GO blu [Bluetooth対応DAC&アンプ]
    • iFi-Audio アイファイオーディオ GO blu [Bluetooth対応DAC&アンプ]

    • ¥29,7002,970ポイント(10%還元)
    • 在庫あり2022年1月24日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
GO blu [Bluetooth対応DAC&アンプ]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000001006772304

iFi-Audio アイファイオーディオ
GO blu [Bluetooth対応DAC&アンプ]

iFi-Audio アイファイオーディオ
iFIのポケット・ロケット・ポータブル高解像度DAC&アンプは、重量27gでとても小さくどこにでも持っていけます。スマートフォンに有線接続しなくてもよいのでワイヤレスの利便性が得られるとともに、有線接続による最高のサウンドも得ることができます。USB-C充電ポートはオーディオ入力端子としても使用できるのでBluetooth接続に対応していない音源機器をGO blueとUSB接続すれば24ビット/96kHzまでのハイレゾPCMオーディオ・データがサポートされます。
  • 4.5
希望小売価格:オープンプライス
価格:¥29,700(税込)
ポイント:2,970ポイント(10%還元)(¥2,970相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年1月24日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
メーカー:iFi-Audio
販売開始日: 2021/11/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

iFi-Audio アイファイオーディオ GO blu の 商品概要

  • Go blueで限界を超える

    軽量なソフトタッチのポリマー・エンクロージャー(信号をブロックする金属と違い、Bluetoothの受信に有利です)、銅色の外装、ChronoDialの時計の竜頭スタイルのコントロール・ノブを備えたGO blueは、どこに行っても楽しく使うことができます。iFIは高品質なチップ・ベース(CMOS-MEM)のマイクロフォンも装備しているので、ハンズフリーで電話、ゲームのボイスチャット、Apple SiriやGoogle Assistantのボイス・アシスタントへのアクセスが可能です。USB-C充電ポートにはさらに柔軟性が加えられています。オーディオ入力端子としても使用できるので、Bluetooth接続に対応していない音源機器をUSB接続することができるのです。この方法でGO blueに接続すれば、24ビット/96kHzまでのハイレゾPCMオーディオ・データがサポートされます。
  • HD Bluetooth 5.1

    iFIがBluetoothを手がけるとなると、それは「並のやり方」ではけっしてありません。小さなサイズであっても、GO blueも例外ではありません。クアルコムの最新の4コアQCC5100 Bluetooth処理チップを最大限に活用して、現在流通している高解像度Bluetoothオーディオ・フォーマットをすべてサポートしているのです。●aptx Adaptive、aptx HD●LDAC、HWA/LHDC●通常のaptx、aptx Low Latency●AAC●SBC(基本的なBluetooth) これによって、あらゆる音源機器を、それぞれの仕様内で可能な最高解像度で扱うことができます。他のポケットサイズのDAC&アンプで、このような多様なコーデックをサポートしているものはありません。また、Bluetooth上でこのような高音質のサウンドをサポートしているものもありません。GO blueはBluetooth v5.1に準拠しているので、可能な限り最高の帯域、安定性、パフォーマンスを確保しています。また、その「Bluetoothエンジン」は、ワイヤレスでアップデートすることが可能です。
  • 3つの独自ステージ

    ポケットサイズBluetooth DAC&ヘッドフォンアンプの大半は、入力処理、DA信号変換、増幅のためにオールインワンの「システム・オン・ア・チップ」を使用しています。これは装着がシンプルで、コンパクトで、コストパフォーマンスが高いのですが、音質に関して言えば、専門的に設計され、個別に最適化された回路ステージには比べようもありません。このタイプとサイズのデバイスとしては独自の仕様を誇るGの巧妙な設計は、Bluetooth、DAC、アンプの各ステージを独立させて搭載し、それぞれが個別のブロックで管理されているので、最先端の仕様とすばらしいサウンドの理想的な組み合わせが実現しているのです。Bluetoothステージは、クアルコムの最新の4コアQCC5100 Bluetooth処理チップを最大限に活用して、現在流通している高解像度フォーマットを全てサポートしています。(2021年11月現在)これが、中心部にシーラス・ロジックの32ビットDACチップを装備したDACステージに送られます。これが特製のデジタル・フィルターと組み合わされて、プリエコーやリンギングといった悪影響を与える産物を最小限に抑えます。そして、精密なクロック・システムが超低ジッターを確保し、こうしてデジタル・オーディオ信号のエラーや歪みを低減するのです。アンプ回路は、シンメトリカルなツイン・モノ信号経路を採用し、iFIのDirectDrive設計コンセプトを利用しています。ダイレクトカップリングによって、歪みのない(その原因になる出力カップリング・キャパシターのない)、クリーンな信号経路が確保されるのです。アンプ・ステージは5.6Vまで供給することができます。同サイズの機器に比べるとかなりのパワーです。ヘッドフォンの比較的タフな負荷も易々とこなします。接続されたヘッドフォンやイヤフォンに信号の強さが合うように、自動ゲイン機能が6dB上下に調節してくれます。
  • バランス回路

    バランス型ヘッドフォンを使用していようと、非バランス型ヘッドフォンを使用していようと、最小のノイズで、最高のチャンネル・セパレーションで音楽を楽しむことができます。GO blueは4.4mmバランス出力を装備しているので、バランス接続が可能なヘッドフォンを使用することができ、これによってGO blueのバランス・アンプ設計の利点をフルに生かすことができます。これに加えて、3.5mm出力はiFI特製のS-Balanced回路を装備しています。S-Balanced出力は、シングルエンド・ヘッドフォンを接続しても、クロストークと歪みを50%低減します。これは、高感度なインイヤーモニターには特に有効です。
  • 中も外もXファクター

    失われたローエンドを取り戻すXbassと、音場を広げるXspaceを装備したGO blueは、見た目には小さくても中身は有能です。その壮麗な音楽性に浸ることができるでしょう。Xファクターはサウンドだけに止まりません。GO blueは時計の竜頭スタイルのコントロール・ノブを装備し、ハイテク部品で作られています。その重さは、羽根のように軽い26gです。あなたの「お出かけ用」音楽デバイスになることでしょう。

iFi-Audio アイファイオーディオ GO blu の商品スペック

その他 ●チップセット:Qualcomm QCC 5100シリーズ
●入力:Bluetooth(aptx,aptx HD,aptx Adaptive,aptx LL,LDAC,HWA/LHDC,AAC,SBC)、USB-C(~24bit/96kHz)
●出力:4.4mmフルバランスヘッドフォン出力、3.5mm S-balancedヘッドホン出力
●出力パワー:4.4mmフルバランス出力 245mW @ 32Ω; 5.6V @ 600Ω 3.5mm S-balancedヘッドフォン出力 165mW@32Ω; 2.8V @600Ω
●出力インピーダンス:1Ω以下
●S/N比:4.4mmフルバランス出力 111dB(A)3.5mm S-balancedヘッドフォン出力 106.5dB(A)
●ダイナミックレンジ:120dB(A)
●THD+N:4.4mmフルバランス出力:0.009%(6.5mW/2.0V@600Ω) 3.5mm S-balancedヘッドフォン出力:0.03% (100mQ/1.27V@16Ω)
●周波数特性:20Hz-45kHz(-3dB)
●バッテリー容量:450mAh 連続最大再生時間約8時間
●サイズ:55x34x13mm
●重量27g
他のiFi-AudioのAV機器を探す

    iFi-Audio GO blu [Bluetooth対応DAC&アンプ] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!