アサヒ スーパードライ 5度 500ml×24缶 (ケース) [ビール]
    • アサヒビール アサヒ スーパードライ 5度 500ml×24缶 (ケース) [ビール]

    • ¥6,740203ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日2024年6月25日火曜日までにお届け日本全国配達料金無料
アサヒ スーパードライ 5度 500ml×24缶 (ケース) [ビール]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000001006963719

アサヒビール
アサヒ スーパードライ 5度 500ml×24缶 (ケース) [ビール]

アサヒビール
「飲んだ瞬間の飲みごたえ、瞬時に感じるキレのよさ。」が特長の躍動感あるうまさ。

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳以上であることを確認できない場合、酒類を販売しません。
飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

  • 5.0
希望小売価格:オープンプライス
価格:¥6,740(税込)
ポイント:203ポイント(3%還元)(¥203相当)
お届け日:在庫あり今から32分以内のご注文で、本日2024年6月25日火曜日までお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
日本全国配達料金無料
メーカー:アサヒビール
販売開始日: 2022/02/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

アサヒビール アサヒ スーパードライ 5度 500ml×24缶 (ケース) の 商品概要

  • 新スーパードライ、始まる

    「飲んだ瞬間の飲みごたえ、瞬時に感じるキレのよさ。」が特長の躍動感あるうまさ。

    新スーパードライ、始まる
    発売36年目にして初のフルリニューアル。1987年にスーパードライが発売してから35年。人々の暮らしや価値観は大きく変化した。肩書きや世間体よりも、自分らしさを大事にする世の中へ。だからこそ、いま、私達は変わる。自分らしさが求められる今の時代にふさわしいうまさへ。2022年3月 新スーパードライ、始まる。

    新・辛口の特徴とは
    「飲んだ瞬間の飲みごたえ、瞬時に感じるキレのよさ」のこと。新しいスーパードライは、辛口の骨格は継承しながら、発酵由来のビールらしい香りとホップの香りを、バランスよくほのかに増やし、グッとくる飲みごたえを実現。さらにキレのよさは維持することで、一口飲むごとに「飲みごたえ」と「キレのよさ」が連続して瞬間的に押し寄せる、躍動感あるうまさが楽しめます。
  • 歴史

    ①新しいコンセプトのビール開発に着手
    人も企業も、危機的状況に直面したときに、その真価があらわになります。1980年代後半、アサヒビールのシェアは9%台まで低下し、業界第4位が目前というところまで追い詰められました。そこで全社一丸となって取り組んだのが、大胆な企業改革です。第一段階として、新たにCIを導入。また、「味で流れを変える」というコンセプトを掲げ、従来と異なる発想や手法を大胆に取り入れ、本格的マーケティングに基づいた新製品の開発に着手しました。こうして生まれた、「コクとキレをあわせ持つ」というニュータイプのビール「アサヒ生ビール(通称コクキレビール)」が1986(昭和61)年2月に発売され、市場から好評を得てヒット商品となりました。会社の業績も上昇に転じ、道の先に確かな明かりが見えてきたのです。このコクキレビールの発売日の1日前に開発に着手したのが、のちに国内ビール市場はおろか、世界的に有名になった「スーパードライ」です。これは、単に「従来よりもうまいビール」を目指すにとどまらず、「消費者ニーズの新しい流れを受けて独自に開発した新カテゴリーの創出」という、まさに当時のアサヒビールの企業姿勢を体現するような意欲的・革新的なものでした。

    ②1987年3月17日発売
    「スーパードライ」は1987(昭和62)年3月17日に関東地方の1都6県で発売開始され、約2カ月後には沖縄を除く全国に販売地域を拡大しました。戦略には、トータルマーケティングの手法を導入。すなわち、広告で商品を告知し、店頭や街頭の試飲会でうまさを体験していただき、配荷率を上げ、店頭の陳列効果を高め、いつでもどこでも買えるようにして継続購入につなげるという一連の流れを徹底しました。発売と同時に、「スーパードライ」の従来にはなかったすっきりとしたキレ味の良さはお客様から圧倒的な好評をいただき、瞬く間にヒット商品になりました。当初の販売計画である100万函は5月下旬に400万函に修正され、その後も上方修正が続いて、11月下旬には1300万函になったのです。もちろん、黙っていても勝手に売れたわけではありません。街頭や店頭で土日に試飲会を実施したところ、信じられないほどの反響があったため、これを全国に展開。全社応援として、生産や事務の社員も総出で全国の試飲会に出かけました。また、東京工場だけで行っていた「スーパードライ」の生産を他の全国の工場にも拡大し、生産能力を増強しました。これらの結果、最初の年だけで1350万函を販売し、アサヒビール全体の販売量も前年比134.4%と大幅に増加。国内ビール業界におけるシェアは2.5ポイント上がり、翌年の1988(昭和63)年にはシェアが20.6%までアップして業界2位になりました。

