EOS R7 [ボディ APS-Cサイズ ミラーレスカメラ]
    • キヤノン Canon EOS R7 [ボディ APS-Cサイズ ミラーレスカメラ]

    • ¥197,78019,778ポイント(10%還元)
    • お取り寄せ日本全国配達料金無料
EOS R7 [ボディ APS-Cサイズ ミラーレスカメラ]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000001007118437

キヤノン Canon
EOS R7 [ボディ APS-Cサイズ ミラーレスカメラ]

キヤノン Canon
「EOS R7」はEOS Rシリーズ初のAPS-Cサイズ CMOSセンサーを搭載し、高速連写と高画質を両立したミラーレスカメラです。高いAF性能と被写体検出機能により、高速、高性能な撮影が可能。新開発の有効画素数最大約3250万画素APS-Cサイズ CMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」により、APS-Cサイズ CMOSセンサー搭載のEOS史上最高解像性能を実現 しています。ボディー内5軸手ブレ補正機構を搭載し、手ブレの発生しやすい環境でも快適な撮影を実現。さらに、レンズ内光学式手ブレ補正機構(レンズ内IS)を搭載したRF レンズ装着時は、カメラとレンズそれぞれの手ブレ補正機構が協調することで、最高8.0段の手ブレ補正が可能です。

ミラーレス一眼カメラ 専門ストア【ミラーレス一眼カメラ専門ストア】
人気メーカーのミラーレス一眼カメラが勢ぞろいミラーレス一眼カメラ専門ストアはこちら
おすすめの最新機種をご紹介!ミラーレス一眼カメラの選び方特集はこちら

  • 5.0
希望小売価格:オープンプライス
価格:¥197,780(税込)
ポイント:19,778ポイント(10%還元)(¥19,778相当)
お届け日:お取り寄せ
日本全国配達料金無料
メーカー:キヤノン
販売開始日: 2022/06/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
■この商品の納期について
こちらの商品は決済確認後入荷までに約3ヶ月のお時間をいただいております。入荷後直ちにお届けいたします。

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

キヤノン Canon EOS R7 の 商品概要

  • 1.動体撮影など幅広いシーンに対応する高速連写・高性能AF

    ・メカシャッター/電子先幕による撮影時は、EOS Rシリーズ最速となるAF/AE追従で最高約15コマ/秒※1の高速連写を実現。
    ・電子シャッターによる撮影時は、AF/AE追従で最高約30コマ/秒※1の高速連写を実現。
    ・「EOS R3」のAF被写体検出技術を継承し、人物の瞳・顔・頭部・胴体、動物※2(犬・猫・鳥)の瞳・顔・全身、乗り物※3(モータースポーツにおける車・バイク)の全体・スポット検出に対応。ディープラーニング技術を活用したアルゴリズム「EOS iTR※4AF X」により、優れた検出性能と被写体追尾性能を実現。
    ・電子シャッターによる RAW 画像の連続撮影機能「RAW バーストモード」(AF/AE 追従)を搭載。クロップなしで最高約30コマ/秒の連続撮影が可能。また、シャッターボタン半押し状態で撮影を開始し、シャッターボタン全押しの最大約0.5秒前から記録できる「プリ撮影」が可能。

    ※1 連続撮影速度の条件およびサーボ AF 時に最高連続撮影速度に対応するレンズについては、キヤノン公式 WEB サイト「cam.start.canon」上にある“EOS R7”の「詳細ガイド」もしくは「補足情報」をご参照ください。
    ※2 被写体によっては動物検出できないことがあります。また、犬・猫・鳥ではない被写体に対して動物と検出する場合もあります。
    ※3 被写体によっては乗り物検出できない場合があります。また、車、バイクではない被写体に対して乗り物と検出する場合もあります。
    ※4 intelligent tracking and recognition
  • 2.約3250万画素のEOS Rシリーズ初のAPS-CサイズCMOSセンサー

