ソフトウェアの20世紀―ヒトとコンピュータの対話の歴史 [単行本]

販売休止中です

    • ソフトウェアの20世紀―ヒトとコンピュータの対話の歴史 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
100000009000077253

ソフトウェアの20世紀―ヒトとコンピュータの対話の歴史 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
日本全国配達料金無料
出版社:翔泳社
販売開始日: 2000/12/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

ソフトウェアの20世紀―ヒトとコンピュータの対話の歴史 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人類がコンピュータという機械に出会って、50年以上の歳月が過ぎた。20世紀のちょうど半ばあたりに登場したコンピュータは、この半世紀の間に私たちの生活に深く浸透し、生活様式から意識のあり方まであらゆる部分に影響を与える存在となった。このあたりで、コンピュータと人間との関わりの歴史を振り返ってみるのも、また意義のあることだと思う。本書はそのような意図で作られた。コンピュータの歴史をまとめた書籍はあまたあるが、多くはハードウェアの発達史が中心となっている。プログラミング手段の技術的な解説書もまた数多く存在する。しかし本書は、技術史でもなければ技術解説書でもない。“プログラミング”という行為を通して“人がどのようにして機械と関わってきたか”を眺める。言い換えると“コンピュータに意志を伝えるための言葉”―プログラミング言語の発達と変遷の過程を記した本である。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    コンピュータ以前―“計算機械”の夢‐原始時代~20世紀初頭
    コンピュータ黎明期―電気計算から電子計算へ‐20世紀初頭~1949年
    ソフトウェア黎明期―機械を操る言葉の誕生‐1950年~1954年
    半導体時代―機械の言葉から人間の言葉へ‐1955年~1959年
    FORTRANを超えて―人間の言葉に近付いたプログラミング‐1960年~1963年
    FORTRAN、COBOLからの決別―ヒトと機械をつなぐもの‐1964年~1966年
    言語の新たな潮流―計算手順から思考の記述へ‐1967年~1969年
    未来を夢見た時代―考えるコンピュータの模索‐1970年~1973年
    ワークステーションとオブジェクト指向―個人に近付くコンピュータ‐1974年~1976年
    パソコン誕生前夜―共有の装置から個人の道具へ‐1977年~1979年〔ほか〕

ソフトウェアの20世紀―ヒトとコンピュータの対話の歴史 の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:長谷川 裕行(著)
発行年月日:2000/12/01
ISBN-10:4881359487
ISBN-13:9784881359488
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
ページ数:319ページ
縦:25cm
他の翔泳社の書籍を探す

翔泳社 ソフトウェアの20世紀―ヒトとコンピュータの対話の歴史 [単行本] に関するレビューとQ&A

商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!