    ③広告宣伝の大量投入
    企業改革や新商品開発の基本理念である「味で流れを変える」というコンセプトは、「コクキレビール」や「スーパードライ」の広告宣伝でも生かされました。これまでにない新しいビールの特徴を伝えたい、新しい味を楽しんでほしいというアサヒビールの思いが込められた商品カタログ的な品質訴求路線を徹底したのです。「スーパードライ」の新発売キャンペーンに当たっては、主要な新聞に次々と全面広告を展開するなど、幅広い媒体を使って大量の広告宣伝を展開しました。「営業で得た利益は営業に還元する」という樋口社長の方針もあって、広告宣伝費は1986(昭和61)年~1989(平成元)年の間に2.7倍に拡大したほどです。また、世界最大の商用飛行船「アサヒスーパードライ号」を運行。日本全国の上空をゆっくりと航行しながら、空から「スーパードライ」をPRする姿は大きな話題となり、誰もが驚いて空を眺めたほどでした。

    ④ドライ戦争の勃発と勝利
    「スーパードライ」の発売当初、他社は「夏場だけの商品」「日本人の口に合わない」などとして静観していました。しかし、社会現象となるほどの大ヒット商品であることが次第に分かってくると、黙って見ているはずがありません。翌年のビール市場に向けて、対応を始めました。これに対して、類似商品発売の情報を得たアサヒビールが、消費者に誤解を与えないよう抗議したことがマスコミに一斉に取り上げられたことをきっかけとして、「ドライ戦争勃発」が一気に話題となりました。これが、結果的に「スーパードライ」の知名度を押し上げるだけではなく、「スーパードライ」のコンセプトや味の新しさを強く印象づけるという思わぬ効果をもたらしました。「ドライ戦争」は、他社がラベルの文言やデザインの変更に応じたことで、ひとまず決着をみました。この「ドライ戦争」は、実は社内にも大きなインパクトを与えることにもなりました。トップが先頭に立ってアサヒビールの正当性を堂々と主張したことで、社内の士気が大いに高まったのです。社員は自信とプライドを持って、「スーパードライ」の一層の販売アップのために力を注ぎました。他社からは競合商品も出されましたが、1998年には「スーパードライ」が7500万函を売り上げ、アサヒビールは「ドライ戦争」に完全な勝利を収めました。

    ⑤45年ぶりにトップシェアを奪還
    他社との「ドライ戦争」に勝利した「スーパードライ」は、お客様に思わぬ影響をもたらしました。「味でビールを選ぶ」という新しい消費行動を生み出したのです。そのため、各社から新製品が出たら試しに飲んでみるという「トライアルユース」が急拡大し、気軽に新製品へ移行するようになったため、「スーパードライ」などの定番商品に影響を与え苦戦するようになりました。さらに、バブル経済崩壊の影響もあって、発売から5年目を迎えて、「スーパードライ」の出荷量が前年割れとなりました。この時期、酒販免許の緩和に伴う価格破壊や酒類の自販機撤廃、発泡酒の登場といったように、ビール業界を取り巻く環境は大きく変化しました。こうした中で1992(平成4)年に就任した瀬戸雄三社長は、陰りが見えた「スーパードライ」の勢いを再点火させようと考え、さまざまな施策を実行に移しました。特に、消費者に「最高のおいしさ・品質」をお届けするために製造から消費までの期間を短縮する「フレッシュマネジメント」が功を奏し、折からの定番回帰の流れと相まって、踊り場を乗り越えることに成功。こうして「スーパードライ」は日本のビールのトップブランドに上り詰め、1998(平成10)年にはアサヒビールのシェアが39.5%となって、45年ぶりにトップシェアを奪還しました。追い詰められたところからの勇気ある反撃や、最初の勢いが衰えたとみるや再点火して栄冠をつかむといったように、「スーパードライ」がこれまでに歩んできた道には、数え切れないほどの熱いドラマがあります。
  • こんな時にも

    ・お正月やお盆やクリスマスなど、家族や友達と集まるタイミングに。
    ・バレンタインやホワイトデー、父の日や母の日、誕生日など季節季節の贈り物に。
  • 飲用シーン

    BBQ(バーベキュー)やキャンプやピクニック等にピッタリ。花見や花火、紅葉狩りなどでの飲用もおすすめ。
  • 動画で解説

アサヒビール アサヒ スーパードライ 5度 500ml×24缶 (ケース) の商品スペック

ビアスタイル ラガー
アルコール度数 5度
容量 500ml ※×24缶
他のアサヒビールの食品&飲料・お酒を探す
その他 ●種別:ビール
●容量:500ml×24
●原産国:日本
●入り数:24缶(ケース)
●原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ
●成分(100ml当たり)/アルコール分(度数):5%/エネルギー:42kcal/たんぱく質:0.2~0.4g/脂質:0g/糖質:3.0g/食物繊維:0g/ナトリウム:0~8mg/プリン体:5~6mg※/賞味期限:9ヶ月
※原則容器に表記した値を掲載しておりますが、「※」のついた値はメーカー分析例となります。この値は実際の成分量とは異なる可能性があります。
原産国 日本

    アサヒビール アサヒ スーパードライ 5度 500ml×24缶 (ケース) [ビール] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!