    ・新開発の有効画素数最大約3250万画素APS-CサイズCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC X」の組み合わせにより、優れた高感度性能を達成。APS-CサイズCMOSセンサー搭載のEOS史上最高解像性能を実現。
    ・静止画撮影時に常用で最高ISO 32000の高感度撮影を実現。高感度撮影時のノイズを低減し、暗い場所でも自由度の高い撮影表現が可能。
    ・レンズの収差などを補正し、解像感を向上する「デジタルレンズオプティマイザ」に対応。高速連続撮影時でも高い補正効果が得られる「強め」の設定が可能※1。
    ・「HDR PQ」方式での静止画/動画記録に対応。また、高速でブラケット撮影を行い、カメラ内で3枚の写真を1枚に合成する「HDR モード※2」を搭載。階調性豊かな映像表現が可能。
    ・自動的にピント位置を変えながら連続撮影を行うフォーカスブラケット撮影において、EOSシリーズで初めて、カメラ内深度合成処理を実現。深度合成した画像をその場で確認が可能。
    ・EOSシリーズ初のパノラマ撮影機能を搭載。スイングしながら約 5コマ/秒の間隔で連続撮影を行い、高画質なパノラマ画像として記録可能。
    ・スペシャルシーンモードの機能が向上。「流し撮り」「手持ち夜景」「HDR 逆光補正」などのモードで、カメラまかせでより本格的な撮影が可能。
    ・クロップなしの7Kオーバーサンプリングによる高画質4K UHD Fine動画が撮影可能。低感度から高感度まで、優れた解像感と色再現性を実現し、画質にこだわるクリエイターのニーズに対応。
    ・キヤノン独自のLogガンマ「Canon Log 3」を搭載。従来の「Canon Log」よりもハイライトの階調が飛びにくく、明るいシーンでも豊かな階調表現が可能。

    ※1 連続撮影可能枚数が低下します。
    ※2 HDR モードでの撮影時は、「モノクロ」以外の「ピクチャースタイル」は「スタンダード」に自動設定されます(「モノクロ」設定時は白黒でのHDR撮影となります)。拡張 ISO感度は設定できません。電子シャッター選択時はシャッタースピードが最高1/8000秒になります。
  • 3.協調制御※1による最高 8.0 段の手ブレ補正

    ・ボディー内5軸手ブレ補正機構を搭載し、手ブレの発生しやすい環境でも快適な撮影を実現。さらに、レンズ内ISを搭載したRFレンズ装着時は、カメラとレンズそれぞれの手ブレ補正機構が協調することで、最高8.0段の手ブレ補正が可能。なお、キットレンズ「RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM」(2022年6月下旬発売予定)装着時の手ブレ補正効果段数は7.0段※2。
    ・ボディー内手ブレ補正機構のロール補正機能を利用し、CMOSセンサーが動くことで撮影画面が水平になるよう自動補正※3。カメラの水平出し時間を短縮し、撮影の効率が向上。
    ・動画撮影時には、ボディー内とレンズ内の手ブレ補正機構の協調制御に加え、動画電子IS※4の併用も可能。歩きながらの撮影など、多様化する動画撮影のニーズに対応。

    ※1 「RF400mm F2.8 L IS USM」(2021年7月発売)、 「RF600mm F4 L IS USM」(2021年7月発売) 、「RF600mm F11 IS STM」(2020年7月発売) 、「RF800mm F11 IS STM」(2020年7月発売)、 「RF800mm F5.6 L IS USM」 (2022年5月発売)、 「RF1200mm F8 L IS USM」 (2022年5月発売)は非対応。なお、協調制御に対応したレンズでも、お買い求めの時期により、レンズのファームウェアの更新が必要です。
    ※2 Yaw/Pitch 方向、CIPA 規格準拠。 f=150mm 時。
    ※3 次の条件では自動水平補正は使用できません。[シャッター方式:電子先幕]設定時、[シャッター方式:メカシャッター]で[ドライブ:高速連続撮影+/高速連続撮影]設定時、パノラマモード/流し撮りモード/キッズモード/スポーツモードに設定時、タイムラプス動画撮影時。
    ※4 動画電子IS使用時は、撮影範囲が狭くなります。
  • 4.ハイアマチュアユーザーの快適な撮影を支える操作性と信頼性

