載電流帰還型プリアンプ
    スイッチングアンプの採用により、従来のアナログアンプにおいて大きなスペースを占めていたパワーアンプ回路およびヒートシンクが小型化され、このクラスのプリメインアンプにおいて、かつてないほどの大きなスペースをプリアンプのために使用することが可能になりました。このスペースを最大限に活かし、音質を最優先した回路設計およびパーツ選定を行い、マランツ独自の高速アンプモジュールHDAM-SA3を用いた電流帰還型アンプにJFET入力とDCサーボ回路を組み合わせた1段構成のプリアンプ回路を新開発。定評ある情報量の豊かさやハイスピードなサウンドに磨きをかけると同時にカップリングコンデンサーの使用個数を減らし、音声信号の解像度および透明感を大幅に改善しました。

    大容量で高品位なプリアンプ専用電源回路
    プリアンプ専用の電源回路を搭載することにより、パワーアンプによる電力消費量の変動に影響を受けない安定した電源供給を可能にしています。高純度かつゆとりのある電源供給のために、プリアンプ専用に大容量トロイダルコアトランスを搭載。トランス外周には珪素鋼板とスチールケースによる2重のシールドを施し、漏洩磁束による周辺回路への悪影響を抑えています。整流回路には、超低リーク電流ショットキーバリアダイオードを採用。また、平滑回路には新規開発のエルナー製カスタムブロックコンデンサー(6800μF / 35V)を採用し、高品位かつハイスピードな電源供給を可能にしています。

    定格出力200W(4Ω)Hypexスイッチング・パワーアンプ・モジュール「NC500」
    音質に妥協することなしに、これまでのプリメインアンプのサイズの制約を超えた大出力とスピーカー駆動力を実現するために、Hypex社製 NCore NC500スイッチングアンプモジュールを採用。NC500は、電力効率とスペースファクターに優れるだけではなく、低域から高域に至るまで歪が極めて少なく、接続されるスピーカーのインピーダンスにかかわらず周波数特性が変化しないという非常に優れた性能を備えたスイッチングアンプモジュールです。PM-12 OSEでは2基のモジュールを搭載。高さを抑えた筐体ながら200W/4Ωの大出力を実現しています。また、保護回路の改良によるスピーカーリレーの排除とパワーアンプ・モジュールのシャーシへの取り付け方法の改良により、パワーアンプ・モジュールからスピーカー端子までの経路を約10mmにまで短縮し、接点数も半減させました。その結果、ダンピングファクターがPM-14S1の4倍以上となり、劇的なスピーカー駆動力の向上を実現しました。

    リニアコントロール・ボリューム
    新たにJRC製の最新型高性能ボリュームコントロールICを採用。可聴帯域外に至るまで優れた特性を備えており、機械式ボリュームでは構造上避けられない左右チャンネル間のクロストークや音量差が生じないため、空間表現力を大きく向上させることができます。ゼロクロス検出によるゲイン切り替えにより、ボリューム操作時にクリックノイズが発生することもありません。加速度検出システムにより、ゆっくり回すと0.5dBステップで高精度に、早く回すと素早く音量を調節することができます。可変抵抗体を使用していないため、ボリュームパーツの経年劣化に伴う音質の変化もなく、長期にわたり安心して使うことができます。

    Marantz Musical Premium Phono EQ
    アナログレコードの音楽性を最大限に引き出すMM/MC対応の無帰還型フォノイコライザー。20dBのゲインを持つMCヘッドアンプと40dBのゲインを持つ無帰還型フォノイコライザーアンプの2段構成を採用することにより、1段当たりのゲインを抑え、低歪を実現しました。音声信号が通過する信号経路はすべてディスクリート回路により構成。JFET入力とDCサーボ回路の追加によってカップリングコンデンサーを排除し、繊細な音声信号の純度を損なわない増幅を可能にしました。フォノイコライザー基板はスチール+珪素鋼板によるシールドケースに収め、外来ノイズによる影響を排除しています。

    純銅削り出しピンジャック&スピーカーターミナル
    CD入力とフォノ入力には純銅削り出しのピンジャックを採用。スピーカー出力にも同様に純銅削り出しのスピーカーターミナルを採用しています。一般的な端子に用いられる真鍮に比べて硬度が低く、機械加工の難しい純銅のブロックを熟練工が一つ一つ手作業で切削加工して生産される特注品です。銅は銀に次ぐ極めて高い電気導電性を持ち、再生音に力強さと安定感をもたらします。表面処理はリスニングテストの結果、従来のニッケル下地+金メッキの2層から厚みのある1層のニッケルメッキに変更しています。

マランツ Marantz PM12OSE/FN の商品スペック

その他 オーディオ特性
定格出力: 200 W + 200 W(4 Ω、1 kHz、T.H.D. 0.1 %) 100 W + 100 W(8 Ω、1 kHz、T.H.D. 0.05 %)
全高調波歪率: 0.005 %(100 W、8 Ω、1 kHz)
周波数特性: 5 Hz - 50 kHz (±3 dB、CD、1 W、8 Ω)
ダンピングファクター: 500(8 Ω、20 Hz - 20 kHz)
入力感度/入力インピーダンス:PHONO(MC)250μV / 100 Ω、PHONO(MM)2.3 mV / 39 kΩ、
CD / LINE 220 mV / 13 kΩ、POWER AMP IN 1.1 V / 13 kΩ
PHONO最大許容入力:MC 8 mV(1 kHz)、 MM 80 mV(1 kHz)
RIAA偏差: ±0.5 dB(20 Hz ? 20 kHz)
S/N比(IHF Aネットワーク、8Ω):PHONO(MC)75 dB(0.5 mV入力)、PHONO(MM)88 dB(5 mV入力)、CD / LINE 107 dB(定格出力)
入出力端子
音声入力端子:アンバランス × 5、PHONO × 1、POWER AMP IN × 1
音声出力端子: REC アウト × 2、ヘッドホン × 1
その他入出力端子:マランツリモートバス(RC-5)入出力 × 1、F.C.B.S.入出力 × 1
総合
消費電力:130 W
待機電力:0.2 W
最大外形寸法:W440 x H127 x D453 mm
質量:15.7 kg
付属品:取扱説明書、リモコン(RC005PMSA)、 ショートプラグ × 2(PHONO)、単4形乾電池 × 2、電源コード
他のマランツのAV機器を探す

    マランツ PM12OSE/FN [プリメインアンプ] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!