    ・ファインダーをのぞいたまま、設定から撮影が可能な新しいサブ電子ダイヤルを搭載。ハイアマチュアユーザーの使用頻度が高いマルチコントローラーと同軸にサブ電子ダイヤルを配置することで、ホールド時に自然に指が届くため、指を大きく動かすことなくさまざまな操作が可能。
    ・小型・軽量なボディーでありながら、UHS-II対応のSDカードスロット※1を2基搭載。
    ・バリアングル液晶モニターにより、自分撮り時に構図確認を行いながらタッチ操作でAFや撮影開始などの操作が可能。さらに、動画縦位置情報を付加し、スマホなどで再生したときに動画が縦位置で再生されるように設定可能。
    ・動画連続撮影は、最大6時間※2まで記録可能。
    ・約236万ドットの有機ELパネルを採用した電子ビューファインダー(EVF)を搭載。また、HDR技術を活用し、一眼レフカメラの光学ファインダーのように黒つぶれや白とびの少ない自然な見え方を再現する「OVF ビューアシスト」により、一眼レフカメラユーザーでも馴染みやすいファインダー表示を実現。
    ・「EOS 90D」(2019年 9月発売)と同等の防じん・防滴性能※3を備えており、幅広い環境で使用が可能。

    ※1 Eye-Fi カード/マルチメディアカード(MMC)には非対応です。
    ※2 ハイフレームレート動画撮影時は最大1時間30分まで記録可能。カメラの温度上昇、電源、エラーなどの要因により自動停止することがあります。
    ※3 防じん・防滴性能を発揮させるため、カメラの端子カバー、バッテリー収納部ふた、カードスロットカバーなどの開閉部をしっかり閉じてください。また、マルチアクセサリーシューには、シューカバーを取り付けてください。カメラは防じん・防滴に配慮した構造になっていますが、砂じんや水滴などの侵入を完全に防ぐことはできません。

    5.快適な撮影をサポートする通信機能・拡張性
    ・スマホなどの携帯端末へのWi-Fi/Bluetoothによる接続が可能※1。また、デジタル端子(USB)による携帯端末との有線接続にも対応※2。
    ・カメラから「image.canon」への画像自動転送機能を搭載※3。「image.canon」では、クラウドRAW現像(有料)※4や外部のウェブサービスへのデータ転送などが可能。さらに、「image.canon」の転送サービスを利用してYouTubeに接続することで、カメラから映像を ストリーミングでライブ配信することが可能※5。
    ・静止画撮影におけるストロボのコントロールおよび動画撮影時の音声のデジタル入力やスマホと接続してネットワークを活用できる「マルチアクセサリーシュー」を搭載。
    ・新開発の「RF-S レンズ※6」に対応するとともに「RF レンズ※7」や、「マウントアダプターEF-EOS R」(2018年10月発売)を装着することで「EF レンズ※8」も使用可能※9。

    ※1 Bluetooth Low Energy技術に対応。以降の表記においてはBluetoothと記載。Bluetooth機能の動作条件は、接続機器がiOS/Android:Bluetooth 4.0以上を搭載するデバイスです。ただし、上記の動作条件を満たす機器であっても、機種によっては、Bluetooth接続ができないものがあります。Bluetooth接続ができない場合でも、機器とWi-Fi接続による画像の転送、リモート操作は可能です。なお、Bluetooth接続には、事前にカメラと携帯端末をペアリングさせておく必要があります。カメラと携帯端末のWi-FiやBluetoothでの接続には、キヤノン専用アプリケーション「Camera Connect」のインストールが必要です。
    ※2 カメラと携帯端末の有線接続には、キヤノン専用アプリケーション「Camera Connect」のインストールが必要です。iPhoneへの有線転送には通信に対応したケーブルが別途必要です。有線接続時はスマートフォン操作での画像取り込みのみ対応。
    ※3 自動転送には、事前登録したWi-Fiアクセスポイントに接続していることが必要。
    ※4 クラウドRAW現像を行うには、あらかじめCanon Imaging App Service Plansからプラン購入し、「image.canon」と連携する必要があります。本サービスは2022年7月下旬に開始されます。本サービスのご利用には2022年7月下旬公開予定のファームウェアの適用も必要です。RAWバーストモードで撮影したRAW画像は現像できません。
    ※5 本製品のライブ配信サービスは、YouTubeでのライブ配信にのみ対応しています。ライブ配信サービスを利用する際は、事前に「image.canon」の登録が必要になります。最新の要件についてはYouTubeへご確認ください。YouTubeでのライブ配信は、予告なく変更・停止・終了することがあります。YouTubeでのライブ配信を含め、第三者が提供するサービスについて、キヤノンはいかなる責任も負いかねます。あらかじめご了承ください。
    ※6「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」(2022年6月下旬発売予定)、「RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM」(2022年6月下旬発売予定)
    ※7 「RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」(2021年12月発売)は動作保証外。
    ※8 EF-Mレンズを除く。EF シネマレンズは動作保証外。
    ※9 「マウントアダプター EF-EOS R 0.71x」(2020年11月発売)は動作保証外。
  • 動画で解説


見て納得。写真で解説。
【EOS Rシリーズ最速※1 メカシャッター時、最高約15コマ/秒※2の高速連続撮影】

メカシャッター/電子先幕での撮影において、EOS Rシリーズでも最速※1となる高速連続撮影を実現。ローリングシャッター歪み※3を気にすることなく、野鳥やスポーツ、車、飛行機など、アグレッシブな動体撮影で決定的な瞬間を捉えることができます。また、連続撮影時の調光制御も可能になりました。

※1 2022年5月23日現在発売済みのEOS Rシリーズカメラにおいて。EOS R7とEOS R10は同じ最高約15コマ/秒。
※2 連続撮影速度は、被写体/撮影条件、カメラ設定や使用するバッテリーの種類や状態、使用レンズなどにより低下することがあります。
※3 被写体や撮影条件によって、ローリングシャッター歪みが発生することがあります。電子シャッター時にストロボは使えません。

キヤノン Canon EOS R7 の商品スペック

撮像素子サイズ 22.3×14.8mm ※CMOSセンサー
APS-C
手ブレ補正機能 有 ※ボディー内手ブレ補正(光学式手ブレ補正との協調制御に対応)
マウント キヤノンRF
有効画素数 3250万画素
動画撮影機能 4K UHD Fine ※7Kオーバーサンプリングから生成
フルHD ※1920x1080(16:9)
シャッタースピード 1/16000、1/8000~30秒、バルブ ※電子シャッター設定時
1/8000~30秒、バルブ ※メカシャッター/電子先幕設定時
連続撮影速度 15コマ/秒 ※高速連続撮影+(メカシャッター/電子先幕)
3コマ/秒 ※低速連続撮影(メカシャッター/電子先幕/電子シャッター)
30コマ/秒 ※電子シャッター
8コマ/秒 ※高速連続撮影(電子先幕設定時)
最低撮影感度 100 
最高撮影感度 32000  ※拡張ISO感度(相当):H(51200)
液晶サイズ 3インチ ※画面比率3:2、TFT式カラー液晶モニター、約162万ドット
タッチパネル 対応 ※静電容量方式
他のキヤノンのカメラを探す
ファインダー OLEDカラー電子ビューファインダー ※0.39型、約236万ドット
ファインダー視野率 100% ※記録画質L、アスペクト3:2、アイポイント約22mm時
ファインダー倍率 1.15倍 ※3:2表示、RF50mm F1.2 L USMレンズ・∞、-1m-1
対応メディア(メモリーカード) SD/SDHC/SDXCメモリーカード ※UHS-II、UHS-I対応
電源 LP-E6NH/LP-E6N/LP-E6 ※使用個数:1個
標準撮影可能枚数 380枚 ※常温(+23℃)、フル充電のバッテリーパックLP-E6NH使用、ファインダー、[なめらかさ優先]設定時
外部ストロボ 対応 ※EL/EXシリーズスピードライト、EXシリーズマクロライト、スピードライトトランスミッター ST-E3-RT(Ver.2)/ST-E3-RT/ST-E2、スピードライトトランスミッター(マルチアクセサリーシュー対応)ST-E10、オフカメラシューコード OC-E3
重量 530g ※本体のみ
612g ※バッテリー、カードを含む
132mm
高さ 90.4mm
奥行き 91.7mm

    キヤノン EOS R7 [ボディ APS-Cサイズ ミラーレスカメラ] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!